bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

4年に一度

 平成20年2月29日(金) 4年に一度
陽気がよくなりましたね。

日中はポカポカ陽気で、昼休みは外で日向ぼっこをしながら、ついつい、うとうとしてしまいます。

それでも朝出かける時は依然として氷点下のままです。

ところで今日は4年に一度の日ですが、事実上ちょっと特別な日になりました。

私が今の職場に勤め始めたのは今から18年前の事。

当時は自動車整備士として勤め始め、現場で監督者をされていた方から、とても良くして頂きました。

ところがその方は性格的に難しいと言うか、ちょっと短気な所があり、他の人達との人間関係が上手く行かず、いつしか孤独になってしまったのです。

そんな状態が10年以上も続き、思うところがあって退職の道を選ばれたようです。

その方が今月は有給休暇の残りを取りきるためにずっと休まれていたのですが、今日最後の日に当たって出勤され、全ての手続きを済ませて職場を後にされる時に、生憎私は電話中で挨拶すらすることが出来ませんでした。

他の全従業員と仲が良くなかったので、こっそりと去ってゆく姿が何とも悲しげで、せめて一声かけられたらと後悔しましたが後の祭りでした。

0229

さて、月末になりましたので、本年の目標に対する進行状況の発表です。

まず今月1ヶ月間で走った距離は851kmです。

年間で1万キロを走るためには、今月は10,000km÷366日X29日(2月)=792km必要ですから、今月は目標達成です。(*^^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆オメデト

今月は半分が通勤で残り半分が休日ですから、とてもバランスが良かったように見えますが、100km以上を走った2回のロングライドは何れも月曜日だったので、先月に引き続き土日の弱さが目立つ結果になりました。

来月は?と予定を見てみると、既に土日の予定が凄い事になっていますので、ここは一発サイクリング休暇でも、と思いましたが、既に卒業式と卒園式で2日も休暇を出しており、これ以上の休暇取得は気が引けます。

かくなる上は通勤で長距離を走るか。(笑

2008年2月28日 (木)

チューブ

 平成20年2月28日(木) チューブ
今月13日にタイヤを交換してから、チューブも替えてみました。

ところがこれは自分らしくない事をしていて、前後違う物を使っています。

先ず最初に替えたのが後輪のチューブです。

0228a

「VITTORIA ULTRALITE」という銘柄の物で、携帯用のスペアとして持ち歩いていたのですが、試しに入れてみたのです。

メーカーでは80gと言っていますが、実際に重量を測ると83gありました。まあ、誤差の範囲内でしょう。

このメーカーには「EVO55」という55gの超軽量チューブがあり、こちらはかなり人気があるようですが、私のように通勤で使う者にとっては耐久性の面で少々不安が残りますので、ここは無難な選択をします。

で、いままで使っていたチューブを小さくまとめると、何だか随分コンパクトにまとまったので、試しに重量を測ってみると、なんと71gしかありません。

0228b

これは多分「PANARACER Extra Light」と言う銘柄の物で、ゴムが薄くてしなやかで、通常の使用ではこれで充分だと思いますが、唯一つ難点があり、バルブが固着しやすく、しばらく使っていると後から空気が足せなくなります。

一度空気を抜いてしまえば問題なく入れられますが、この問題はこのメーカーの製品全般に言える事らしく、私は好きになれません。

折角「走り」と言う面では良い性能を出しているのに、「メンテナンス性」と言う面では最悪と言うのはもったいない話ですね。

そして前輪に使っているのは「MICHELIN AIRCOMP Ultra Light」と言う物で、私が大好きな「ミシュラン」ブランドです。

0228c

実測76gと、軽量チューブと呼ぶには少々重めですが、通勤にも使う事を考えると一番良い選択だと思います。

ただし他の物と見比べると、バルブが真ちゅう色で安っぽいのが難点でしょうか?

以上の3製品、走った完走は?と聞かれると、私には分かりません。(笑

ただし、ミシュラン製のチューブが一番空気圧の低下が少なかったです。

これは空気圧の低下による対パンク性の低下が防げるので、長距離を走る時には強い味方になります。

2008年2月27日 (水)

冒険

 平成20年2月27日(水) 冒険
ネットって色々な情報があってとても便利なんですが、ありすぎるが故に特定のものを探すのがとても苦労します。と言うか、無理だな。^^;

実は昨年の夏前に見つけたHPで、管理者は60歳を過ぎた男性だったと思うのですが、その方は自転車に乗り始め、最初の頃は一番思いギアーで漕がなければならないという固定観念があって、川沿いの平坦路ですらママチャリに抜かれるような走り方しか出来ず、やがて乗り方を覚えて自宅(多分愛知県)から福井(だったと思う)までの約300kmを1日で自走したと言う内容でした。

その時までは自転車で1日300kmなんて、余程の健脚の人しか出来ないものと思っていましたが、60過ぎの人が出来るなら自分も出来ると感じてしまったのです。

0227

それをもう一度読みたくて色々探したのですが結局見つからず、その代わりといっては何ですが、自転車で大阪から北海道まで旅をした人のブログを発見。

昨年書かれたものですが、内容は昭和44年でその方が20歳の頃と言うから、私と同じように思い出しながら書いたのでしょう。

かなり長かったのですが、(仕事中に@@;)一気に読んでしまい、読み終えたら何だか目頭が熱くなってきました。

決して文才に優れた内容でもなく、とても感動的な・・・と言うものでも無いのですが、何と言うか、冒険って、やった奴にしか分からない事があるんです。

冒険には順風満帆という言葉がありません。人生の縮図のように常に予想外の連続で、そんな時に限って自分一人なんです。

後に引く事も立ち止まる事も出来ない中で、前進するための道を探すから、人間が鍛えられるんです。だからそれを知る者同志、共鳴する何かがあるんですね。

そんなブログを読んでいたら、無性に神奈川を飛び出したくなりました。

さて、次は何処へ行こうか?

2008年2月26日 (火)

減税?

 平成20年2月26日(火) 減税?
国から地方への税源移譲により、本来引かれるはずだった所得税が減り、年末調整で返ってくるはずだった住宅ローン控除が、所得から引ききれないという事で、各市町村に「市民税住宅借入金等特別税額控除申請」とか言う手続きをしに行かなければならないらしいです。

ところが今月の給料日にもらった源泉徴収票に、給与支払者の印が押していないという事実が判明し、役所で手続きが出来なかったという人達がいたそうな。

そこで仕事の帰りに給与支払者の元へ・・・って、初めて行ったよ。

0226

これで後は区役所に行くだけなんですが、仕事が終わってからだと間に合いません。

来月は卒業式と卒園式で休暇を取っているので、それが終わってからでも行きますか。

帰り道にサガミサイクルに寄り、色々物色していると、店員さんが「昨年より顔が細くなりましたね」と。

確かに体重は減ってスリムになっていますが、妻以外に言われるのが初めてだったので、何となく嬉しくなりました。^^

2008年2月25日 (月)

目標

 平成20年2月25日(月) 目標
生きていて何が楽しいかって、それは目標を達成した瞬間でしょう。

目標の大小はどうでもいいのです。例えばゲームをクリアーすれば、小さいながらも達成感と共に小さな幸せを感じます。もし何かの大会で優勝すれば、大きな達成感と共に大きな幸せが得られるでしょう。

大事な事は常に何かの目標に挑戦している事。

だから目標は大きい方が良いし、多い方が良い。

でも夢はダメです。希望しているだけでは前に進まないので、努力をしないとダメです。

例えばダイエットをしたいと言っている人。いつからやるのかと問えば、大概の人は「温かくなったら」とか「時間が出来たら」等と訳の分からない事を言いますが、多分その人達は一生そんな事を言い続けると思います。それは単に夢だからです。

本気で考えている人は「今から」と答えるはずです。今決意できない事は、明日になっても明後日になっても出来ないからです。

と、偉そうな事を言いつつ、私も昨年の今頃までは「そのうち運動をしよう」と思っていました。(爆

それが「そのうち」から「直ぐにでも」に変わったのは、昨年のゴールデンウィークに奈良に行った時の事です。

行き道は国道1号線を走りながら、20数年前自転車でその道を走った事を思い出し、何だかとても懐かしくなりつつ、安城では突然の雨によって体力と気力を奪われて呆然と佇み、止む無く名古屋までの約30kmを電車で移動した事を思い出します。

当時の悔しさやら情けなさが思い返され、もう一度この区間を自転車で走り、当時の冒険を完結させたいと思った時、もう一度自転車に乗ろうと本気で思うようになりました。

0225

それから自転車が手元に来るまでに3ヶ月が必要でしたが、それは熟慮の期間であって、もしこの時に先走って自転車を購入していたならば、今頃後悔していた事でしょう。

指し当たって私が今目標に掲げているのは、ブルベに出場して200kmを走ると何度も言っていますが、本当の目標はもう一度大阪まで自転車で走る事です。

しかしそれは15歳の頃のように何日も休みが取れないので、週末の2日間だけで走り切らなければなりません。

まだまだ100km走るのがやっとなので、いつになるか分かりませんが、これだけは必ずやりたい。そしてそれが出来たら次は九州まで走りますか。(笑

以下、神奈川県在住のある自転車海苔の方のブログから引用。

「1000km、70時間でどうだろう。70時間漕ぎ続ければ下関に立てるのかな」

2008年2月24日 (日)

空手

 平成20年2月24日(日) 空手
昨日は麦秋館の重鎮HIさんが、東京と神奈川の県境を流れる多摩川から、伊豆半島の伊豆高原まで自転車で走ったようです。

伊豆と一口に言っても自転車にとってはかなりの難所で、海岸沿いですら平坦な道がないほど延々とアップダウンの続く道です。

多摩川から小田原までは平坦な道ですが、それにしても約70km程有り、その後に伊豆高原まで約60km位(かな?)の山坂を越えるわけですから、これはかなり体力的に応えますね。

かく言う私も伊豆は是非挑戦してみたいのですが、熱海ですら往復で120kmを越えますので、その先と言うととんでもない話になります。

しかし伊豆の東側は運が良い事に海岸沿いに電車が通っていて、輪行袋を持っていれば、走れる所まで走って帰りは電車という手が使えます。

また最近は体力が付いて来て行動範囲が広がっていますので、不慮のトラブルに備えて輪行袋は強い味方になります。

そろそろ買おうかな。

0224

さて、今日も娘の行事です。

空手の試合でした。

試合と言っても型だけで、組み手には参加しませんでした。

何しろ周りが男の子ばかりなので、殴り合いは痛いらしいです。^^;

男の子を泣かしてくる位の元気があればいいのですがね。ちょっと鍛えてやるかな。

2008年2月23日 (土)

春一番

 平成20年2月23日(土) 春一番
平塚市と大磯町にまたがって、湘南平という小高い丘があります。

標高にして181mですが、周りに山や丘がないため、神奈川県内にテレビの電波を送るテレビ塔が立てられています。

またここからの夜景はとても綺麗で、恋人達が集まる場所としても有名です。

かく言う私も、20歳前後の頃には、今の妻と一緒に幾度と無く訪れました。

0223a

またここのテレビ塔の金網に南京錠が無数に付けられており、それは恋人達が南京錠に名前を書いて、その鍵を捨てると恋が結ばれるという行為が発祥した地としても有名です。

もっとも、私が妻と通っていた頃にはそんな事をする者などいませんでした。

もう一つ、神奈川の自転車海苔が湘南平と言えば、登坂タイムトライアルのメッカでもあります。

その昔、車で坂を上った時の記憶を思い返してみると、確か半端な坂ではなかった様な気がしますが、坂の登り口で「展望台まで1.5km」とか言う標識を見て、「なんだ、1.5kmしかないのか^^」と甘く見てしまったのが失敗の元。

勢いよく上り始め、あまりの傾斜に「もっとゆっくり上れば良かった;;」と後悔するも時既に遅し。直線の坂道が壁に見えました。@@

0223b

途中の駐車場に逃げ込み、息を整えつつ本気で帰ろうと思っていました。(笑

傾斜だけは箱根旧道の比ではないです。

まだまだ心肺能力が足りない事を実感しつつ、当面の目標はここを10分程度で上ると決めました。

0223c

今日は風が強く、景色もかすんでいましたが、ここの景色はなかなかですよ。

0223d

夜はみなとみらいのランドマークタワーや、江ノ島方面の夜景が一望出来ます。

この後前から気になっていた、西湘バイパス沿いにある太平洋岸自転車道に向かいました。

0223e

入り口は非常に入り口は非常に分かり辛く、しかも砂だらけ。^^;

0223f

しかし西湘バイパス越しに海を眺めながら走る気分は最高ですが、兎に角風が半端じゃなく強かった。まあ、天気予報では春一番と言っていましたので、それなりの風ですよ。

ところがこの自転車道、約2.5km程度で終わってしまい、わざわざ足を運ぶ価値のない道だという事が判明。

何だか損した様な気分になりつつ、時間がないので帰宅しました。

走行距離: 71.03km
走行時間: 2時間55分38秒
平均速度: 24.3km/h

午後は娘のダンスの発表会。

0223g

何かと慌ただしい一日でした。

2008年2月22日 (金)

誕生日

 平成20年2月22日(金) 誕生日
今から丁度15年前のこの日に長男が誕生しました。

名を「信悟」と付けたのは、祖父から代々「信」の字が使われている事もあり、それに「悟」を付けて「信(まこと)」を「悟(さとる)」としました。

これには例え100人の内99人が左を向いたとしても、もし自分が右が正しいと確信するならば、右を向く勇気を持って欲しいという思いを込めました。

その気持ちを知ってか知らずか、まだまだ周りに流され易くてのんびりとした性格ですが、さすがに2人の妹を持つ兄としての優しさだけはあるようです。

しかし男の本当の優しさと言うのは、厳しさだと思うんですよね。

相手を本当に思うからこそ、言いたくない事を言う。また、人に厳しい事を言う以上に自分自身に厳しい。そう言う事を分かってもらいたいのですが、これだけは口で説明しても絶対に理解できないと思います。

0222

それにしても15歳とは何かと感慨深いものがあります。

私が15歳の時は、毎日毎日自転車の部品カタログと地図を眺めては、自転車での日本一周へ思いを馳せていました。

って、今と変わらないな。@@;

そして大阪まで走ったのも15歳の夏。

今の妻と知り合ったのは15歳の春。

いろんな意味で15歳の時に今の基礎を築いています。

もっとも日本一周の夢は現時点では無く、現実的なブルベやレースの方に興味があります。

例えば6月1日に行われる「Mt.富士ヒルクライム」や、6月29日に行われる「ツールド美ヶ原」、あるいはブルベ「BRM914千葉200km」の何れかに出てみたいのですが、先の2つはそれぞれ参加費が8千円、6千円と、ちょっと私には敷居が高すぎます。

それに対しブルベの参加費は非会員でも2500円なので、金額的には何とかなりますが、山坂向かい風ありの200kmですから、体力的に限界を超えています。><

まあ、今年は背伸びをせずに地道に体力を付け、来年は袋井-清水間往復の「静岡200km」からブルベデビューしようと思います。

2008年2月21日 (木)

三寒四温

 平成20年2月21日(木) 三寒四温
三寒四温などと言う言葉が聞かれるようになりました。

これは大陸に発生するシベリア高気圧の勢力がおよそ7日周期で変化し、中国や韓国ではその影響を大きく受ける事から生まれた言葉だそうです。

それでは日本には全く関係ないのかというと、日本でも同じような気候の変化になるため、この言葉が使われているようです。

そういえば最近は少しずつ日が伸びて来た事も実感できますし、この時期を境に一気に日が長くなって行き、1ヵ月後には春分の日が来ます。

春分の日は今年と来年は3月20日で、2010年と2011年は3月21日。以降2年毎に、2025年まで20日と21日を繰り返します。

春と言う言葉を聞くと、何故か何処かに出かけたくなりますね。

例えば桜を見に高遠とか・・・車でね。^^;

さて、今日は我が家の皆頑張る日。

息子は公立高校の受験で、末っ子は幼稚園のマラソン大会です。

0221
Photo by wife of mine.

末っ子は19位になったと賞状を自慢げに見せに来ましたが、息子は夜テレビでの受験問題解答速報を見て一喜一憂していました。

自己採点では際どい所らしいですが、私の本心を言うと、ここで不合格になって、3年間私立高校で悔しい思いをかみしめながら、それをバネに次にステップアップ出来る人間になってもらいたいのですが、問題は悔しさに耐えきれるかどうかなんです。

自分の精神を鍛える事は可能ですが、人は難しいですね。

2008年2月20日 (水)

インプレッション

 平成20年2月20日(水) インプレッション
先週自転車のタイヤを替え、約370km走りましたのでそろそろタイヤのインプレッションでも書きます。

先ず始めに国産タイヤと欧米製のタイヤの違いについて、私見を書いておきます。

自転車タイヤに限らず、全てのタイヤに共通して言える事は、国産タイヤはトレッド(接地面)のコンパウンドを研究してタイヤの性能を追求している事に対し、欧米製はトレッドの構造自体でタイヤの性能を決めている所があるように感じます。

そのため国産のタイヤは初期性能が高いのですが、使用と共に性能の低下が激しいです。

これに対し欧米の物は初期性能では日本製に劣っても、性能の低下は日本製ほどではなく、初期の性能が長く続きます。さらに自己主張をする製品も多いので、八方美人的な製品が好きな日本人には向かない場合もあります。

さて、インプレッションと言っても、比較対照は最初に履いていたタイヤだけですし、過去に使っていたチューブラータイヤの事なんかとっくに忘れていますので、雑誌などに載っているようなインプレッションではなく、単に私個人が感じた事だけ書きます。

先ず最初に履いていたタイヤはビットリア社製のザフィーロⅡと言う、いわゆる練習用のタイヤで、市販価格も2千円以下の物です。

さすがに練習用というカテゴリーだけあって、トレッドも厚いため、メーカー指示の空気圧は7~10barですが、乗り心地は6bar位の方が良いです。

ただし自転車のタイヤの空気圧を落とすという事は、それだけパンクのリスクも増えます。

さて、今回替えたタイヤは井上ゴム工業株式会社のレッドストームと言うタイヤで、トレッドゴムに米ぬかを配合した純粋な国産タイヤです。

ネットなどの情報では3千km持たないような事を書いてありますが、多分それは後輪に使った場合で、前輪はもっと持つような気がします。

0220a

前輪の写真ですが、まだ中央に新品の時のバリが残っています。

そして下は後輪の写真です。

0220b

新品時のバリはあっという間に無くなりました。^^;

よく見ると小さい穴がたくさん開いていますが、これが米ぬかが抜けた後なのでしょうか?

このタイヤ、トレッドゴムの粘着力が強いのか、折角赤いゴムを使っているのに、いつも砂で汚れて黒くなっています。その粘着力がグリップ力なのかもしれませんね。

また路面との摩擦音も大きめです。

箱根の下りでは、凍結してそうな場所も特に滑るような事は無く、乾いた所ではブレーキのフィーリングがとても良く、かえって乗り手の性能が追い付かない程でした。^^;

軽いタイヤには同じ事が言えるらしいですが、軽い分乗り心地は良くなるらしいです。

空気圧は8barでも良いと思いますが、乗り心地を考えると7.5barが良いですね。

この乗り心地ですが、実は思わぬ所で違いが出ました。

それは、先週城ヶ島の往復で100kmを走った時は、この時は交換前のタイヤですが、最後の20km位はお尻が痛くなりました。

ところが今回タイヤを交換して箱根までの往復120kmでは、お尻の痛みはありませんでした。

これはやはりタイヤの違いと言わざるを得ません。

現時点で言える事はその程度ですが、今後使い込む毎に色々分かってくると思いますので、その時にはまたインプレッションを書きます。

2008年2月19日 (火)

筋肉痛と絶縁

 平成20年2月19日(火) 筋肉痛と絶縁
にわかに足が疲れています。^^;

今朝の通勤時、ペダルを漕ぐ足に違和感を覚えつつも、普段と同じペースで出勤しました。

それにしても筋肉痛が無いのは、自分でもつくづく成長したと感じます。

昨年の今頃は、幼稚園の運動会で親子競技に出るだけで翌日は筋肉痛になり、階段も登りたくないような状態でした。

その度に運動不足を感じ、筋肉痛が治まったら運動をしようと決めますが、その決意も筋肉痛と共にいつしか消え去っていました。^^;

当然自転車に乗り始めた頃も、江ノ島に往復するだけで筋肉痛になり、それを1週間引きずったまま、また江ノ島に行くと言う状態で、筋肉痛とは中の良いお友達でしたが、それがいつしか絶縁されてしまいました。

0219

さて、昨日走った127.8kmは15歳の頃に走った距離よりも長く、得た物は大きかったと思いますが、厳しい言い方をすれば、昨日は単に坂の上に「行った」だけで、「上る」と言うにはまだまだ力不足を感じていますし、15歳の頃には翌日にも120kmを走っていた事を考えると、まだまだスタミナ不足を感じます。

それでも昨日の走行後、更に江ノ島まで往復出来るかと問われれば、「出来る」と答えたでしょう。しかし、それでは行って来いと言われれば、「( ̄~ ̄;)??」でした。

ただし、箱根は越えられると言う事実を作った事は大きかったです。

横浜と言う土地柄、遠距離を考えると東と南はありません。せいぜい三浦半島の南端城ヶ島往復の100kmがいい所です。

北には東京都内があり、こちらには坂は無いものの、激しい交通量と信号機の数で行く気すら起きません。

そうなると方向は北西の山梨か西の箱根越えの静岡方面。またはアップダウンの続く伊豆半島。何れも坂は避けられず、坂を上らずに長距離は語れない状態ですので、中でも一番の難所の箱根に上れた事は目標点が大きく切り開かれました。

次なる狙いは、「1日で何処まで走ることが出来るか?」ですね。

2008年2月18日 (月)

箱根

 平成20年2月18日(月) 箱根

私の当面の目標は、自転車で山坂を含む200kmを走り切る体力を付ける事です。もちろんそれはブルベに出てみたいからなのですが、ブルベの最低距離が200kmなので、それが目標になっています。

それがどの程度の物なのかというと、多分横浜から山梨を抜け、諏訪湖に行く位の行程だと思います。しかし今の体力だと、山梨に入った辺りで救急車で搬送される事になるでしょう。(笑

何しろ平地の100km程度でヘロヘロになってますから。;;

やっぱり100kmは一つの区切りになっているのでしょうか?

昨年から100kmを2回走っていますが、何れも空腹を我慢した事により、後半だれてしまった可能性もあるので、この辺も課題となるでしょう。

0218a

スニッカーズは1つ300kカロリーもある食品で、普段頂くにはかなり抵抗がありますが、自転車に乗る時には良い補給食品かも知れません。これ1つで12km走れます。

って、たったの12kmか@@!

さて今日は2月の第3月曜日。私の勤め先はジョージ・ワシントン誕生日のためお休みなので、ロングライドの計画をしていました。

横須賀方面に向かい、観音崎を経て浦賀、久里浜、三浦海岸を通り、先週と同じく城ヶ島へ。帰りは逗子のゆうき食堂で刺身を食べて帰って来る予定でした。今朝までは。

0218b

しかし西へ走ってしまったよ。

先週と同じ所では面白く無いと言う考えと、昨年湯本まで往復した時と、どれだけ体力が変わっているのか知りたかったのです。

ここまでは余裕でした。

余裕だとこのまま帰るのはもったいないよな。

でも坂は嫌いだし・・・

今日は区役所に住宅減税の申請もしに行かなければならないし、坂の上の方は雪が残ってそうだし、凍ってたらいやだし・・・

と、とりあえず帰る時の理由だけは整ったので、心おきなく坂を上り、疲れたら帰って来ようと思いました。

2輪に乗っている頃は箱根は庭みたいな物だったので、景色などもしっかりと覚えています。箱根旧道は最初の温泉街の坂が急で、それ以降しばらくは傾斜が緩くなり、七曲がりからお玉ヶ池まではまた激坂になります。と思ってた。

しかし温泉街は順調に抜けたものの、一向に坂が緩くなりません。><

さすがに足がいっぱいいっぱいになって、須雲川ICの手前で小休止。

本来ロードバイク乗りは、坂の途中で足を付く事を嫌いますが、生憎私にはそのようなプライドなど存在しません。

そもそもそんなプライドで飯が食えるわけではないし、女房子供を腹一杯にさせられないプライドなど、ただの「見栄」だと思います。

その先も延々と激坂が続き、諦めかけた頃に都合良く雪が見え始めます。

0218c

この先は凍結している可能性もあり、自転車には危険かも知れません。

ここは大人しく引き返した方が・・・と弱い自分が囁きます。

おっと、もう一つプライドがあった。

それは弱い自分に負けないプライドだ。

まだ半分も上ってないけど、こうなったら上り切ってやる!

そう決めた時に、全てが吹っ切れました。

0218d

そしていよいよ一番の難関、七曲がりが出現。

ところが、ここではちょっとした禁じ手を使い、思いのほか楽に上ってしまいました。

というのは、七曲がりの傾斜がきついのは左コーナーなんです。

だから、右コーナーは法律通り左側通行。そして直線は斜めに上り、左コーナーは右側通行します。これによって傾斜が緩和されます。

七曲がりは休憩無しでパスしたものの、やはりその先は辛かった。><

0218e

峠の茶屋が見えた時にはホットしましたよ。^^;

でも改装中で、隣にプレハブを建てて営業していました。

更に坂を上り詰めるといよいよお玉ヶ池。

0218f

この池が見えるとそろそろ頂上です。

後から気が付いた事ですが、雪凄いですね。(笑

自転車を漕いでる時には見えてはいたものの、汗びっしょりだったので気になりませんでした。

間もなく下り坂が目に入り、上り坂が終わった事を知りますが、ここまで上って何か「上ったぞ!」と言う物がありません。そう言えば旧道には頂上の標識はありませんが、1号線にはありますね。

と言うわけで、国道1号線最高地点の標識を目指します。

多分直ぐだろうと高をくくっていたのですが、そこから更に延々と5km程の坂を上らされました。><

0218g

しかしその甲斐あって、国道1号線最高地点874mをゲット。

雪が凄くてこれ以上近づけませんでしたが、これで新旧の最高地点を知る人間になりました。

0218h

箱根に上る自転車海苔は多けれど、新旧の標識を知る者は少なかろう。だからどうした?と言われればそれまでですが。^^;

ここからの下りはウインドブレーカー着用で走ります。

これまでは必死に自転車を漕いでいたので寒さを感じませんでしたが、写真で分かる様にまだ雪が溶けきらない様な気温なので、運動量の少ない下りでは凍えてしまいます。

しかし下り道に、反対車線を上っていく自転車が3台いたのには驚きました。(笑

自転車で箱根を上る事よりも、雪が残る真冬に上る奴が他にもいるとはね。^^

帰路は順調そのものでした。

さすがに今回は上手にエネルギー補給が出来たようです。

休み休みの必死の登坂でしたが、箱根に上りきった事で静岡が見えてきました。

輪行袋を買えば、もっと距離の可能性が延びそうです。

走行距離: 127.78km
走行時間: 5時間55分56秒
平均速度: 21.5km/h

2008年2月17日 (日)

ママチャリ

 平成20年2月17日(日) ママチャリ
「自転車」と言う言葉を聞いて、どのような形の自転車を想像するでしょうか?

多くの日本人はいわゆる「ママチャリ」を想像すると思いますが、実はママチャリとは日本だけに存在する特殊な自転車なのです。

JIS規格では「シティーサイクル」に分類されているらしいですが、本来のシティーサイクルとも少し設計が違うような気がします。

ママチャリとは、本来自転車の持つ機動性を捨て、短距離低速専用に設計され、更にコストダウンを計るためにほとんどの部品が鉄で作られています。

しかし根本的な違いは、多くのスポーツサイクルが乗り手の重心の垂直線上にクランク(ペダルの回転軸)が位置するように設計されている事に対し、ママチャリは重心位置よりも遥か前方にクランクがあります。

0217

絵が分かり辛いとか言わない事。^^;

多分背筋を伸ばした楽な姿勢で乗車出来るような設計だと思いますが、この違いは力のかかり方に大きく差が出ます。

重心と垂直線上にクランクがあると、足腰の筋肉全ての力を効率良くペダルに伝えられますが、これがずれているママチャリでは、太股の前側の筋肉だけでペダルを漕いでいるため、非常に効率が悪くなります。

ところが残念な事にほとんどの日本人はママチャリに乗った経験はある物の、スポーツサイクルに載った経験がないため、自転車で10km走ると言うと、「(°◇°;) 」と言う顔をしますが、実際にスポーツサイクルに乗っている人間にしてみると、単なるウォーミングアップの距離に過ぎません。

また欧州での自転車はスポーツとしての地位を築いていて、世界選手権10連覇をした元競輪選手の中野浩一さん曰く、「ヨーロッパではクルマが自転車を待つんです。どっちが優先道路かは関係ナシに、自転車を通過させてくれる。しかし日本では競輪選手が練習していると、自転車がジャマだ、という走り方の車が多い」と。

日本ではママチャリの手軽さ故、誰でも気兼ねなく自転車に接する事が出来る反面、自転車が守るべき法律やマナーを無視している人が多く、車の運転者にとって自転車が邪魔者扱いされている事も多いようです。

自転車に乗る皆さん、信号と一時停止、左側通行位は守りましょう。

2008年2月16日 (土)

駅伝大会

 平成20年2月16日(土) 駅伝大会
娘が小学校で所属しているマラソンクラブが、よこはま動物園ズーラシアで行われるズーラシア駅伝2008(第38回旭区駅伝競走大会)に出場するというので、朝から応援に行って来ました。

0216a

コースは動物園の中の2km程度を、1人1周ずつ5人でタスキリレーするスタイルで、娘はそのアンカーを勤めていました。

とは言っても決して速くはないのですが、何故かとても楽しそうに走っている姿が嬉しいではありませんか。

0216b

この子は3人の子供達のうち、性格が一番私似ではないでしょうか。

兎に角何でもやりたがりで、外で遊ぶのが大好きな子です。

さてマラソン大会は、参加者のほとんどが小中高生の部活関係ですが、一般参加者には決して若くはない方も大勢いらっしゃいました。

またそれ等の方に目立ったのは、筋肉サポート系のタイツを使用されていた事ですね。例えばワコールのCW-X等。

筋肉系のサポートタイツ等は、当然の事ながら運動能力を助ける機能がありますが、同時に故障から体を守るという機能もありますので、若くはない人達が楽しく運動するには丁度良いのでしょうか。

自転車用もいくつか出ていますが、普通の物の5割り増し位の値段が付いていますので、ちょっと手が出ませんね。^^;

2008年2月15日 (金)

静電気

 平成20年2月15日(金) 静電気
気が付けば今年は全く静電気の「バチッ!」と言うのが無いんです。

昨年まではとても激しくて、静電気除去グッズを常時持ち歩いていました。

0215

昨年と今年は何が違うのか?

体脂肪率か?(笑

静電気について色々調べてみると、静電気は摩擦のある所に発生し、これは誰にでも起きるらしいですが、問題は帯電しやすい体質と、放電しやすい体質があるらしいです。

前者は静電気を体に溜め込み、ある時「バチッ!」と放電しますので、静電気を感じやすい体質と言え、後者は発生した静電気をその都度放電しているので、静電気を感じ難い体質と言えるみたいです。

それでは何が違うのかと言うと、人間の体は本来弱アルカリ性ですが、日頃の不摂生やジャンクフードの摂取により、酸性へと変化していくようです。

酸性になると体のマイナスイオンが不足し、体が電気を引き寄せやすい体質になるので、帯電しやすくなります。

また、弱アルカリ性と酸性の違いは、血液のph値7.4(基準値)を境に高い方が弱アルカリ性、低い方が酸性で、酸性になると血液がドロドロした状態になるらしいです。

言い換えれば、昨年までの私は運動不足のために血液がドロドロした酸性体質で、静電気を感じやすく、今年は毎日自転車に乗っているため、血液がサラサラした弱アルカリ性体質で、静電気を感じ難くなったと言えるでしょう。

つまり静電気を感じやすい人は、不健康な状態と言って間違いないでしょう。

2008年2月14日 (木)

一番の冷え込み

 平成20年2月14日(木) 一番の冷え込み
今朝は冷えましたね。

朝起きた時に普段より空気が冷たいので、今日はこの冬一番の冷え込みだと確信しました。

そして外に出てみると。

0214a

\(@^o^)/正解!

気象庁発表の横浜の今朝の気温は-0.5度ですが、海老名市の気温は-5.6度です。

どうやら我が家は横浜市であっても、気候は内陸の気候みたいですね。

しかしここまで気温が下がってくると気合が入ります。

何が嬉しいかって、途中でウインドブレーカーを脱ぐ手間が省けるかもしれません。

今日も元気に自転車で家を出ると、早く体を温めるために一生懸命にペダルを漕ぎ、スピードが乗って来ます。

スピードが出ると、風が一層冷たく感じて顔が寒くなって来ますが、そんな事を考えていたのは最初の5分から10分程度でしょうか。

しかし自転車を漕ぐと言う事は、第二の心臓と呼ばれる足(ふくらはぎ)を動かしているので、直ぐに指先や顔が温まり、汗が滴り落ちてきました。

心臓から送り出された血液は動脈を通って全身に行き渡り、静脈を通って心臓に帰って来ますが、足は心臓から遠い上に、心臓までの帰り道は重力に逆らわなければならないため、心臓からの圧力だけでは足りなくなるようです。

ところが筋肉が活発に動いていると、筋肉がポンプの役割をして、血液の流れを助けるらしいです。

だから歩く事は人間にとって大切な事と言われるのでしょう。

まあ、理屈はどうあれ、寒い朝の楽しみはこれ。

0214b

前回よりも日の出が早くなっていますので、一層くっきりと見えます。

個人的には冬の北アルプスの山々を見る事が大好きですが、やっぱり日本人には富士山ですね。

この景色に向って出勤するわけですから、つくづく私は幸せな奴だと思います。

2008年2月13日 (水)

タイヤ

 平成20年2月13日(水) タイヤ
タイヤという部品は、自動車や二輪車、自転車も含めて非常に重要な部品で、その用途によって様々な物が存在します。

スポーツ走行を求めた物、乗り心地を求めた物、雪道も含めて悪路の走破性を求めた物など、車種や乗り手の好みに合わせて選択肢も豊富ですが、選択を誤ると取り返しの付かない事になります。

ただし消耗品であるが故に、減ってくれば交換しなくてはならず、その度にどの銘柄を選ぼうか迷ってしまいます。

私の自転車も購入後3000km以上走り、タイヤも随分減って来たので、次はおフランス製のミシュランタイヤ(プロ2レース)にしようと思っていましたが、このタイヤは既に生産打ち切りで、4月にプロ3レースとしてモデルチェンジされるようですから、それまで待つつもりでいました。

しかしですね、有ろう事か、見つけてしまったのですよ。

0213a

タイヤに亀裂が入っているではないですか。

これが意外と深くて、ロードバイクの薄っぺらなタイヤに2~3mm程の深さがあります。

という事はチューブまで皮1枚と言う事で、高い空気圧で使用するロードバイクのタイヤにとっては、何かの弾みでバーストしかねない状況です。

これは4月まで待つなどと悠長な事を言っていられませんので、前から気になっていた第2候補のIRCレッドストームを購入しました。

0213b

選んだ理由は「赤い」からです。<( ̄^ ̄)>エッヘン

実は雑誌などの情報で、晴れの日の乾いた路面でも然る事ながら、雨の日の性能がとても良いみたいなので、通勤で濡れた路面も走る私にとってはベストチョイスだと思います。

そして一番期待していた事は、今まで使っていたタイヤ(ビットリア ザフィーロⅡ)が280グラムに対して、レッドストームは215グラムなので、その差65グラムで走りが多少軽くなるのではないかと言う事です。

たったの65グラムと思うかもしれませんが、実際に自動車のホイールに付いているバランスウエイトは、乗用車では20グラム前後で、これの有る無しで高速安定性が極端に変わりますので、65グラムが回転して足に与える影響が無いとは言い切れません。

インプレッションについては、現時点では先入観もあると思いますので、しばらく走ってからにしますが、確実に言える事は前のタイヤよりも乗り心地が良いです。

前のタイヤ(ビットリア ザフィーロⅡ)は空気圧7barだと少々硬い感じでしたが、レッドストームに7barだと柔らかい感じで、8bar位入れても問題なさそうです。

ちなみに“bar”(バール)は圧力の単位で、工学気圧(kgf/cm2)とほぼ同じです。

一般の乗用車の空気圧は2kgf/cm2位ですからロードバイクの空気圧が如何に高いかと言う事がわかります。

また、自転車の空気圧表示には“psi”が使われる事もありますが、こちらは
1bar=14.504psiとなりますので、7barだと約101psiになります。

0213c

本当はチューブも同時に替えるべきなのですが、どうせ替えるならばチューブも軽い物にという考えがありつつも、軽いチューブはパンクに弱いので迷っています。

しかしタイヤの軽さが実感できたならば、思い切って軽いチューブに替えてしまうかも知れません。

2008年2月12日 (火)

受験

 平成20年2月12日(火) 受験
以前にも書きましたが、息子が高校受験真っ只中でして、先月末に公立高校の前期試験(内申書と面接)を受けて、見事に落とされました。

まあ、これは本人には申し訳ないですが、私には結果が見えていた事です。

そしてこの日曜日に私立高校の試験を受け、今日の合格発表で見事特待生として合格したらしいです。

ただし私が言った事は「一喜一憂している余裕は無い。本当の勝負まで10日無いぞ」と。

もしかしたら最大限に褒めて、次の公立高校後期試験に弾みをつけさせてあげた方が良かったのかもしれません。

ですが、「特待生」の言葉に引っかかってしまったのですよ。

私立高校側も、公立と併願で受験している事は分かっているので、これは誘い込むための罠ではないかと思えてなりませんし、また息子も、まだ世間の厳しさを知らない中学生ですから、「特待生」の言葉に安心して、次の公立高校後期試験へのモチベーションが下がってしまうのではないかと危惧し、あえて厳しい言葉をかけました。

本心を言うと、下手な公立高校に進学する位ならば、この私立高校の方が確実に大学につながるし、公立高校に通いながら予備校に通う位なら、この私立高校は予備校機能も備えていますので、本人の負担も少ないばかりか、金銭的にも結果的に安くなるので、私立高校への進学も悪くないと思います。

しかし、息子が自分で選んだ公立高校に挑戦する気持ちを捨てて欲しくないし、頑張って勝ち取った喜びを感じてもらいたいので、ここはあえて苦労をさせたいのです。

それでもし公立高校が不合格になっても、それは私にはフォローする術がありますし、かえって悔しい気持ちを高校の3年間抱き続け、それをバネにして大学受験に挑んでもらえれば、そちらの方が遥かに価値のある事だと思います。

要するに現状に満足して欲しくないのです。常に次を見て欲しいのです。

元プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが、引退する時に「自分のプレーに満足できるようになったから」と理由を述べていた。

何事にも共通して言える事ですが、無理と思ってしまえばそれで終わり。

しかしどの分野でも頂点を争っている者にしてみれば、満足すると言う事は向上心を無くす事を意味し、その瞬間が凋落の始まりなのです。

これは何も世界のトップを争っている者だけの話ではなく、個々の人生においても全く同じで、常に向上心を持っている者は人間的に成長し、現状に満足している者は成長しません。

ですから、常に勝負感を持てる、自分に厳しい人間に育ってもらいたいので、あえて厳しくしています。

2008年2月11日 (月)

城ヶ島

 平成20年2月11日(月) 城ヶ島
3連休最終日ですが、実は今日は有給休暇を取って休んでいます。

当初は奥飛騨の帰りに伊那の親戚の所に寄って来る予定だったので、翌日も休みだとのんびり帰ってこられると思って休暇を出していたのですが、娘のダンスのリハーサルが入ってしまい、慌てて帰って来る事になりました。

しかし休暇はキャンセルしていなかったので、晴天の日に丸1日空きました。^^

今月に入ってからは天候の影響もあり、まともに自転車に乗れていなかったので、今日はちょっとロングライドをするつもりでいると、たまたま麦秋館仲間のとーいさんが城ヶ島で釣りをしている噂を聞きつけ、一路城ヶ島を目指しました。

往路は至って順調。1時間程で中間点の葉山マリーナに着き、5分ほど休憩。

今回は久しぶりの100km走行になるので、なるべく頑張らないように気をつけ、1時間毎に休憩を取り、その度に飴をなめながら走ると決めていました。

0211a

葉山マリーナを過ぎると、徐々に道に起伏が着く様になり、三浦市に入るとプチヒルクライムになります。

しかし坂は登った分だけ下りもあるわけで、下りではペダルを漕がなくても進む事を考えると坂の苦労も和らぎますが、それならば登りも下りも無くしてしまえば良いと思うのは私だけでしょうか?

それにしてもこの坂は、数ヶ月前の私なら根を上げているような長い坂です。

今となってはそれほどの苦とも感じなくなっていますので、我ながら成長したものだと思います。

さて、城ヶ島に到着後、肝心のとーいさんは何処にいるのかと言う事で、釣り人が車を駐めそうな場所を探し回りましたが、とーいさんの車は見つかりません。

とーいさんの車は、私の車と同じプラドで、色も全く同じなので、あれば見過ごすはずがありません。

0211b

30分ほどウロウロしていましたが、約束をしていたわけでもないので、諦めて帰路に着きました。

往路が順調な時は帰路に何かがある。

帰路は向かい風の中で坂を登る羽目になりました。TT

しかも登り切った後の下り坂でも、ペダルを漕がないと進まない位の向かい風です。

是また数ヶ月前の私だったら、きっと泣きながらペダルを漕いでいた事でしょう。

今回はこの自転車を買ってから2回目の100km走行となりましたが、前回の箱根湯本往復の時よりは遙かに楽な往復でした。

よく自転車雑誌の特集で、「100kmを走るためのテクニック」等と言う記事を見かけ、この辺りの距離が一つの壁なのかと思いますが、個人的には連日120kmを走った過去があるため、精神的には遠い距離ではありません。まあ、肉体的には限界を超えていますが。(笑

とは言え、前回の箱根湯本往復よりは幾分ましになったものの、相変わらず長距離を走ると肩が痛くなります。

これは前傾姿勢により上体の体重を腕に預けているせいなのですが、原因は腹筋と背筋が弱いためにそうなるようです。

今後更なる長距離を目指す上で、今見えている欠点は克服しておく必要があるみたいです。

走行距離: 104.79km
走行時間: 4時間26分16秒
平均速度: 23.6km/h

2008年2月10日 (日)

 平成20年2月10日(日) 雪
昨日は東海地方でも大雪となり、関東でもうっすらと積雪があったようですが、奥飛騨では朝起きたら車に20cm位雪が積もっている事位当たり前です。

0210a

関東にいる時は、たった数cmの積雪でも犬の様に外に飛び出して行くのに、ここではそれを遙かに凌ぐ積雪でさえ静観してしまうのが不思議な事です。

ここ数年毎年この宿にやって来て、車での雪遊びを楽しんでいますが、実は私には、過去に雪道での苦い経験があります。

まだ二十歳そこそこの頃だと思いますが、真冬に車で新潟方面に遊びに行く計画を立て、一応タイヤチェーンは持った物の、肝心のタイヤはスポーツ走行用の幅広タイヤで、何のためらいもなく軽井沢の裏の方を走っていました。

夕暮れで視界が悪くなってきた頃、凍結した坂道を下っていたのですが、当然の如くスリップして路肩に突っ込んでしまいました。

多分1秒か、あるいはそれ以下の時間だったと思いますが、全くコントロールが出来ない時間がもの凄く長い時間に感じられました。今同じ事が起こっても、かなり冷静に対応出来ると思いますが、当時の私には単なる恐怖の時間でした。

幸い車の損傷は大した事無く、通りがかった地元の方に助けて頂き、再び走り出そうとした時に、同じように凍結で滑った車に突っ込まれました。

私の車はリアバンバーが大きく凹み、見るも無惨な形になってしまいましたが、その姿のまま新潟まで行きました。

新潟では大雪になり、雪の北陸自動車道をチェーンを巻いて走りますが、幅広タイヤを履いているため、スピードを出すとチェーンがタイヤハウスに当たってしまい、路肩をゆっくりと走らざるを得ませんでした。

あの時の情けなさは今でもはっきりと覚えています。

さらに車の修理の件でもトラブルになり、この時雪道恐怖症に陥っていました。

しかし当時はトヨタで自動車整備士をしていましたので、車のプロとして、雪道走行を苦手のままにしておく事が許せませんでした。

多分その頃からダート走行を始めたと思います。

そして雪道対策としてラリー競技用のスパイクタイヤを買い、雪の便りを聞くと箱根や丹沢に出掛けて行っては一晩中走っていました。

おかげで一口に雪道と言ってもその性格が様々である事などを身をもって知り、徐々に雪道恐怖症を克服する事が出来ました。

それ以来雪と聞くと、じっとしていられない性格になりました。

0210b

それでも正直に言うと今でも雪道は怖いです。

でも自分の限界を知っているので、それを超えなければ楽しめる事も知っています。

多分そのぎりぎりの所が、たまらなく面白いのだと思います。

さて、車での雪遊びも楽しいですが、もう一つの楽しみは北アルプスを見る事です。

0210c

宿の窓を開けると槍ヶ岳(3180m)が見えるはずなのですが、いつも雲に邪魔されてなかなかその雄姿を拝めません。

しかし冬の山は見るからに厳しそうで、3000m級の山々がそびえ立つ北アルプスの魅力はたまりませんね。

特に富山からの冬の北アルプスの眺めは最高で、老後は富山に住みたいと真剣に考えるほどです。

今日は娘の予定が入っていましたので、朝一番で帰って来ましたが、出来れば帰り道に白川郷に寄るだけの余裕が欲しいものです。

一度で良いから冬の合掌造りを見てみたいのです。

2008年2月 9日 (土)

雪見

 平成20年2月9日(土) 雪見
麦秋館恒例の奥飛騨雪遊びも、今年で10回目となりました。麦秋館は10年前にインターネットを媒体にしたランドクルーザープラドのオーナーズクラブとして発足し、以来様々なイベントを開催してきましたが、10年も経過するとプラドから他の車に乗り換える人が増え、それがきっかけで疎遠になる人達も多くなりました。

しかし車が変われど、相変わらず仲間として付き合っている者同士もいて、その回数こそ減ったものの、未だに事ある毎に集い会っています。

今回集ったのは、たまプラさん、ばっじおさん、船橋のtakeさん、まるちゃん、お猿さん、私と娘の大人6人子供1人です。

0209a

例年ですと皆が集まってから鍋の準備やら何やらで、慌ただしく時間が過ぎてゆきますが、ここ数年はばっじおさんの計らいで、あらかじめカレーを作って来て頂いてます。

0209b

あまりにも美味しそうだったので、と言うか、美味しかったのですが、食べ終わってから写真を撮っていない事に気が付きました。(笑

さらにさすが本職のシェフですから、見事な手際の良さで、あっという間に鍋も完成。

0209c

こちらはちゃんと撮りましたよ。^^

温かいカレーと鍋でお腹いっぱいになった後は、車での雪遊びです。

0209d

冬季閉鎖の駐車場内に進入し、四輪駆動車ならではの雪遊びを楽しみます。

その間娘はそり遊び。

0209e

雪の深さも、大人ですと膝位までですが、子供は腰まで雪に埋まります。

0209f 

ずっと雪が降りしきる中でしたが、今年も楽しく雪遊びをしました。

0209g

遊んだ後は冷えた体を露天風呂で温めます。

0209h_2

暖かい露天風呂から雪景色の眺めは最高。

ホントに心も体も癒されますね。

夕食は地元の酒を飲みながら、熊鍋を頂きました。

2008年2月 8日 (金)

差し入れ

 平成20年2月8日(金) 差し入れ
同じ職場で働くアメリカ人からの差し入れです。

0208

中身はカフェオーレのような、ミルクが多いような、甘くて暖かい飲み物ですが、この容器が良く出来ています。

飲み口は上部の小さい穴で、熱い飲み物が一気に出て来ないようになっています。

そして容器の外側には、茶色のダンボールが撒き付けられていて、手で持っても熱くないように遮熱材の役目を果たしています。

さすがにコーヒーが熱いと言うだけで裁判になるお国柄、この辺がとてもよく考えられていると感心いたしました。

さて、明日から毎年恒例の奥飛騨雪遊びに行ってきます。

2008年2月 7日 (木)

北方領土の日

 平成20年2月7日(木) 北方領土の日
1855年の今日、現在の静岡県下田市において日ロ通好条約が調印され、両国の国境を択捉島と得撫(ウルップ)島の間と定め、択捉島・国後島・色丹島及び歯舞群島は日本の領土として確定したので、今日を北方領土の日として定めたようです。

とは言え、そもそも北方領土の日を定めた事自体が茶番で、日本政府に北方領土問題を解決する意志が無いというのが正解です。

第2次大戦末期の1945年2月、ヤルタ会談の席上で米国はソ連に対し、千島列島の領有を認める代わりに対日戦争に参戦するように要請します。

そして1951年のサンフランシスコ講和条約にて、千島列島はソ連領への編入が容認されましたが、ソ連はこの条約に調印していません。

ちなみにこの時に日本は、沖縄や小笠原諸島を始めとした周辺の島々の領有権を失っています。当然の事ながら、竹島や尖閣諸島の領有権も放棄しています。

また日本はこの条約以前から歯舞・色丹は日本に近く、千島列島に含まれないと米国に対して主張していましたが、米国は自国がソ連に持ちかけた話だけに、日本の主張を聞き入れませんでした。

それから4年後の1955年、いわゆる東西冷戦が激化し、ソ連は周辺諸国との関係強化のため、日本に対して歯舞・色丹を日本に返す変わりに平和条約の締結を提案してきました。

翌年7月、日本はモスクワに代表団を派遣し、日ソ平和条約の締結に向け交渉を開始しますが、翌8月に米国のダレス国務長官が重光外相に対し、国後・択捉を諦めるのなら、米国も日本に沖縄を返さないと圧力をかけて来ます。

これに対しては鈴木宗男氏が外務省に対して質問状を出しています。

これにより日本が2島返還から4島返還に立場を変えたため、未だに日ソ平和条約は締結されていませんが、ロシアとなった今でも旧ソ連の態度は変わっていないようです。

0207

それでは何が北方領土問題を難しくさせているのか?

1956年当時は、米国の西側敵視の政策に日本も巻き込まれ、日本とソ連の間に北方領土問題としての東西冷戦の境界線がありましたが、ソ連崩壊後は米国の態度も変わり、G8に代表されるように米ソは良好な関係を築いています。

しかし、東西冷戦の元、米国の傘の下で外交は全て米国任せ、軍事も米軍の傘の下で過ごして来た日本にとって、東西冷戦の終結は米国の傘が外される事を意味し、独自の外交の歴史が浅く、更にそれで失敗をしてるので、何としても米国を日本に留めて置くために、中国や韓国との歴史問題や、北朝鮮の拉致問題、そして台湾・韓国やロシアとの領土問題を未解決のまま放置しているのが現実です。

周辺諸国との緊張を理由に、日米安保条約を引き延ばせますからね。

事実、2004年にはロシアのプーチン大統領から小泉首相宛てに、モスクワの戦勝記念会合への招待状が届きましたが、小泉はこの返事を先延ばしした挙句に断りました。

これとは別に、プーチン大統領が日本を訪問し、北方領土問題解決に向けた首脳会談も打診されましたが、小泉はこれも断っています。

ロシア側の意向は、1955年の時点で言っていた歯舞・色丹返還の引き換えに日本と平和条約を結び、それにより石油や天然ガスなどの資源を買ってもらい、更には世界遺産に登録された知床と全く同じ自然がある千島列島に観光客を誘致したいと言う事で、もしこれが実現されれば、一番潤うのは北海道なので、北海道選出の鈴木宗男氏が必死になっていたのも納得出来ますが、対米従属主義を崩される事を嫌う政府は、彼を失職させてしまいました。

結局は対米従属主義と言う政策の下に領土問題があるだけで、拉致問題も含めて国民が騒げば騒ぐほど政府の思惑にはまってしまうと言う構図になっています。

北方領土の日制定自体が、国民の目をそらさせる政策なのです。

2008年2月 6日 (水)

 平成20年2月6日(水)怒
ヲジサンは怒ってるんだぞ( ̄ヘ ̄)凸 ムカッ

何だこの天気は!

0206

仕事から帰る頃には雨。その後みぞれと言う事は、明日の朝路面凍結が約束されたわけで、更に自転車通勤出来ない日が続きます。

怒ったついでと言っては何ですが、中国製の餃子の問題。

ちょっと冷静になれよ。

昨年は日中国交正常化35周年だ。更に今年は北京オリンピックが開催される。

本来ならば、昨年辺りからテレビなどの特集で中国を取り上げ、各旅行会社がこぞってオリンピックを絡めた中国旅行の宣伝合戦をしてもおかしくない時期です。

ところが現実はどうだ。

北京オリンピックなんて、本当に今年なのか?と思わせるような静観ぶりです。

国民は気づくべきだ。これは政府の陰謀だ!

話を突き詰めて行くと国際的な問題になりますが、先ず多くの日本人は、米国が世界の覇権を握っていると思っている。それは事実ですが、当の米国は、正確に言うと米国の共和党はそれを好んでおらず、世界を多極化しようと狙っています。

ところが、米国の議会は民主党が多数派を握っており、次期大統領も民主党から選出される可能性が高く、共和党のブッシュ政権は残り1年弱の任期の中で、世界の多極化の形を作りたがっています。

その多極化の中で、米国は中国を中心としたアジアが機能する事を望み、北朝鮮の核問題を早期に解決して(中国が6カ国協議の議長国を勤めているのもこれが理由)、アジアから手を引こうとしていますが、これに対して猛烈に抵抗しているのが日本です。

日本は何とかして米国を日本に引き止めておくために、日米安保条約を盾にして、北朝鮮との拉致問題で騒いだり、今回の中国製の食品問題で騒いだり、周辺諸国との緊張をわざと作り出しています。

だから国民が騒げば騒ぐほど、政府には有利になるわけです。

一方の中国は、自国内にも多くの問題を抱えているため、アジアを牽引するためにはどうしても日本の協力が欲しく、小泉総理の時代に何度も日本に打診してきていますが、当の小泉総理は、対日抗争での勝利が政権支持の基盤となっている現中国政権が、一番嫌うA級戦犯の祭られた靖国神社に何度も参拝してこれをかわし、ブッシュ大統領と仲良くして対米従属色を打ち出して来ました。

いい加減日本も方向を変えよと言いたい。そうすれば日本から米軍基地が無くなるぞ。

それも問題か・・・???(笑

2008年2月 5日 (火)

減量

 平成20年2月5日(火) 減量
昨日の仕事の帰り道、反対車線の路肩を良く見ながら帰って来ました。

それは今朝の自転車通勤のために路面の状況を確かめて、ほぼ乾いているので喜んでいたのですが、昨夜の雨のせいで今朝は再び路面凍結です。

0205

多分日が出て1時間もすれば融けてしまう程度の凍結ですが、家を出てから駅前までの上り下りで転倒の危険性がある事と、その先も郊外に向う事から、止む無く車での出勤を決めました。

これで自転車は3連休となってしまいました。><

しかし以前から何となく気になっていたのですが、自転車に乗り続けていると体重に変化が無いのですが、1日か2日自転車に乗らない日が有ると、突然体重が減る事があります。

その後また乗り続けると減った体重を維持し、乗らない日に限って体重を落とします。

基本的に食べる量は変わらないので、乗り続ける方が少しずつ体重が減るような気がしますが、何故でしょうね。不思議です。

お陰でこの2~3日でまたまた体重が減り、昨年の夏から丁度半年で10kg以上の減量になりました。

今まで十数年かけて少しずつ溜めた体脂肪ですが、僅か半年でそのほとんどを使ってしまうとは、何と言う無駄遣いでしょうか。(笑

まあそれだけ自転車に乗る事が健康的だという証明なのですが、人間とは欲のあるもので、自転車に乗り始めた当初は「楽しむ程度に乗って健康になればいい」と思っていたのが、今では何処まで走ることが出来るのか、その限界に挑戦したくて仕方がありません。

とは言え、まだまだ体力が追い付いて行きませんので、少しずつ距離を延ばして行きたいのですが、その時間が無いのが悩みの種です。><

2008年2月 4日 (月)

凍結

 平成20年2月4日(月) 凍結
町に雪が積もる事は大好きなんです。

雪が雑踏を吸収するので、束の間の静寂が訪れます。

しかし雪が降り止んで、最初に訪れる朝は最悪ですね。

何が最悪かって、自転車通勤が出来ないのです。

0204

今朝はさすがに車で通勤しましたが、通勤と言う性格上、幹線道路は通らずに住宅街のみを走りますので、見事に全線凍結していました。(笑

そんな道すがら、坂道の頂上で転倒している中型バイクを見かけました。

後ろのウインカーが根元から折れ、見るからに今転びましたと言わんばかりのバイクの傍らに、携帯電話を片手に佇む若者の姿がありました。

可哀相なのは坂の頂上と言う事です。

どちらに行っても下り坂で、しかも両方とも凍結していますので、動けばもう一度転ぶ事は日の目を見るより明らかです。

日が出てくれば日の当たる側は融けてくると思いますが、それまで彼はその場に留まるのでしょうか?

そんな事を考えつつ、いや、しかし、本当に良く滑りましたね。^^;

それでも自分の車が滑るのはそれほど驚く事ではありません。

怖いのは他人なんです。

自分の車は制御出来ますが、他人が運転している車なんて制御の仕様がありません。

どっちに転んでも「危険」という事ですね。

2008年2月 3日 (日)

 平成20年2月3日(日) 雪
天気予報通り未明から雪でした。

0203a

しかし都市圏の雪は、一度日が出てしまうとどれだけ降ってもそれ以上積もる事は無く、逆に溶け始めてしまうので、雪のあるうちに遊びに出かけました。

もちろん車です。^^;

いつも自転車で走っている境川自転車道は、

0203b

何故か自転車のタイヤの跡があります。@@;

そして馬鹿の一つ覚えの様に江ノ島へ。

0203c

海岸沿いは少し気候が違う様で、積雪も少な目でした。

途中、雪の重さで道路を塞いでいる木がありました。

0203d

雪国の雪に比べて、関東に降る雪は馬鹿みたいに重いのです。

雪国では雪はそのままふわっと積もりますが、関東では溶けて氷になってから積もって行くので、積雪量イコール氷の厚さになります。そのため、積雪数センチでも送電線が切れ、停電になる事も珍しくありません。

また、関東の人は雪が降ると滑って転倒して怪我をしますが、それもそのはず、雪の上ではなく、氷の上を歩いていて、更に靴に滑り止めなんか付いていませんので、滑らない方が不思議です。

それより、車のスタッドレスタイヤのゴムで靴底を作ったら滑らないと思うのですが、誰か作らないかな。

で、まあ、子供達は例によって庭で雪遊びです。

0203e

雪だるまを作っているのかと思っていたら、雪が足りなくなって、と言うより途中で飽きてスライムになりました。(笑

0203f

2008年2月 2日 (土)

逗子OFF

 平成20年2月2日(土) 逗子OFF
麦秋館仲間のだっちゃんの呼びかけで、逗子のゆうき食堂でOFF会をする事になりました。

昨日までの予定では、集合前に三浦半島を1周しようと思っていましたが、昨日の夕方の歯医者で、「明日の午前中も来て下さい」の一言に、「明日は三浦半島1周・・・」と言えませんでした。><

と言うのも、今週初めから左上の奥歯の歯茎が痛み出し、顔が腫れる始末。

さすがに痛くて歯医者に行き始めたのですが、直ぐに治る様な物でもなく、左で食べ物を噛むと飛び上がるほど痛くなります。

なので、折角だっちゃんと会って食事をと言っても、食べられなくては話にならないので、走る事よりも食べる事を優先させてしまいました。

まあ、今日の治療で痛みが無くなったので、選択は正解でした。

が、しかし、集合時間は11時で歯医者は9時から。移動に1時間半を見ると、歯医者には開院と同時に飛び込まなくてはなりません。

そのために朝から洗濯機を回して洗濯物を干し、ゴミを捨てて9時少し前に家を飛び出したのですが、歯医者に付くと既にジジババが・・・orz

結局、家に帰って来たのは10時で、そこから慌てて出かけました。

いつもの様に江ノ島経由では間に合わないので、大船まで丘を越え谷を越えて走り、そこから横須賀線沿いに、北鎌倉、鶴岡八幡宮、鎌倉と走り、逗子までの約20kmを55分で走り切りました。

既にゆうき食堂前にはだったんとHIさんが到着していて、FISH君の到着と同時にゆうき食堂に入りました。

0202a

本日も寒ブリと地アジの刺身2点盛りを注文。

この季節ですから、寒ブリは外せませんし、アジの刺身には目が無いので、どうしてもこの組み合わせになってしまいます。

これには刺身の味に肥えているはずの、伊豆の住民だっちゃんもうなっていました。

しばらく談笑をしていると、お店が混み始めたので、場所を鎌倉駅前のファミレスに移動。

0202b

コーヒーだけで延々と居座り、次回は4月に箱根で会う約束をさせられました。><

数十年ぶりにあの坂を登るのか。

2008年2月 1日 (金)

必需品

 平成20年2月1日(金) 必需品
冬ですから、自転車で走っていると寒いですよ。

でもそんな時は夏を思い出すのです。灼熱の中を走っている夏を思い出すと、「寒い」が「気持ちいい」に変わります。

しかしその逆はダメですね。

夏に冬を思い出しても、寒さがが恋しくなるだけで、一層夏に嫌悪感を抱きます。

また熱中症対策や脱水症状対策など、荷物としては重い水分を大量に持ち歩かなくてはなりません。

だからと言って、冬は何も必要ないかと言えば、決してそんな事は無くて、寒さ対策で服装などのかさばる荷物を持ち歩かなくてはなりません。

中学生の頃からサイクリングをしている私としては、何処に行くのにも、何をするのにも、極力荷物を減らす習慣が身についていますので、時としてそれが裏目に出て後悔する事もしばしばあります。

そのアイテムの一つがこれ。

0201

ポケットティッシュ

この季節、10km程走ると、少しずつ鼻水が垂れて来ます。

ところが寒さで顔面の神経が多少麻痺しているのか、鼻水が鼻から出るまで気が付かない事がしばしばあります。

そうなるとススっても収まりが付かず、はな垂れ小僧ならぬ、はな垂れオヤジになってしまいます。

これが子供や若い人ならば、「寒そう」と思われるだけで済みますが、オヤジの場合「きたねぇ~!」と思われるだけですから、そうなる前に手を打つ必要があります。

事実、仕事帰りに境川を走っていたところ、ススっても鼻に収めきれないほどの鼻水が垂れて来て、必死に鼻をススっていたのですが、段差で飛び跳ねた瞬間に一気に放出された経験があります。TT

ですから、これは絶対に手放せないアイテムの一つです。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »