bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 紫陽花 | トップページ | 出勤 »

2008年6月20日 (金)

逆行自転車

 平成20年6月20日(金) 逆行自転車
今月1日に道路交通法の一部が改正され、自転車に関する法改正もありました。これについてはニュース番組等で何度も扱っていましたが、どうも一般に正しく認識されていないような気がします。

その例として最近よく聞く言葉が、「道交法改正で自転車が車道を走るようになった云々」と。

はっきり言ってこの認識は間違いです。

法改正以前から自転車は車道通行が原則で、「自転車の歩道通行可」の標識がある時のみ歩道通行が可能でしたが、今回変わったのは自転車の歩道通行の特例が追加された事です。

①児童や幼児など政令で定める者が運転する時
②車道または交通の状況に照らしてやむを得ないと認められる時

また歩道走行時には徐行が義務付けられていましたが、「歩行者がいない時は状況に応じて安全な速度」と言う言葉に変えられた事です。

例えば↓こんな状況。

0620

ここは自転車の歩道通行が認められた場所ですが、仮に自転車の歩道通行が認められていない場所だった場合、自転車はこの違法駐車車両を避けて車道側へ大きくはみ出さなければ通行できません。これは非常に危険な状況ですよね。

こんな時は自己判断で歩道通行も可という事みたいですね。

でもニュース番組などが騒いだせいか、車道を走る自転車は確かに多くなりました。

多くなりましたが、どういうわけか、そのほとんどが右側通行をしています。これには困りますね。

例えば路地などで右折する場合、左側通行の日本では先ず右を見ますよね。そして少し顔を出してから左を見ますが、この顔を出した時点で、来るはずの無い左側から自転車が逆行して突っ込んで来るのです。これで何度ぶつかりそうになったことか。

自転車は手軽で便利な乗り物ですが、車である事には変わりないのですから、車と同じ法律で走らなければならない事を理解してもらいたいものです。

« 紫陽花 | トップページ | 出勤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆行自転車:

« 紫陽花 | トップページ | 出勤 »