bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

月末

 平成20年7月31日(木) 月末
今年初めに今年の目標として自転車で10000km走ると決めてから、毎月月末に途中経過を検証して来ました。

で、今月はそれほど走った気がしないにもかかわらず、986km走行しました。

実際に100km以上走った日はたったの1日だけで、それ以外はほぼ60km前後と、湘南平往復か通勤の帰り道に江ノ島に寄った程度の走行でした。

この辺りは日が伸びた事により、通勤で距離を走れるようになった事が大きいですね。

そして今月はauの携帯電話のアプリを使って、走行を視覚的に見やすくなった事も忘れてはいけません。

0731_1

このアプリは100km以上の走行でバッテリーが持たないと言う欠点があり、箱根の帰り道では途中で電源が落ちると言うハプニングもありましたが、それでも実走行に近い距離が記録出来ました。

そしてRun&Walk全体ランキング8位、同世代ランキング7位と、1桁のランキングになっていますが、そもそもいったい何人がこのアプリを使っているのかも不明で、何人中の8位なのかさっぱり分かりません(笑

しかし頑張らなくてもこの程度の順位を取れるのならば、ちょっと頑張ればもっと上位に食い込めそうですね。

ただしバッテリーが持つ事が条件ですが(笑

2008年7月30日 (水)

ユニクロ坂

 平成20年7月30日(水) ユニクロ坂
妻の自転車がパンクして直して欲しいというので、珍しく真っ直ぐに帰宅する事にしました。

昨年自転車通勤を始めた頃、家から職場までの最短距離を通るにはどうしても坂が避けられず、坂を嫌って回り道を探した事を思い出しました。

その頃のネックだったのがこの坂。

0730_1

昨年までは坂の上にユニクロがあったので、自転車通勤仲間とは「ユニクロの坂」と呼んでいましたが、今はユニクロが無くなっています。

ここを通っていた頃は、兎に角この坂が辛くて、一番軽いギアーに入れて必死になってペダルを回し、それでも頂上付近では酸欠になるほど呼吸が乱れました。

しかしこの坂、意外と人通りや車通りが多くて、あまり無様な姿を人様に晒すのも何だと思い、ひたすら痩せ我慢していました。

そんな事を思い出しながら久しぶりに坂を見上げると、何だか坂が緩くなっているような気がします。実際に上ってみると、一番軽いギアーはおろか、フロントがアウター(重いギアー)のまま上り切ってしまいました。

昨年この坂だけで筋肉痛になっていたヲジサンは、既に傾斜の付いた道位にしか感じない程に成長していました。

乗っているうちに自分の成長が肌で実感出来るから、自転車は中年層に人気がある見たいですね。

2008年7月29日 (火)

クールダウン

 平成20年7月29日(火) クールダウン
昼間の暑さとは裏腹に、早朝は意外と気持ちが良いです。

通勤のために自転車を漕いでいても、心地よい風が体に当たるため、ゆっくり走っていれば汗もそれほど出て来ません。

0729_1

こんな爽やかな時間に多少標高の高いところまで出掛けてしまえば、日中の暑さのしのげると思いますが、生憎出勤中なのです。

考えてみれば先月山伏峠を越えて山中湖に行って以来、全く遠出をしていません。

行った所と言えば箱根に2回だけですね。

そろそろ長距離を走りたくてウズウズしていますが、暑さにひるんでいます。

そこで暑さ対策としてある事を思いつきました。

まず自転車用のジャージには後側にポケットが付いています。

0729_2

これは前傾姿勢で乗るため、前ポケットだと中身を落としてしまうからですが、ここには人によって色々な物が入っています。

例えば食料を入れて走りながら食べる人もいます。

空気入れや予備のチューブを入れる人もいます。

ところがこのポケットに保冷剤を入れるとどうなるでしょうか?

0729_3

背中が冷んやり^^

しかし背中の熱気で1~2時間が限界みたいですね。

2008年7月28日 (月)

いま、会いにゆきます

 平成20年7月28日(月) いま、会いにゆきます
いつの間にか向日葵が咲く季節になっています。

0728_1

その花は常に太陽の方角を向いている事から、弁護士のバッジのデザインにもなっています。「自由」と「正義」を表しているらしいです。

また花言葉は「あなただけを見つめている」や「あなたは素晴らしい」などがあるみたいですね。

まあ、しかしですね、ひまわりの種って美味いんだな(笑

日本人にはひまわりの種を食べる習慣はありませんが、アメリカ人は好んで食べますね。

塩味の効いたひまわりの種、結構癖になる味ですよ。

2008年7月27日 (日)

タコ焼き

 平成20年7月27日(日) タコ焼き
先週今週と、何処でも夏祭りが行われる季節になりました。

祭りになると子供達の楽しみは出店ですね。

昔は祭りの出店というとテキ屋というイメージでしたが、最近では町内会のご婦人方がボランティアで出店されています。

その分子供達のお小遣いにもやさしくて良いと思いますが、何か一つ物足りないような気がするのは世代が古いのでしょうか。

0727_1

テキ屋さんがいないと足りない物はたこ焼きですね。

これだけは素人が大量に作るのは難しいみたいです。

そんな思いもあって、暑い最中ではありましたが、午前中はタコ焼きを焼いて終わってしまいました。

妻がタコ焼きを焼いている私を見て言っていたのですが、その昔キャンプに行った折、長男が眠い目をこすりながらも、「お父さんのタコ焼きを食べる」と言って頑張って起きていた事を思い出したとか。

そういえば私は何故かキャンプやBBQではタコ焼きを焼くのが習慣になっていましたね。

2008年7月26日 (土)

ニューアイテム

 平成20年7月26日(土) ニューアイテム
ニューアイテムを入手しました。

0726_1

ユニクロのシルキードライTシャツです。

早い話、吸汗速乾の肌着ですが、ユニクロのインナーシャツは2枚入りで980円のところ、これは1枚で980円なのです。もっともセールでしたので、実際には750円で購入していますが、普通の物の倍の値段がする以上、それなりの物なのかと期待しての購入です。

それからもう一つ。

0726_2

こちらはもらい物ですが、水を含ませると気化熱で熱を奪い続けるので、首や頭に巻くと涼しいらしいです。

これらの2つのアイテムの使用感を試すべく、湘南平までの往復60kmを走りました。

0726_3

先ずシャツは、肌触りはとてもいいのですが、生地が薄いせいか、汗でベタッと張り付く感じがありました。これはマイナスですね。ただしシャツの速乾性能が高いせいで、ベタッと張り付いた部分がとても涼しく感じました。中途半端な季節だと寒く感じるかもしれませんね。

それからもう一つの首巻きのような品物ですが、肌に触れている部分は確かに涼しいです。

しかし肌に触れる部分の面積が狭いのが残念ですね。

もう少し幅が広いと効果を感じ安いと思いますが、そもそも炎天下で自転車に乗る事は考えられていないと思いますので、歩く程度ならばかなり気持ちが良いアイテムだと思います。

0726_4

折角湘南平に上りましたので、一応タイム計測は忘れていません。

前回の8分55秒から大幅の短縮で、8分11秒です。

もっとも今日は前を走る目標物(MTB)が2台いて、ロードバイクには絶対に付いていないような軽いギアーをクルクルと回して上っていましたが、如何せん速度が遅いので一気に抜いてしまったのです。抜いた以上は引き離さないといけないので、必要以上に力が入ってしまいました。

多分次回はこれよりも遅いと思います^^;

0726_5

たったの数分ですが、炎天下で目一杯の運動をするわけですから、坂を上った後のアイスクリームも、是また普段とは全く違う味に感じます。

火照った体をクールダウンして、同時にエネルギー(糖分)補給ができます。

これぞ、正しいアイスクリームの食べ方です。

2008年7月25日 (金)

暑いですね

 平成20年7月25日(金) 暑いですね
「暑いですね」が、あいさつになってしまいました。

個人的にはこう言うあいさつは嫌いだな。と言いつつ、ついつい口にしますが^^;

基本的には「暑いですね」の後に、「ますますやる気が出ますね」とか「嬉しいですね」みたいなポジティブな言葉は絶対に続かないわけで、だいたい「嫌になりますね」みたいなネガティブな言葉が続きます。

ネガティブなあいさつをすると気分まで滅入ってくるので、こう言うのは嫌いです。

暑いのが嫌ならば、涼しくなるような努力をすればいいのです。

私? 当然してますとも。

今日も日中に少しでも涼しくしようとして、水道のホースを引っ張って来て、事務所の前に打ち水をしました。

ホースでジャーッと水を撒きました。

しかし、焼け石に水の意味が理解出来ました><

まあ、エアコンが効いた事務所で仕事をしているのが、一番幸せと言う事ですね。

2008年7月24日 (木)

土用の丑

 平成20年7月24日(木) 土用の丑
やっと普通通りの出勤時間に戻ったものの、今まで何時に家を出ていたのかすっかり忘れてしまいました。今朝、歯を磨きながら時計を見ると5時55分で、何故か後5分しかないと焦ってしまう自分がいたりして^^;

いつもは6時25分に家を出ている事に気が付いたのは、しばらくしてからでした(笑

出勤の道すがら、ラジオ体操に往復する子供達の姿を見かけ、夏休みが始まった事を感じます。

0724_1

帰り道には住宅街を走ると、あちらこちらからウナギの美味しそうな臭いが漂います。

そうです。今日は土用の丑。

土用の丑とは古代中国の陰陽五行説に基づき割り当てられた期間で、今年の土用入りが7月19日、明けが8月6日になり、土用の期間の始めに丑が来ているため、12日後の8月5日に二の丑が来ます。

来年は7月19日が丑で、7月31日が二の丑となるようです。

まあ、暦の事はどうでも良いとして、もし車で通勤していたならば、閉め切った車内でエアコンを効かせて涼しく通勤出来ますが、夕方の各家庭料理の臭いから季節を感じる事は無いでしょうね。

特に煮物はみりんの加減の違いで、漂ってくる臭いが家庭毎に全く違います。

こんな事を感じながら、自転車でえっちらおっちら通勤するのも、なかなか乙な物です。

2008年7月23日 (水)

箱根パーク&サイクル

 平成20年7月23日(水)箱根パーク&サイクル
罰ゲーム(研修)最終日です。

早朝4時台の境川自転車道は、空気も澄んでいて昼と比べれば涼しいと感じる気温です。

ただし人はいますね。少ないけど。



このまま何処かに走りに行ってしまいたい衝動に駆られながらも、お父さんは真面目に出勤するのでした。

ところで、明日から11月末までの期間で、「箱根パーク&サイクル」と言う交通社会実験が始まります。

「車からは見えない箱根に会える」というキャッチフレーズで、その名の通り箱根で貸し自転車を利用して観光しようと言う物です。

箱根でレンタルサイクルです。

まあ、電動アシスト付きという事ですが(笑

天下の険と歌われる箱根でも、観光名所が固まる芦ノ湖の南岸から東岸を経て仙石原までは、それほど大きな起伏はありません。

しかし普通のママチャリだと少々辛いでしょうね。

しかし、電動アシスト付きと聞いて、これを借りて一端小田原まで下り、それから旧道を上ってみようと思ったのは私だけではないはず。

物凄く興味がありますが、果たして電動アシストがどの程度平均傾斜10%の旧道で通用するのでしょうか?

全く歯が立たなかったら、どうしようもなくなりますからね^^;

2008年7月22日 (火)

メーター

 平成20年7月22日(火) メーター
気が付けば麦秋館自転車部?の私以外の皆さん(と言っても私を含めて3人ですが)は、いつの間にか心拍計を持っているようです。

何のためかって、それはスポーツをする上で、心拍数を見ながら運動強度を調整する事で、効率のいいトレーニングが出来ますし、特に自転車で長距離を走る場合も、一定の心拍数で走り続ける事は無駄な体力の消耗を防ぐ事になります。

運動強度と言いましたが、計算方法及びトレーニングは以下の通り。

{(220-年齢)-安静時心拍数}x運動強度(%)+安静時心拍数

種類運動レベル目的
肥満対策50%~60% コレステロール、血圧減少
脂肪燃焼60%~70% いわゆる有酸素運動
能力向上70%~80% 心肺機能及び持久力向上
無酸素運動80%~90% 筋力強化、インターバルトレーニング
危険90%以上 瞬発力強化


これを常時意識しながら出来るのか、あるいはそうでないのかで、同じ時間運動をするのでも効果が全く違ってきます。

特に我々の世代は、無理をして体をこわすと回復に時間がかかるので、自分に適したペースで運動を続ける事はとても大切なのです。

だから心拍計はあった方が良い。

しかし高い。

更に心拍センサーのほとんどは胸にベルトのような物を巻き付けるタイプで、装着が面倒臭い。

その上で、心拍計の性格上、基本的にはワイヤレスなので、それがどうしても気に入らない。

なんかこの辺は古い人間で、線がつながってない物は今一つ信用出来ない。と言うよりも、自転車用のメーターでワイヤレスの物は、反応が鈍いという欠点があり、これが私の性格的に妥協出来る程度の物なのかが心配です。

0722_1

ところで今使っているメーターですが、実は地味に気に入っていて、たったの2つのデータしか表示出来ないのですが、上がケイデンス(ペダルの回転数)表示で固定出来、下の段は通勤時は時計表示、ツーリング時は走行距離などを表示させられるのが嬉しいです。

通常の物は、上の段はスピードメーター表示で固定ですから、ケイデンスを下の段に表示させると他のデータはこれ以上表示出来ません。私にとってスピードはどうでも良い事ですから、スピードメーター固定は必要無い機能なのです。

実は先週土曜日に箱根に上った際、このケイデンスがあり得ない数字が表示され、遂に壊れたかと思いました。

通常のケイデンスは平地で回しても100位で、上り坂では50前後になる事もありますが、あろう事か、箱根の上りで200以上の数字が表示されたのです。

芦ノ湖に着いてからメーターを外してみると、何とメーターの電極部分に汗が溜まり、水浸し状態でショートしていたようです。

0722_2

普段はサドルに座った状態で乗っていますが、上り坂が続くといわゆる立ち漕ぎ状態になり、頭の位置が変わる影響で汗の垂れる先に丁度メーターがある状態だったみたいですね。

メーターの取り付け位置も考え直さなければなりません。

2008年7月21日 (月)

寝苦しい

 平成20年7月21日(月) 寝苦しい
暑さのせいで疲れが取れませんね。既に夏バテしています。

明日から罰ゲーム(研修)の後半が始まりますが、冗談じゃなくて事実上の罰ゲームですね^^;

暑さで疲れが取れないと書きましたが、これは寝付きの悪さによるところが大きいと思います。

それでは何故寝つきが悪いのか?

そもそも人間は、目が覚める少し前から体温が上がり始め、日中の活動時間帯は高い体温を保ち、寝る頃になると体温が下がり始めます。

ところが暑い夜や湿度の高い夜、いわゆる熱帯夜には体温の放熱が上手く機能せず、寝苦しくなるようです。

この対策としては、体の深部体温を下げるのが効果的らしく、寝る1時間位前にぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、手足を保冷材で冷やすなどが効果的みたいです。

また、部屋に熱や湿気がこもらないように風通しを良くしたり、エアコンで温度と湿度を下げる事も効果的らしいですが、この場合は深部体温を下げ過ぎると体力低下を招くらしいので、室温設定は高めにするか、お腹にタオルケットをかけるなどの工夫が必要です。

0721_1

さて、今日は海の日で祭日という事ですが、子供達は既に夏休み。しかし私と妻は仕事でした。

長女(小5)は小学校の合唱団で午前中は学校に行き、その間に長男(高1)と次女(小1)は私の実家?に。

ところが、長女が昼に帰宅すると言う事を誰もが忘れてしまい、長女が帰ってきた時には我が家はもぬけの殻。

長女はチャイムを鳴らしても誰も反応しない事から、自転車に乗って妻の実家まで行ったそうです。

かつて長男も同じ目にあった事がありますが、その時は家族が帰るまでじっと玄関先で待っていたのに、同じように育てた子供達の性格が、何故このように違うのでしょうか?

性格が反対だったら良かったと思う事がしばしばあります。

2008年7月20日 (日)

留守番

 平成20年7月20日(日) 留守番
今日は妻が仕事のため、1日留守番&子守でした。

朝、濯物を干していてふと思い出したのですが、勤め先の事務所のおばさま方、風呂上がりに使うバスタオルは毎日洗わないと言ってました。

体を洗った後だから、きれいな体を拭くだけなので洗う必要がないと・・・

我が家は当然のように毎日洗っておりますが、毎日洗わない人も意外と多いみたいですね。

0720_1

我が家が毎日洗う理由は、先ず妻が洗濯が好きな事。

それからもう一つ、風呂上がりってさ、直ぐに汗がひきますか?

私の場合この季節は特に、風呂上がり30分は噴き出す汗との戦いになります(笑

冬でも同じですね。シャワーですませばそれほど汗が噴き出る事はありませんが、何しろここ十数年は必ず子供と一緒の風呂なので、ついつい長湯を強いられます。

お陰で夏冬問わずバスタオルは汗を拭いたタオルなのです。

これは私に限らず、誰しも同じ事だと思うのですが、如何なものでしょうか?

2008年7月19日 (土)

梅雨明け

 平成20年7月19日(土) 梅雨明け
週末毎に坂を上る習慣が付いてきたみたいですね。

とは言っても、先週と先々週は湘南平なので、「上った!」と言うには少々高さが足りないかな? 辛さは高さ以上の物がありますが(笑

今日は夕方あたりまで時間が空いていますが、昨日の天気予報だと凄いマークが付いていましたので、時間的猶予は昼までとします。

0719_1

オレンジの太陽マークは誰が見ても晴れだよな。

赤いのはなんだ?

これが出て来る前に帰らないと、なんだか危険な目に遭いそうです。

なので今日は長距離を諦めて、ぶらっと箱根旧道です。

0719_2

何を隠そう、いや、何も隠しませんが、最近は2ボトルなのですよ^^v

前側のボトルはスポールドリンク入りの500ccで、後側は500ccのペットボトルに水を入れ、凍らせた物を100均で買ったボトルカバーに入れて持って来ています。

ところが今日は3連休の初日という事で目立ってバスが多く、車のすれ違いで道をふさがれて待たされる事数回。上り始めてからわずか数キロでモチベーションダウンです。

しかししばらくすると前を走るローディー(ロードバイク乗り)をパス。まさか上り坂で誰かを抜くなんて、夢にも考えていなかったので、抜いたからには追い付かれたらみっともないという思いから、足に力が入ります。

余計な努力のお陰で、旧道名物?七曲がり(ヘアピンカーブが12回続く)手前でボトルの水が空になります。しかも、凍らせたペットボトルの水が溶けない><

七曲がりの九十九折りを抜けると見晴らし茶屋があるので、そこの自販機で水を購入しようとするも、無情にも見晴らし茶屋には自販機がない;;

灼熱の太陽が照りつける中、水分の補給が出来ないまま上り続けます。

甘酒茶屋が見えた時には、もうこれ以上の上りはないはずと勝手な勘違いをし、水分補給をしないまま更にお玉が池まで上る羽目にTT

0719_3

結局水分が取れたのは芦ノ湖に着いてからです(笑

それでも何とか1時間を切って上っていますが、約10kmの激坂の半分を、水分の補給無しで上ったわけですから、これが体に応えないわけがありません。

0719_4

多少熱中症気味だったので、木陰で水を飲みながら長めの休憩です。

しかしあれだ。AUのRun&Walkは100km以上では使えませんね。大体4~5時間でバッテリーが切れます。

前回は予備のバッテリーを持って来ていたので、途中で取り替える事が出来ましたが、今日は持って来るのを忘れてしまったため、途中で携帯の電源が切れたままになってしまいました^^;

200kmを超えると使い物にならないな。

いつもは1号線を下っていましたが、今日は早く帰りたいのでそのまま旧道を折り返します。

0719_5

坂を下りながら、よくこんな傾斜を上ってきた物だと感心しながら、もしこれが初めて通る道ならば、絶対に上ろうとは思わない坂だと感じました。

しかし本当の試練は小田原に下ってからでしたね。

水分補給が出来なかった影響で軽い熱中症になり、日差しが無茶苦茶応え、フラフラになりながらの帰宅です。

本日補給した水分は4.5㍑でした。凄い量だな(笑

走行距離: 125.33km
走行時間: 5時間22分23秒
平均速度: 23.3km/h

2008年7月18日 (金)

本物

 平成20年7月18日(金) 本物
野茂英雄選手が引退を表明いたしました。

野茂選手は日本人メジャーリーガーのパイオニアと言われていますが、実は日本人としては2人目のメジャーリーガーですね。

しかしその後に伊良部やイチローが続いた事を考えると、メジャーへの道を切り開いた人であることは間違いありません。

野茂選手が渡米するに当たって、様々批判をする人がいました。「日本人がメジャーで通用するはずが無い」等というものですが、「本物」が動くと往々にして誹謗中傷があるもので、野茂選手もそれらの批判と同時に、日本人メジャーリーガーの魁としての期待を背負い、堂々と結果を残しました。

野茂選手が結果を出した事により、それまで誹謗中傷していた連中は、単に嫉妬に狂った哀れな小さな人間である事が証明されたわけで、それはそれで違った意味で結果を残してくれました(笑

本物が動く時に批判する連中は、取るに足らない人間であると。

さて、「本物」と言う言葉を使いましたが、何をもって「本物」と言うのか良く分からないのが自転車のフレームです。

0718_1

先ず、自転車を趣味として乗っている人にとっては常識ですが、自転車の全ての部品を自社で作っているメーカーはありません。

自転車メーカーは数多けれど、ロードバイクの場合コンポーネント(自転車のギアーなどの駆動系)はカンパニョーロ(イタリア)とシマノ(日本)、スラム(アメリカ)の3大メーカーで構成されているのが常識ですし、それ以外のメーカーの物が着いていても売れません。

つまりメーカーはフレームを設計して作り、それに一番合うコンポーネントを組みつけて販売、若しくはフレームのみで売るのが一般的です。

それでは何が本物かと言うことになりますが、イタリアやフランス、アメリカなどの一流メーカーのフレームを大きく松竹梅の3種類に分けたとすると、以下の表のようになります。

グレードフレーム単体価格生産地
¥500,000 本国(本社所在地)
¥300,000 台湾
¥200,000 中国


本物という言い方のは少々語弊があるかもしれませんが、生産地を見て頂くと、一般的には手が出ない超高級モデルのみ本国生産で、中堅モデルは台湾製、廉価モデルに至っては中国製です。

もっとも、台湾のカーボンフレームの生産技術は、多分世界でもトップレベルで、最近よく見かけるGIANTと言うメーカーは台湾のメーカーで、プロチームにフレーム供給もしています。

ちなみに私のフレームも台湾製ですが、上の表には当てはまらない¥126,000です。

0718_2

この価格差はズバリ、フレームに一流メーカーの社名が刻まれていないからです(笑)もしこのフレームに一流メーカーの社名が入っていたら、それだけで5万円、あるいは10万円の値段が跳ね上がります。

さて、梅は中国製となっていますが、実際に自転車屋さんに行って飾ってある一流メーカーの20万円台のフレームを見れば、“Made in China”と刻まれているのが確認出来ます。

20万円以上出して買った自転車の本場イタリアメーカーのフレームが、実は中国製?と思うとなんだかなぁって気になりませんか?

自転車屋さんが言ってましたけど、一流メーカーでも中国の生産を依存している時代なので、台湾製は高級品だと言う事です。

ただし中国製だから性能が落ちるとか言う事はなくて、もともとイタリアなりフランスなりの国内で設計され、完成された状態で生産のみ国外という事なので、何処で作られようともメーカーの社名をプリントして出荷するからには、品質は全く問題有りません。

でもそう言った事実を知ってしまうと、自ずと選ぶメーカーが絞られてきますね^^;

2008年7月17日 (木)

アイウエアー

 平成20年7月17日(木) アイウエアー
自転車に乗る時にはサングラスをしています。

正式にはアイウエアーと言って、埃や虫、風、紫外線などから目を保護する事を目的としていますので、単に太陽光のまぶしさを和らげるだけに聞こえる「サングラス」という言葉は、スポーツの世界では相応しくないかもしれません。

今まで私が使っていたのは国産メーカーのOGKの製品で、スモークとクリアーの物を使い分けていました。

0717_1

しかし両方とも3000円程度の安物です。

3000円が安物?と思われるかもしれませんが、眼鏡メーカーの作るアイウエアーは馬鹿みたいに高いのです。

そもそもアイウエアーとか何とか偉そうな事を言っても、材質はポリカーボネイトというプラスチックなんですね。そんなプラスチックに、ン万円を出すのは?と言う疑問もあったので今までこれで済ましていましたが、やはり安物は使えば使うほど使い辛い。

鼻に当たる部分の調整が出来ないので、先ずここが痛い。それからバンダナなどをした時に、安物はフレームに柔軟性が無いため、こめかみが締め付けられるように痛い。

そこでネットで情報を探ると、スポーツ用のアイウエアーは視力矯正用の眼鏡とは違い、埃や紫外線から目を守る必然から顔の丸みに合わせて湾曲しているため、日本人の顔には欧米製品は合い辛く、日本製が比較的良いという情報もありましたが、イタリアのルディーというメーカーの物は日本人にも合いやすくて人気があるとか。

0717_2

サガミサイクルを覗きに行くと、なんだかブラウンのアイウエアーが気になります。

ルディーのパーセプションです。

気が付けばFISH君と色違いのお揃いになってしまいました(笑

これはレンズの部分が跳ね上げられる構造で、トンネルに入った時などはとても重宝します。

また内側のレンズを外すと、目の回りに汗をかいた時、アイウエアーを外さなくても、走りながら汗をぬぐう事も可能です。

0717_3

目の周りにかいた汗が、ポタッとレンズの内側に垂れるのは、何とも気分が悪いですからね。

ただし購入に当たって迷ったのは、レンズを跳ね上げられないライドンというモデルなんです。それは交換レンズの種類が物凄く豊富で、やはり人気も一番とか。

しかし今回は目先の使い勝手にこだわって、あえて高い方の跳ね上げタイプにしました。

ついでに通勤での夜間走行に備えて、黄色のスペアレンズも同時に購入。

0717_4

夜間はクリアーのレンズの方が良く見えるように思いますが、クリアーレンズも物によっては若干のスモークが入っている場合があり、その場合真っ暗な道で黒い服を着ている人は明暗がぼけてしまうので、見えないと言う欠点があります。

ところが黄色や赤などの明暗を強調する効果のある色の場合、はっきり見えなくても輪郭が分かる効果がありますので、夜間はクリアーよりも薄い黄色と思ったのです。

実際にはどうなるのか、まだ試していませんが、見えなければレンズを跳ね上げればいいことですからね。問題無しです。

しかし何ですね、自転車の部品は自動車部品などに比べると物凄く安いのに、人間がまとう用品はかなり高価なものが多いですね。

2008年7月16日 (水)

新書

 平成20年7月16日(水) 新書
本を買った。

0716_1

米津一成さんの「自転車で遠くへ行きたい。」と言う本です。

この本は著者が42歳で自転車に目覚め、以後5年間走り回った記録を本にしてあるのですが、兎に角共感したと言うか驚いたと言うか、私が今後数年間に自転車海苔として歩むであろう道のりを、過去形で読んでいるようでした。

本の始めに、「自転車少年記」という小説の一文が紹介されています。

「300キロもの距離を走ると聞いたら敬遠したくなるのが普通の感覚だろうが、自転車好きの場合は違う。ロードレーサーに慣れれば何十キロという距離を平気で走れるし、一度長距離の壁を越えてしまった者にとってはコースは長ければ長いほど魅力的なのだ」と。

著者がロングライドの魅力をこれほどまでに簡潔に紹介している文章は、他にないと言っているように、この著者もロングライドに見せられてしまった人のようで、600kmのブルベも完走しているようです。

また、著者が語っているように、今まで車で当たり前のように走っていた場所や、ちょっとしたドライブに出掛けていた場所も、自転車で走ると全く違う景色に見えるというのですが、これは本当にその通りですよ。

例えばこの写真。

0716_2

川に架かっている橋の部分が、神奈川県と山梨県の県境です。

車で通りすぎれば何となく県を越えた位の感覚でしょうが、これは自転車で越えた時に撮った写真で、見えている景色は県境ではなく、県を越えたという達成感なんです。

これが楽しくて乗ってるわけですよ。でもどれだけ楽しいかは言葉では表現出来ません。強いて言うならば、「走ればわかる」と言う事だけです。

また著者の曰く、「ロードレーサーは人間と機械の最も幸福な妥協点だと思う。人間がある距離を移動する場合、最もエネルギー効率のいい乗り物は自転車だと言われている。その自転車の中で最も効率がいいもの、つまり最も速く遠くまで走る事が出来る自転車がロードレーサーだ。ロードレーサーには速く走るためのパーツ以外、一切無駄なものはついていない。それどころか、何しろこの乗り物にはエンジンが付いていない」と。

全くその通り。というか、エンジンやモーターなどの補助的な力に頼ることなく、最初から最後まで自分の力だけで、力の続く限り何処まででも走り続ける事が出来る。これこそ男が男として自分の力を誇示する一番手軽な手段ではなかろうか。

自転車で100km走ったと言えば、一応に凄いと思われるし、200km走ったと言えばもっと凄いと思われる。

それが300km、600kmとなると・・・距離感が壊れてると思われる(笑

でもその100kmや600kmと言う距離は、自分と戦った距離であり、走り切る事は自分の壁を越える事なんです。だから走り切る事に快感を覚えるのです。

それにしても普段本を読むと、新しい知識を得て喜ぶ頃が日常ですが、この本は最初から最後まで共感を覚える本でした。

2008年7月15日 (火)

研修開始

 平成20年7月15日(火) 研修開始
今日から研修のスタートです。

約半年振り位に、まだ夜が明け切らない早朝の出発となりました。

0715_1

今日の横浜の夜明けは4時37分ですから、薄暗いのもうなずけます。

研修が始まると言っても、今日明日は午前中だけなのです。

しかしですね、問題はそれが全て英語で行われると言う事なんです。ヽ(ー_ー )ノ

まあ今日の内容は理解出来ましたが、それにしても講師の英語が少しなまってた(笑

見るからにメキシコ系の人なので、スパニッシュが少し入ってるみたいですね。

さて、今日の日中は私の職場のある地域では突然の雷雨でした。

ところが自宅付近では雨は全く降らなかったようです。

しかし雷だけは激しく音が響いていたようで、末っ子がお姉ちゃんと一緒に学校からの帰り道に、雷の音に驚いて走り出し、つまずいて転んで泣いたと(笑

家族中の笑いものにされていました。

2008年7月14日 (月)

頑張れ!

 平成20年7月14日(月) 頑張れ!
既に夏バテです(++ )

暑さで寝苦しくて、寝不足気味です。ホントに夏は苦手だわ。

ところで、6月3日に放送されたTBSのピンポンという番組で、気象予報士の森朗氏が梅雨明けは7月13日と言っていました。

明・け・て・な・い・ぞ!( ̄ヘ ̄)凸

まあ、明けても暑いだけなので、いつ秋が来るのか教えてください。

話がころころ変わって、今日目に飛び込んできたニュースで、ボクシングのWBC世界女子ライトフライ級暫定王座決定戦で、富樫直美さん(32)が世界王座を獲得したとありました。

この方、現役の助産師さんで、300人以上の子供を取り上げているとか。

27歳の時にダイエット目的でボクシングを始め、JBCの女子公認をきっかけにプロに転向し、デビュー戦直後に世界戦の話が舞い込み、チャンスを逃したく無いとの思いでオファーを受けながらも、都内の産婦人科での勤務は続けられたそうです。

こんな女性と喧嘩したら、絶対に勝てないだろうな(笑

第一、相手がどんなに強くても、女性に手を出すのは私自身のプライドが許さないので、一方的にボコボコにされて終わりそうです^^;

世界王座とは言えども、そこは男子ボクシングとは規模が違うのか、ファイトマネーも数十万円と言う事ですから、ボクシングだけで食べていく事は不可能みたいです。

0714_1

また北京オリンピックで陸上女子10000mに出場する赤羽有紀子選手は、結婚後も引退せずに一児の母として夫のコーチの下頑張って来られました。

ママさんオリンピック選手と言えば、柔道の谷亮子選手がいますね。

田村で金。谷で金。ママで金。そしてまた田村で金(謎

ちょっと昔の考え方では、スポーツの世界で世界と戦えるのは20代まで。30代は無理と思われていましたが、最近は30代でも未だに世界の頂点に君臨している選手も少なくありません。

この富樫直美さんや赤羽有紀子さんのような選手を見ていると、私自身もまだまだ頑張れると言う勇気が頂けますね。

目指せ!80歳でマウンテンサイクリングin乗鞍

2008年7月13日 (日)

湘南平

 平成20年7月13日(日) 湘南平
誰が何と言おうとも夏だ。間違いない。

先月まではロングライドに出掛けたくて仕方なかったけど、全然そんな事思わなくなった。

暑いのは苦手だ。

だから午前中の涼しいうちに少しだけ走って来ました。

0713_1

写真だけ見ると何となく涼しげに見えるこの景色、実は湘南平の下りです。

下りは涼しくて快適ですよ。でも写真に見える先から上って来ると、多分ここが一番辛い所です。

たった1.5kmの上り坂ですが、標高差約140mで平均勾配9.5%のこの道を、前回は9分8秒で上りました。

しかし、どうしても9分を切りたいし、あとちょっとなんです。

9分以下か9分を超えるかで何が違うかと言えば、平均速度が2桁か1桁かの違いがあります。これを桁違いと言います。

人によっては「何だその程度の事か」と思われるかもしれない。だけどそこが男のこだわりなんですよ。こだわりこそが男の生き方だ!

だから作戦を考えた。

0713_2

入口からの緑色に着色した道路の部分は、出来るだけシッティング(サドルに座ったままペダルを漕ぐ)で、多少足に負担がかかるギアーで行く。

しかし半分程度上ると足が辛くなるので、あとは青く着色した道路の終わりまで、つまりパンダがいる所までは、息を上げないように、筋肉を使い切らないように、なるべくゆっくり行きます。ここのゆっくりは止むを得ません。むしろ頑張ると死んでしまう(笑

そして最後の黄色に着色した部分で勝負だ。

0713_3

しかし現実は厳しいな。

黄色の部分では疲れ切ってたよ(笑

それでも8分55秒。何とか9分を切れた。

これ以上の時間短縮はゴールと同時に倒れ込む覚悟が必要だな。

次からは気楽に上ろう^^

2008年7月12日 (土)

ワイヤー交換

 平成20年7月12日(土) ワイヤー交換
自転車を掃除していたら発見してしまった。

0712_1

シフトワイヤーとブレーキが擦れて双方共すり減ってる><

実はこれ、通勤でフロントバッグを使っていますが、バッグがワイヤーを押し下げて、それがブレーキに干渉しているようですね。

しかしブレーキはそんなに力がかかる部分ではないし、決して安くはないので、今回は軽量化が出来たという事で妥協^^;

しかしワイヤーは走行中に切れたら嫌なので、新しいワイヤーを買って来ました。

0712_2

店の人が言うには、距離を走る人は1年に1度位を目安に替えた方が良いというので、丁度交換時期でもあったようですね。

STIと呼ばれる、ロードバイクのブレーキレバーとシフトレバーが一体になったタイプは、シフトレバーのワイヤーを巻き取っている部分でワイヤーが切れるそうです。

0712_3

ワイヤーの交換自体は大した作業ではありませんが、ワイヤー交換後の前後のディレイラー(変速機)の調整が面倒ですね。

朝からそんな事をしているうちに日が高くなってしまい、既に私が耐えられる気温ではなくなっていましたので、自転車には乗らずにエアコンを効かせて昼寝をしていました。^^;

冬が待ち遠しいですね。

2008年7月11日 (金)

携帯電話

 平成20年7月11日(金) 携帯電話
ソフトバンクモバイルからiPhoneが発売されたと言う話題に沸いた1日でした。

0711_1

携帯電話も登場以来次々に進化し、最新の物は携帯電話というよりは、何だか別の物のようにも感じます。この先どこまで進化するのでしょうか?

私が携帯電話を持ち始めたのは14年前です。

その頃の携帯電話は、今のようなデジタル通信ではなくアナログ通信で、高速道路を走行中に通話するとノイズが入りました。

電話番号も今のような11桁ではなくて、全て“030”で始まる10桁で、160km以上はなれた場所にいると、「おかけになった電話は、160kmを超えるところにいますので、最初に040を付けてダイヤルしてください」とか言うメッセージが流れました。

それが時代の流れと共にアナログ通信のサービスが終了し、液晶画面に漢字が表示されるようになり、更にはそれがカラーになり、いつしかメール機能が追加され、WEBやらテレビやらあれもこれもと言う感じで、本来の電話機能が薄れて行った様な印象を受けます。

そもそも私達が若かりし日、友達の家に電話をするのは大変な事でしたね。

基本的には友達の親が電話に出るので、「○○と申しますが、△△君はいらっしゃいますか?」等と慣れない言葉を必死に使って電話をしたものです。

これが友達ならばその程度で済みますが、好きな女の子の家に電話をするのはもっと大変でしたね(笑

電話機の前で気合を入れて、重たい受話器を持ち上げ、ダイヤルを回しながら(もちろん黒電話です)「誰も電話に出ないでくれ」なんて考えながら電話をしました。

まあ、そういう時は決まって向こうのお父様が電話に出られるわけで(笑)その時の緊張はMAXに達します。

首尾よく繋いで頂けても、次はまた違う緊張が待ち受けているわけですね(笑

またそれで約束を取り付けても、待ち合わせも大変でしたね。

今のように携帯電話が無いので、ちょっと遅れそうな時に予め連絡を入れたり、なかなか来ない奴に催促の電話を入れたりという事が出来ません。つまり相手が遅れて来ると、延々と待ちぼうけを食らわされるわけです。

私は待たされるのが大嫌いだったので、待つのは3分と決めていました。3分待って相手が来ない時は家に帰ります。遅れる方が悪いのです。

が、しかし、相手が女の子だとそういうわけにも行きません。でも待つ事が大嫌いだし、何故か女の子は時間通り来ない^^;

そこで相手が女の子の場合は、必ず家まで迎えに行ってましたね。

もちろんここでも相手の親と顔を合わせなければならないのです^^;

そんなのは当たり前の時代でしたので、みんな最低限の言葉遣いや礼儀はわきまえていました。が、今の子供達などうだろう?

電話一つまともに出来ない子が多いですね。

息子には中学卒業まで携帯電話を持たせていなかったので、友達は家に電話をして来るのです。

しかしだ、言葉遣いが悪いと言うか、口の利き方を知らないというか、いったい何回怒鳴った事か(笑

便利な機械を開発するのは大いに結構な事だし、それによって我々の生活が便利になるのはとても良い事です。

しかしそれを扱う側が、機械に頼りすぎて、人間が本来持つべきコミュニケーションを失ってしまっては、本末転倒です。

2008年7月10日 (木)

トレ坂

 平成20年7月10日(木) トレ坂
昨年の秋口に、麦秋館仲間のFISH君の友人のmasaさんとお会いして、その時に彼が「(自転車で走るのに)平坦な道ばかりでは面白くない」と言っていました。

その時の私は、平坦な道ばかりを選んで走っていましたし、何を好き好んで上るのが辛い坂道を登る必要があるのかと思っていました。下り坂は好きでしたが(笑

事実昨年の12月に箱根のふもとまで行って、坂を目の前にして帰って来ています。

もっともその時は、そこまでの緩やかな坂で足が終わってしまったと言う悲しい事実がありますTT

そんな坂に弱い体質に鞭を打って挑戦したのが宮ヶ瀬湖までの登坂でしたが、今でこそ単なる通り道にしかならないようなその坂も、その頃は死ぬ思いで上りました^^;

年が明けて箱根旧道の坂に挑戦しましたが、上り切ったと言うよりは、上までたどり着く事が出来たというような内容でした。

そんな坂に弱い自分が悔しくて、せめて人並みに坂を上りたいと思いながら、この頃から坂道への挑戦が始まります。

そして通勤の帰り道に、ほんの少しだけ寄り道(往復で13km)して、トレーニングに丁度良い坂を発見。

0710_1

境川自転車道の藤沢寄り、小雀浄水場までの水道道を南向きにくぐった先の立石橋を左に曲がります。

0710_2

藤沢翔陵高校のグラウンド(学校とは離れている)と西部水再生センターの間を抜ける道の先に坂が待ちかまえています。

0710_3

坂は約400m程度ですが、これがなかなかきついのですよ。

特に名前のあるような道でもなく、勝手にトレ坂と名付けていますが、本当にトレーニングには最適の坂でした。

はい。過去形です。

最近ちょっと物足りなくなってきたのです。

これが脚力が上がって物足りなく感じているのならば、それこそ願ったり叶ったりですが、もし何度も上るうちに要領を得てしまったのならば、それはちょっと考え物です。

しかし仕事の帰りに気軽に、と考えると、なかなか良い場所がないのも現実です。

これ以上はいよいよ毎週湘南平にでも通わないといけないみたいですね。

2008年7月 9日 (水)

限定解除

 平成20年7月9日(水) 限定解除
今日は二輪ネタ。

最近私の周りで二輪車に乗り始める人や、買い換える人が増えています。

私自身も二輪は大好きだし、長期に渡って乗っていましたので、これはとても歓迎出来る事です。

かつては二輪車イコール暴走族という見方をする人が多くて、二輪車と言う趣味は決して良い趣味とは見られない所がありました。しかし多くの“大人”がこれに興味を抱き始める事で、かつての暴走族というイメージは払拭され、大人の趣味と言う意味合いが強くなって来たように思います。

実際に暴走族も減りましたね。

それでは私自身、また二輪に乗りたいかと問われれば、乗りたいです。

乗りたいと言いながら、多分乗らないでしょう。

それには三つの理由があり、先ず一つ目の理由は、今は自転車がメインになっている事。

二つ目は金銭的余裕が全く無い事。

しかしこの二つは時間と経済的に余裕が出れば可能ですね。

問題は三つ目の理由です。

簡単に言うと免許制度改正によって、モチベーションが下がってしまった事です。

現在の自動二輪免許は、大型二輪免許と普通二輪免許に分かれます。

0709_1

大型二輪免許は排気量が400ccを超える二輪車に乗る事が出来る免許で、18歳以上が取得できます。

普通二輪免許は排気量が400cc以下の二輪車に乗る事が出来、16歳以上で免許が取得できます。

私が問題にしているのは、大型二輪免許が教習所で取れると言う事なのですよ。

私が大型二輪免許を取ったのは旧免許制度の頃で、大型二輪に乗るためには各都道府県の運転免許試験場に行って、二輪大型の実技試験、いわゆる限定解除審査を受ける以外に道がありませんでした。

この制度は元々暴走族取締りの目的で1975年に制定され、以後21年間ライダー達が大型二輪に乗るための障害になっていました。

またこの試験は、「日本一難しい試験」とか「東大合格より狭き門」等と言われるほど合格率の悪い試験でした。

事実、1桁回数の受験で合格する人は稀で、大体20回前後受験をしてやっと合格すると言うのが当たり前でした。

0709_2

神奈川県の場合は1回の受験者数が70~80人位で、それを4台の試験車に分けて試験を行います。

また試験コースは3つあり、それぞれスタートしてから外周を走り、試験官のいる採点塔がある小高い丘に登り、坂道の途中で止まって、コース番号、受験番号、氏名、生年月日を大声で試験官に告げます。

そして試験車のタンクに固定されたスピーカーから合図の声が聞こえると、坂道発進をして試験続行となりますが、初めて受験する人の多くがここで「今日はこれまで」と言われてしまいます。;;

全員の試験終了後に試験車番号別に集められ、最初にその日の合格者を告げられます。(大概1~2名)

それ以外の人は当然不合格なので受験票を返してもらいますが、その時には試験官からのきつい一言が添えられます。TT

「練習してから来い」「大型二輪免許はいらないだろ」「へたくそ」等々、次回の受験意欲を意図的に削いでいるとしか思えない事を言われます。

なかなか受からない試験。しかも試験官から罵声を浴びせられ、多くの人は志半ばで脱落して行きました。

私も正直なところ、7~8回目位が精神的に辛かったですね。このまま無免許で通そうかと思ったほどでした。あ、その時既に750ccに乗っていましたので^^;

そして16回目の受験で始めて完走。同時に合格となりました。

他に合格者がいなかったので、ただ一人皆の拍手を浴びて、感無量でした。

一切終了後別室に呼ばれ、免許の裏に「自二車限定解除」「神奈川県公安委員会」のハンコを押してもらい、晴れて堂々と(ここ大事です)二輪に乗れるようになりました。

0709_3

そんな頃でしたので、大型二輪に乗っている人は「限定解除ライダー」と呼ばれ、中型二輪や小型二輪に乗っている人からは憧れの眼差しで見つめられ、限定解除ライダー達も半端な走り方はしませんでした。

見た目にも大柄で、エキゾーストノートも低く太く、圧倒的な存在感で他を圧倒し、羨望(せんぼう)の的だった大型二輪に乗る事はとても心地よかったし、圧倒的な動力性能の差を見せ付ける事が快感でした。

それが大型二輪に乗る自分自身のステータスでもあったし、プライドでもありました。

しかし免許制度改正によって、そのステータスやプライドが一気に削がれたのです。

仕事を休んでまで必死に通った試験場。挫折を乗り越えて勝ち取った限定解除。そうまでして取った免許が、1996年8月から教習所で取れるようになったのです。

限定解除審査の壁に尻込みしていた連中が、我々と肩を並べてしまったのですよ。

限定解除ライダーの多くは、大型二輪に乗るからには走り方も大型の走りと、皆が気合いを入れて乗っていたのに、ある日を境に昨日まで中型二輪でタラタラ走っていた連中が、教習所で免許を取って大型二輪でタラタラ走るようになったのです。

この現実を見た瞬間、二輪の乗り続ける理由が無くなったような気がしました。

悪い言い方をすると、教習所ライダーとは一緒の走れねぇだろ!と。

もちろん教習所で大型二輪免許を取得するのが悪いとは言いません。折角そう言った制度が出来たのだから、大いに利用して大型二輪の素晴らしさを味わって欲しい。

でもね、かつて限定解除ライダーと呼ばれた、見栄の塊の、しかし気合いも誰にも負けない連中がいた事は忘れないで欲しい。

2008年7月 8日 (火)

梅雨明け?

 平成20年7月8日(火) 梅雨明け?
天気予報を見ると、今週末にでも梅雨明けしそうな気がします。

0708_1

単なる希望的観測かな。

もし今週末に梅雨明けしたとして、梅雨明け十日と言われるように、夏休みに入るまでの間は晴れの日が続く事になります。

そうなるとここで有休を取って遊びたい所ですが、何故か来週から2週間は研修期間で、休むどころか毎朝5時出勤の日が続きます。

折角の梅雨明けでも、朝暗いうちに家を出て、帰宅も暗い中ですか(+_;)

ここは知恵を絞って研修から逃げるか(笑

2008年7月 7日 (月)

水分補給

 平成20年7月7日(月) 水分補給
朝から天気が崩れたせいで、週末ほどは気温が上がらなかったものの、相変わらず蒸し暑いですね。

こう蒸し暑いと、気をつけなければならないのが熱中症です。

最近では汗をかいたら、あるいはスポーツをする時はなるべく水分を取りましょうと、あちらこちらで水分補給の大切さを訴えられていますが、それでは何故水分補給が大切なのでしょうか。

人間に限らず動物はそれぞれ適正な体温を保つ必要があります。

ところが動く事により、エネルギーを燃焼させるので、体温が上がります。

その上がった体温を冷却するために汗が出ます。

ここまでは、なるほどよく出来ているもんだと感心していても良いのです。

問題は、かいた汗によって体内の水分が失われる事なのです。

人間の体はその60%以上が水で出来ていると言われますが、わずかでも水分が失われると体に以上をきたすらしいです。

以下、失われた水分量によって体に及ぼす異常現象です。

1%: 喉が渇く
2%: ぼんやりする、食欲がなくなる
4%: 疲労、吐き気
6%: 頭痛、手足のしびれ、脈拍呼吸が上がる
10%: 失神、けいれん、腎機能不全
20%: 死亡

運動をして汗をかくと、体重が減ったと喜ぶ人がいますが、実はそれはとんでもない間違いで、体重が減る時点で既に体に異常が起きていると考えた方が正解です。

0707_1

常に体に適正な水分を保つためにも、水分を補給するタイミングを覚える事も大事です。

例えば喉が渇いたからといって、水をがぶがぶ飲むのはタブーです。

理想は運動前にコップ1~2杯の水を飲み、1時間毎に500mℓ~1ℓの水を補給。それも一気に飲むのではなく、15~20分に1回程度、コップ1杯程度補給するのが良いらしいです。

更に運動が長時間(3時間以上)に及ぶ場合は、1ℓの水に0.1~0.2%の塩分を含ませると一層効果的です。スポーツドリンクなどの成分表示によると、100mℓあたりナトリウム40~80mgが目安になります。

また4~8%の糖分が含まれていると更に良いらしいです。

具体的には、1ℓの水にティースプーン半分の食塩と角砂糖数個を溶かし、5度~15度に冷やして飲むと最も吸収が良いらしいです。

とまあ、こんな具体的な数字が一般に出て来たのは最近の事で、私が中高生の頃の運動部は、練習中に水を飲んではいけないと言う考え方が一般的でした。

またエネルギー補給に関しても、最近ではコンビニで色々な物が購入出来ますが、私が中高生の頃は世の中にコンビニという物が無く、自転車で長距離を走っても食堂を見つけるまで補給無しで走り続ける事が当たり前でしたし、吸収が良いとか悪いとかと言う事は、その人の胃袋の強さに寄る所でした。

しかし最近の発達した情報のお陰で、私のようなヲジサンでも自転車で長距離を走れるようになったわけですから、時代の進歩を感じますね。

2008年7月 6日 (日)

同窓会

 平成20年7月6日(日) 同窓会
私が卒業した東京都港区立芝小学校が、創立130周年の同窓会をやるという噂を聞き、参加してきました。

0706_1

私の卒業後、一時は全校生徒数が100名程度まで減少する事もあり、廃校という話まで出たようですが、現在では全学年で9クラスと、徐々に子供も増えてきているようです。

私の卒業後、100周年を記念して校舎を建て替え、すっかり様子が変わっていますが、私たちが残した卒業記念品は残っていました。

0706_2

自分で何処を作ったのかは全く覚えていませんが、みんなで銅板を加工して作った校舎の絵です。

今日の同窓会には、私の同級生は7人集まりましたが、皆、正月にあったメンバーばかりです。^^;

そして抽選会があり、予期せぬラッキーが。

0706_3

みんなが言うのはとっても良いものらしいですが、何だこれは@@;

子供にくれてやるか。

2008年7月 5日 (土)

暑い

 平成20年7月5日(土) 暑い
いやあ、暑かった。

私はね、寒いのは平気なんです。だけど暑いのは極端に苦手なんです。

だからここまで暑いと動くのが嫌になります。と言うよりも、動けなくなります。

動物が冬眠するように、私も夏眠がしたい(笑

まあ、しかしですね、暑いだの何だのと言いながら、少しの空き時間でもあると自転車に乗って出掛けてしまうのです。

よりにも寄って一番暑い時間帯の1時過ぎに家を出て、そのまま南風が吹く中を南下します。

0705_1

しかしどうしたわけでしょうか? 江ノ島に近付くと空気が冷んやりしています。

江ノ島全体に霧がかかったようになっています。

0705_2

地元の漁師さんに、この現象は何と呼ぶのかと聞いた所、「霧だよ」と簡単に答えられてしまいました(笑

なんかもう少し気の利いた呼び方って無いものでしょうかね?

たとえば、島霧とか海霧とか、湘南霧ってどうだ?

2008年7月 4日 (金)

七夕

 平成20年7月4日(金) 七夕
今日は独立記念日のためお休みです。

朝起きた時に降っていた雨も昼前には晴天に変わり、日差しが私を誘います。

世間一般的には平日という事もあり、観光地でも空いているので、出掛けるにはもってこいです。

丁度良く今日から4日間、平塚で七夕祭りが開催されていますので、ちょっと覗いてみました。

0704_1

♪七夕の飾りはゆれて♪って、これは杜の都仙台ですね。

七夕というと青葉城恋歌。世代がばれてしまいます(笑

折角平塚まで行ったわけですから、あ、もちろん自転車です(笑)ちょっと寄り道して湘南平に上ります。

0704_2

前回のタイム9分54秒を何処まで短縮出来るか。

上っていて気が付きましたが、6月15日の日記で左側にパンダと書いた奴、実は右側でした。><

0704_3

左と思い込んでいたのでしょうか?

それとも、ここは一番きつい所なので、酸欠で意識がもうろうとしていた?

まあ、とりあえず前回よりも46秒短縮の9分8秒です。

0704_4

8分台まではいけそうですが、それ以上はぶっ倒れる覚悟が必要ですね。

若い頃ならば、後先考えずに一気に登り切って、しばらく酸欠で身動き取れずに苦しんでいるという事もあるでしょうが、さすがにこの年になると帰りの体力を残しておくとか、無理しない程度にとか、年を取る毎に面白味のない人間へと変化していきますね(苦笑

それにしてもこの坂を5分台で上る奴って、いったいどんな体力なんだろう?

2008年7月 3日 (木)

スネ毛

 平成20年7月3日(木) スネ毛
この春からスネ毛を剃る習慣ができました。理由は後述。

先ずスネ毛を剃るに当たって、かみそりで剃るのか、あるいはシェーバーで剃るのかを考えます。

本当は風呂場でかみそりを使って剃るのが一番きれいに剃れますが、これはヲジサンの皮膚には大きなダメージを与えます。事実昨年末には太ももの皮膚が荒れ、皮膚科に行ったところ「ナイロンタオル皮膚病」とか言う病名を告げられました。

これはナイロンタオルで体を洗うと体の表面の傷つけてしまい、若い人は直ぐに回復しますが、年を取ると回復し辛くなり、その結果肌荒れを起こすものだそうです。

まあ、間接的に年を取ったと告げられたわけですね。;;

つまり風呂場でかみそりを使うのは肌にリスクを負う事になりますので、シェーバー以外の選択肢がなくなります。

かしその時に使っていたシェーバーが、何年も刃を替えないで使っていたため、いい加減切れ味が悪くなり、替刃を買ってこようとしたところ、その値段の高さに驚いてしまいました。内刃と外刃で4~5千円位でしたね。

そこでいっそ買い換えてしまおうと思い、色々調べていると面白い事を発見。

深剃りがきくという宣伝文句のブラウン製品は、誰もが認めるほど良く剃れるらしいですが、肌の弱い人には向かないらしいです。その点国産製品は、多少の剃り残しはあるものの肌には優しいと言うことなので、ここは迷わず国産品をチョイス。

0703_1

刃を買うより安物ですが、なかなか評判が良かったのでこれに決めました。

さて、それでは何故スネ毛を剃る必要があるのかという事ですが、それはロードバイク海苔の常識? まあ、私はマナーとして捉えていますが・・・

実はロードバイクに乗るほとんどの人はスネ毛を剃っています。

これには諸説あって、「マッサージを受ける時の邪魔になる」とか「怪我をした時の治療の妨げになる」あるいは「空気抵抗を減らすため」等と言われていますが、実際にはツール・ド・フランスを走るようなプロのレーサーでさえ「理由は分からない。ただこれが伝統」としか答えられないようです。

ただし私個人的には、汚い物を他人の目にさらさないためのマナーとして考えています。

10代の人やスポーツ選手のように、爽やかイメージが先行する様な人ならいざ知らず、我々オジサンたちは存在そのものを汚物扱いされる事もあるくらいですから、そいつらがスネ毛をさらすなんて考えただけでもオゾマシイ光景です。

ですから、最初は剃る事に凄く抵抗がありましたが、他人に不快感を与える事の方がもっと抵抗があるので、きれいに剃るようになりました。

女性の無駄毛処理と同じような理由ですね。

そんなわけで自転車に乗る前にはせっせと剃っています。が、職場に着いて鏡を見ると・・・@@;髭を剃り忘れた、と言う事もしばしば^^;

無駄毛といえば私の妻は分葱(わけぎ)と脇毛(わきが)の区別が付かないようで、私が冷奴を食べるために分葱を探していたら、大爆笑されてしまいました。

豆腐に脇毛はかけませんから^^;

2008年7月 2日 (水)

原油高騰

 平成20年7月2日(水) 原油高騰
原油価格の高騰に歯止めがかからないみたいですね。

0702_1

ガソリンスタンドに掲げられている燃料の価格を見ると、驚きを通り越して笑いが出てきますよ。ホントに。

原油価格だけを見ると、単純に去年の今頃の2倍です。

0702_2

私の車の燃料は軽油のため、私自身ガソリン価格には疎いのですが、昨年の今頃の軽油価格は1ℓ辺り100円以下でした。しかし今は1ℓ辺り150円以上と、1.5倍以上に跳ね上がっています。

一応参考までに。原油価格が2倍で、軽油の値段は1.5倍?と思われるかもしれませんが、その差額のほとんどは税金ですから。

さて、私は昨年夏より自転車通勤を始めました。当初の目的は健康増進のためです。そして面白いように体重が減って行くので、すっかり自転車通勤が定着してしまいました。

これが実にタイミングが良かったみたいで、燃料代の上昇にあわせて自転車通勤の回数が増えていく感じでした。

お陰で昨年の夏頃には月に2回給油(概ね75ℓが2回で1万5千円)していたのが、現在では月1回の給油(50ℓ強で7500円)と、燃料代高騰と反対方向に行ってます。

もし今でも車で通勤していたならば、単純計算で22500円の出費になるので、その現在の実際の出費との差額は1万5千円ですよ。

それこそ限りある化石燃料を燃やさずに、無尽蔵にある体脂肪を燃やしての節約ですから、環境にもお財布にも優しいのです(笑

さて、次は何を節約しようか。

2008年7月 1日 (火)

折り返し

 平成20年7月1日(火) 折り返し
今日は今年に入ってから183日目です。

今年はうるう年なので、今日で丁度半分になるわけです。そして明日から後半が始まります。

どうでもいい事のように思えて、個人的には大事な節目に当たります。

それは年頭に今年は自転車で1万km走ると決め、その折り返しに当たる日ですから、どうしても今日中に半分の5千kmを超しておきたいのです。

また、この目標は大技が使えないので、例えば一気に千km走るとか(笑)、だから毎日の積み重ねがとても大事なのです。

0701_1

だから早く起きた日は遠回りをして出勤します。

境川自転車道を北上し、東名高速のガードをくぐった所で、今度は東名高速沿いを厚木方面に走ります。

0701_2

往路19.6km

ちょっと控えめな距離ですが、出勤と言う事で妥協。

そして帰り道は江ノ島へ。

0701_3

正確に言うと、江ノ島が見える片瀬漁港ですね。

これでとりあえず今年の前半は5004.1kmを走って折り返しました。

後183日で5000kmです。頑張ろう。

走行距離: 60.81km
走行時間: 2時間28分31秒
平均速度: 24.6km/h

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »