bijin-tokei

無料ブログはココログ

« トレ坂 | トップページ | ワイヤー交換 »

2008年7月11日 (金)

携帯電話

 平成20年7月11日(金) 携帯電話
ソフトバンクモバイルからiPhoneが発売されたと言う話題に沸いた1日でした。

0711_1

携帯電話も登場以来次々に進化し、最新の物は携帯電話というよりは、何だか別の物のようにも感じます。この先どこまで進化するのでしょうか?

私が携帯電話を持ち始めたのは14年前です。

その頃の携帯電話は、今のようなデジタル通信ではなくアナログ通信で、高速道路を走行中に通話するとノイズが入りました。

電話番号も今のような11桁ではなくて、全て“030”で始まる10桁で、160km以上はなれた場所にいると、「おかけになった電話は、160kmを超えるところにいますので、最初に040を付けてダイヤルしてください」とか言うメッセージが流れました。

それが時代の流れと共にアナログ通信のサービスが終了し、液晶画面に漢字が表示されるようになり、更にはそれがカラーになり、いつしかメール機能が追加され、WEBやらテレビやらあれもこれもと言う感じで、本来の電話機能が薄れて行った様な印象を受けます。

そもそも私達が若かりし日、友達の家に電話をするのは大変な事でしたね。

基本的には友達の親が電話に出るので、「○○と申しますが、△△君はいらっしゃいますか?」等と慣れない言葉を必死に使って電話をしたものです。

これが友達ならばその程度で済みますが、好きな女の子の家に電話をするのはもっと大変でしたね(笑

電話機の前で気合を入れて、重たい受話器を持ち上げ、ダイヤルを回しながら(もちろん黒電話です)「誰も電話に出ないでくれ」なんて考えながら電話をしました。

まあ、そういう時は決まって向こうのお父様が電話に出られるわけで(笑)その時の緊張はMAXに達します。

首尾よく繋いで頂けても、次はまた違う緊張が待ち受けているわけですね(笑

またそれで約束を取り付けても、待ち合わせも大変でしたね。

今のように携帯電話が無いので、ちょっと遅れそうな時に予め連絡を入れたり、なかなか来ない奴に催促の電話を入れたりという事が出来ません。つまり相手が遅れて来ると、延々と待ちぼうけを食らわされるわけです。

私は待たされるのが大嫌いだったので、待つのは3分と決めていました。3分待って相手が来ない時は家に帰ります。遅れる方が悪いのです。

が、しかし、相手が女の子だとそういうわけにも行きません。でも待つ事が大嫌いだし、何故か女の子は時間通り来ない^^;

そこで相手が女の子の場合は、必ず家まで迎えに行ってましたね。

もちろんここでも相手の親と顔を合わせなければならないのです^^;

そんなのは当たり前の時代でしたので、みんな最低限の言葉遣いや礼儀はわきまえていました。が、今の子供達などうだろう?

電話一つまともに出来ない子が多いですね。

息子には中学卒業まで携帯電話を持たせていなかったので、友達は家に電話をして来るのです。

しかしだ、言葉遣いが悪いと言うか、口の利き方を知らないというか、いったい何回怒鳴った事か(笑

便利な機械を開発するのは大いに結構な事だし、それによって我々の生活が便利になるのはとても良い事です。

しかしそれを扱う側が、機械に頼りすぎて、人間が本来持つべきコミュニケーションを失ってしまっては、本末転倒です。

« トレ坂 | トップページ | ワイヤー交換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話:

« トレ坂 | トップページ | ワイヤー交換 »