bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 本物 | トップページ | 留守番 »

2008年7月19日 (土)

梅雨明け

 平成20年7月19日(土) 梅雨明け
週末毎に坂を上る習慣が付いてきたみたいですね。

とは言っても、先週と先々週は湘南平なので、「上った!」と言うには少々高さが足りないかな? 辛さは高さ以上の物がありますが(笑

今日は夕方あたりまで時間が空いていますが、昨日の天気予報だと凄いマークが付いていましたので、時間的猶予は昼までとします。

0719_1

オレンジの太陽マークは誰が見ても晴れだよな。

赤いのはなんだ?

これが出て来る前に帰らないと、なんだか危険な目に遭いそうです。

なので今日は長距離を諦めて、ぶらっと箱根旧道です。

0719_2

何を隠そう、いや、何も隠しませんが、最近は2ボトルなのですよ^^v

前側のボトルはスポールドリンク入りの500ccで、後側は500ccのペットボトルに水を入れ、凍らせた物を100均で買ったボトルカバーに入れて持って来ています。

ところが今日は3連休の初日という事で目立ってバスが多く、車のすれ違いで道をふさがれて待たされる事数回。上り始めてからわずか数キロでモチベーションダウンです。

しかししばらくすると前を走るローディー(ロードバイク乗り)をパス。まさか上り坂で誰かを抜くなんて、夢にも考えていなかったので、抜いたからには追い付かれたらみっともないという思いから、足に力が入ります。

余計な努力のお陰で、旧道名物?七曲がり(ヘアピンカーブが12回続く)手前でボトルの水が空になります。しかも、凍らせたペットボトルの水が溶けない><

七曲がりの九十九折りを抜けると見晴らし茶屋があるので、そこの自販機で水を購入しようとするも、無情にも見晴らし茶屋には自販機がない;;

灼熱の太陽が照りつける中、水分の補給が出来ないまま上り続けます。

甘酒茶屋が見えた時には、もうこれ以上の上りはないはずと勝手な勘違いをし、水分補給をしないまま更にお玉が池まで上る羽目にTT

0719_3

結局水分が取れたのは芦ノ湖に着いてからです(笑

それでも何とか1時間を切って上っていますが、約10kmの激坂の半分を、水分の補給無しで上ったわけですから、これが体に応えないわけがありません。

0719_4

多少熱中症気味だったので、木陰で水を飲みながら長めの休憩です。

しかしあれだ。AUのRun&Walkは100km以上では使えませんね。大体4~5時間でバッテリーが切れます。

前回は予備のバッテリーを持って来ていたので、途中で取り替える事が出来ましたが、今日は持って来るのを忘れてしまったため、途中で携帯の電源が切れたままになってしまいました^^;

200kmを超えると使い物にならないな。

いつもは1号線を下っていましたが、今日は早く帰りたいのでそのまま旧道を折り返します。

0719_5

坂を下りながら、よくこんな傾斜を上ってきた物だと感心しながら、もしこれが初めて通る道ならば、絶対に上ろうとは思わない坂だと感じました。

しかし本当の試練は小田原に下ってからでしたね。

水分補給が出来なかった影響で軽い熱中症になり、日差しが無茶苦茶応え、フラフラになりながらの帰宅です。

本日補給した水分は4.5㍑でした。凄い量だな(笑

走行距離: 125.33km
走行時間: 5時間22分23秒
平均速度: 23.3km/h

« 本物 | トップページ | 留守番 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け:

« 本物 | トップページ | 留守番 »