bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 終戦記念日 | トップページ | 車検 »

2008年8月16日 (土)

オリンピック

 平成20年8月16日(土) オリンピック
北京オリンピックもそろそろ終盤になってきたのかな?

良い結果を残せた人や、そうでない人。メダルを取った人。世界記録を出した人。

特に日本の柔道は、金メダルを取る事が期待されていますので、銀以下で笑顔は見られませんね。これこそ勝負の世界の厳しさが表れています。

若かりし日に流行った言葉、「2位以下はリタイヤと同じだ」を思い出しました。

結果を残せなくて悔し涙を流す人もいれば、最高の結果に感極まって涙ぐむ人もいます。

でも勝負の世界と言う事で、あえて厳しく言わせて頂ければ、「負けて悔し泣きをする位ならば、泣きながら戦ってでも勝て!」と言いたい。

これは私が先輩から言われた言葉なんですね。

ある意味座右の銘にもなってるのかな。

何もスポーツなどの勝負事に限った事ではなくて、一人で勝手に決めた目標に対しても同じです。

例えば2月に自転車で箱根旧道を上った時、その頃は体力もままならず、とても上れるような自信はなかったのですが、兎に角挑戦しようと思ったのです。

しかし案の定、あまりにも坂がきつくて、途中で何度も引き返そうと思いました。

誰かに宣言したわけでもなく、上り切った先に用があるわけでも無し。行く必要もなければ、帰ったところで何の問題もないわけです。

でも自分で行こうと決めたんですね。それが途中で挫折すると言う事が、絶対に後で悔やむだろうと思ったのです。

「挫折して、帰ってから悔しい思いをする位ならば、泣きながらでも上ってやろうと」

オリンピックの選手のように国を背負って戦っているわけではありませんが、自分に負けたくないという気持ちはオリンピック選手にも負けないつもりでいます。

あ、でも挫折した物もあるな。

0816_1

AUのRun&Walkだ。

1位になった途端にモチベーションが落ちました^^;

大体このアプリ、起動速度が遅すぎる。

それからバッテリーがせいぜい120km走る程度しか持たないので、全く役に立ちません。

今後はタイムトライアルの計測用に格下げですね。

まあ、走る事を止めるわけでもなく、単に使えないアプリ使用を止めるだけですから、問題はありませんね。

« 終戦記念日 | トップページ | 車検 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック:

« 終戦記念日 | トップページ | 車検 »