bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

ウォーキング

 平成20年9月30日(火) ウォーキング
昨日に引き続き、今日もはっきりとしない天気でしたが、妻は喜んでいました。

と言うのも、今日は小学校の授業の一環で、学校から鎌倉まで(約18km)歩いて行くと言う授業があり、妻はその引率に当たっていたのです。

しかし如何に授業の一環と言えども、18kmも歩かせるのはどんなもんでしょうか?

私だったら絶対に歩きませんね。つくづく小学生じゃなくて良かったと思います(笑

でも自転車だと大した距離じゃないんですよね。それでは18km歩く体力で自転車を漕ぐと、いったい何キロ位走れるのでしょうか?

実はですね、これは個人的に物凄く疑問に思っていました。

0930_1

毎年夏の終わりに24時間テレビと言う番組が放映され、毎回芸能人が100kmマラソンに挑戦します。

まさに24時間で100kmを走ると言うとんでもない企画なのですが、もし自転車で24時間走ったら、いったい何キロ走れるだろうかと考えたのです。

もちろんプロの自転車選手や超健脚さんは600km以上走ると思いますが、一般人の体力だと400km程度でしょうか?

そうすると、歩くのと同じ時間自転車を漕いだ場合、4倍程度しか進まない?

疲労の度合いはどちらが上?

それは考えるまでも無く、マラソンで走り続けた方が激しく疲労しますよね?

そんな事を考えつつ、もし24時間歩き続けたら?と考えると、一般的な歩行の速度は時速4kmで、それで20時間歩いて4時間休憩すると・・・88kmですね。

もう少し頑張ると100kmだ。

そう思うと、100kmマラソンって途方も無い挑戦の様に思っていましたが、早歩きで行けるんじゃね?と思ってしまいました(笑

早速地図を広げている自分がいたりして(笑

でも歩きませんよ。絶対に。

・・・誰か24時間一緒に歩きませんか?(爆

2008年9月29日 (月)

富士山麓

 平成20年9月29日(月) 富士山麓
しばらく雨が続くみたいですね。

毎度毎度の事ながら、雨が続くと自転車用の雨具が欲しくなります。

しかし未だに買っていないのは、値段があまりにも高いからです。

また、自転車通勤者の間では、雨の日くらいは足休めのために、電車や車で通勤するという考え方が一般的ですから、私もそれに倣っていましたが、今後長距離のブルベに挑戦していく事を考えると、雨に日の通勤は悪条件の中を走る良い練習になるような気がします。

まあ、何れにしても先立つものが無いので、この話は置いておきましょう。

ところで、夏の暑い日であれば、帰宅後にはビールをぐびぐびと飲みたくなります。

しかし最近のように涼しくなってくると、ウイスキーのロックが美味しくなります。

0929_1

最近気に入って飲んでいるのは、キリンの富士山麓です。

もちろん一番気に入っている所は、その庶民的な価格です(笑

昨年・・・だったかな?これを買った時に、おまけでグラスが付いて来て、よく見るとこのグラス、そこに琥珀色の富士山があります。

0929_2

なかなか粋な細工をしますね^^

やっぱり日本人は富士山だよな。

2008年9月28日 (日)

彼岸花

 平成20年9月28日(日) 彼岸花
妻が仕事のため今日も子守です。

境川自転車道を通勤していて、今月初め頃からキバナコスモスが目立つようになりました。

そして最近では彼岸花が咲き乱れ、ついには秋桜も咲くように。

いよいよ秋なんだと感じています。

しかし何だ。秋桜とか彼岸花(曼珠沙華)と言うと、山口百恵を思い出すのはそう言う世代だから?

♪淡紅(うすべに)の秋桜が秋の日の♪♪曼珠沙華 恋する女は 曼珠沙華 罪作り白い花さえ真紅(まっか)に染める♪

さて、彼岸花と言えば近所に彼岸花で有名なお寺があります。

0928_1 

大和市福田の常泉寺と言って、河童のお寺としても有名です。

0928_2

本来は拝観料を払ってまで花を見に行くような人間ではなかったはずですが、自転車に乗るようになってから自然をより身近に感じるようになったのか、季節毎の情緒ある風景みたいなものがとても価値あるものに感じるようになりました。

0928_3

境内にはたくさんの彼岸花が咲いていて、中には白いものもあります。

0928_4

そして実は見つける事が出来なかったのですが、黄色い彼岸花も3本程度咲いているそうです。

0928_5

何だかすっかり秋になってしまいましたね。

次は紅葉かな。

それにしても百恵ちゃんはいいなあ^^



マイクを置く所

2008年9月27日 (土)

見送り

 平成20年9月27日(土) 見送り

本来ならば今日は下田あたりまで走る予定でした。

ところがゴチャゴチャと色々あって、妻が仕事になってしまったので、私の留守番が決定。

しかし9時までは猶予があるので、せめて見送りだけでもと思い、集合場所の大磯駅を目指します。

国道1号線に合流する少し手前のメルシャンの工場を過ぎた所で、プーンとワインに良い香りがするではありませんか。

0927_1

ここに工場がある事は知っていましたが、ワインの香りがしたのは初めてです。

そして西に向かって走り続ける事約30km、いつも通っている湘南平が平塚市と大磯町にまたがっている事は知っていたので、湘南平を過ぎた辺りで道路標識を気にしていると

0927_2

あったあった。

これがなかったら小田原まで走る所だった。

何しろ電車の駅が何処にあるのかなんて、全く知りませんから^^;

始めて来る大磯駅前はとてもローカルな駅でした。

駅前には怪しげなモニュメントが・・・「大樹」と言うらしいです。

0927_3

町制施行100周年を記念して、平成元年に町在住の彫刻家により制作されたらしいです。

本日伊豆を目指すのはhoriさん、2tomuさん、あおふじさん、PIPIさんの4名。

0927_4

行き先は一応下田方面らしいですが、とりあえずグルメ部長の2tomuの提案で、マリンタウン道の駅で駿河丼を食べる所までは決定しているようです。

つい最近だっちゃんが紹介してたやつだ( ̄¬ ̄) ジュル・・・

そして2tomuさんとは11月一緒に走る事を約束(謎)して、私は孤独な帰路に着きます((( T_T) トボトボ

しかしただ真っ直ぐ帰るのも悔しいので、ちょっとだけ湘南平に寄り道です。

0927_5

写真だとその傾斜が分かり辛いですが、これが湘南平名物(謎)12%直上りの坂です。

この坂、天まで伸びています(嘘

カメラを片手にペダルを漕いでいた割には、そこそこのタイム。

0927_6

8分45秒でした。

先週よりも速かったな。

きっと涼しくなったせいでしょう。

それでも自己ベストには34秒及ばず。

まあ、いいか。私はヒルクライマーじゃないので(笑

しかし涼しくなって空気が澄んで来ると、景色がとても綺麗ですね。

0927_7

馬鹿と煙は高い所が好きと言いますが、馬鹿だって馬鹿じゃない?いや馬鹿は馬鹿だけど、馬鹿が高い所に行くのは単に自分が目立ちたいからじゃなくて、高い所から景色を見たいからなんです。

高い所で景色を見て楽しんでいる者を馬鹿と言うならば、それを知らない者は何と呼べばいいのだろうか?

2008年9月26日 (金)

割れた

 平成20年9月26日(金) 割れた
小泉元総理の政界引退報道を受け、「今度は自身を民営化する」とはよく言ったもんだ。感動した!訳ではないが、笑った(笑

しかしそんな事よりも、国家の存亡を揺るがすような事態が発生した。

0926_1

割れたorz

ヘッドパーツのキャップです。

フロントフォークにアンカーを打ち込み、ハンドルステムと共に締めこむための重要なパーツです。

しかし多分弱っていたんだと思います。軽く締め付けたら水平方向に見事に剥がれる様に割れました。

とりあえずそこら辺に転がっていたワッシャーをかませておきましたが、これが格好の悪い事(笑

0926_2

帰宅後に慌ててサガミサイクルに持って行きました。

0926_3

こちらもそこら辺に転がっていた物と取り替えて頂きました(笑

やっぱり力のかかる部分はカーボンではなくて金属が良いですね。

2008年9月25日 (木)

GEORGE WASHINGTON

 平成20年9月25日(木) GEORGE WASHINGTON
スターズアンドストライプス(米軍の新聞)の号外が出ていました。

0925_1

でかでかとジョージ君の雄姿と性能が記載されてます。

0925_2

全長333mの巨体が東京湾に出現。

0925_3

よく見ると人文字で「はじめまして」と書かれています。

0925_4

下手くそな字だな(笑

0925_5

入港は自力では不可能なので、タグボートに引かれて入港します。

0925_6

実に姿が見えてから入港までに1時間以上もかかります。

0925_7

原子力空母配備に関して様々な意見があると思いますし、私にも個人的な考えがあります。

0925_8

しかしこれがなくなると私は失業します;;

0925_9

難しい問題だよな。

0925_10

2008年9月24日 (水)

1000km

 平成20年9月24日(水) 1000km
BRM920宇都宮1000kmを走っていたMamoさんは完走したみたいです。

そしてnanさんは残念ながら544km地点でDNF(Did Not Finishの略で、F1などの自動車レースでチェッカーを受けなかったと言う意味)となってしまったようです。

まあしかし完走しなかったとは言え、544kmを走ったのは凄い事です。

しかも、DNFを主催者に連絡したところで、誰かが回収に来てくれるわけではないので、自力で帰宅、若しくはスタート地点に戻らなければなりません。

それが日本海が見える所だったというのですから、帰りも戦いですよね。

私だったらその地に住むだろうな(笑

住めばどこも都って言うじゃないですか。

1000kmと言えばこの人も走っていましたね。

こうやって凄い事を成し遂げる人達を見ていると、何だか自分も出来そうな気がしてきませんか?

彼らだって皆、プロのスポーツ選手と言う訳ではありません。

皆社会人として仕事を持ち、家庭を持ち、趣味として自転車に乗っているわけです。

同じ日本で生活し、同じように米を食って生きている。

ただ違う所があるとすれば、彼らはそれなりに経験を積んでいるという事。

それはマニュアルには出来ない、長い時間を経て自らの体で覚えた事。

だから私も経験を積めば、いつか必ず走れるのです。

その日のために頑張ろう!

あっ! その前に資金だ><

2008年9月23日 (火)

秋分の日

 平成20年9月23日(火) 秋分の日
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、最近は蒸し暑い日がなくなり、ややもすると朝晩は肌寒いほどです。

そんな陽気に誘われてか、更に今日は休日と言う事もあって、今朝の境川自転車道はとても賑わっていました。

特に目立ったのは海の方へ向うロードバイクです。

もちろん私は反対方向へ出勤です;;

0923_1

祭日と言う事で、いつも使っている門は閉まっていて、ここから1.7km北の門から入門します。

さて、本日秋分の日の横浜の日の出は5時30分、日の入りが17時37分で、昼の時間が12時間7分です。

秋分の日なのに昼と夜の長さが違う事は以前にも話題にしましたが、秋分の日の定義が地球の公転軌道上の秋分点を通過する日と定められている事と、日の出は地平線上に太陽が出た瞬間で、日の入りは太陽が地平線上に沈み切った瞬間という事なので、秋分の日の昼と夜の長さは同じにはなりません。

今後の春分の日秋分の日の日程についてはこちらにあります。

ちなみに横浜で昼と夜の長さがほぼ同じになるのは9月26日です。

まあ、しかし、日本古来のしきたりとして、お彼岸にはお墓参りという習慣がありますが、お墓参りというと思い出すのが妻の両親がお墓を買った時の事。

「ちゃんと墓参りしておくれよ」と言うので、「早く入ってくれと言いました」

まあ、未だに入る気配がありませんが、そろそろ催促でもしに行こうか(笑

それよりも我が家の墓参りにも行かなければなりませんね。

3月のお彼岸は自転車で墓参りにでも行くか。

大阪なんですが(笑

2008年9月22日 (月)

資金が・・・

 平成20年9月22日(月) 資金が・・・
週末は台風一過の晴天とは行かず、秋の長雨になってしまいました。

その代わり明日からは秋晴れが続くようですね。

「秋晴れ」と聞くと、何かとっても爽やかな気がしませんか?

何処かに出かけたくなりませんか?

味覚を求めるも良し、景色を楽しむも良し。

どうせなら自転車で行きましょう(^O^)と、結局行き着くところが自転車なのは私の趣味ですから。

そしてまた嬉しい事に、今年はあと11日間の有給休暇が残っているのです。

つまり、年内完全週休3日制が可能なわけだ^^

私の職場は年頭に20日間(160時間)の有給休暇が与えられ、年末までの完全消化となっているので、休みきれない分は捨てる事になります。

ですから年末が近付くと、徐々に人が少なくなって来ます(笑


※背景の飛行機は映画トップガンでおなじみのグラマンF-14トムキャット。自転車は赤かった頃の信ちゃん号

ただし、今週は退役したキティーちゃんの代わりにジョージ君が来て、来週にはとんぼ返りのようにジョージ君がお出かけです。

何のことか分からないって? 検索エンジンで「キティー ジョージ」と打ち込めば直ぐに分かります。63(キティー)とか73(ジョージ)と言う数字が出てくれば正解です。

また今月は会計年度末と言う事もあり、しばらく忙しい日が続きそうですが、来月になって落ち着いたら自転車で長距離を目指そうと思っています。


※同じくF-14トムキャット側面。車は現役の信ちゃん号

しかし、とっても重大な事に気が付きました。

自転車で長距離を走るための時間はある。気力もある。体力も多分あるでしょう。と言うより、体力の範囲でしか走ら(れ)ない。だが資金がないTT

結局近場をウロウロするのかな;;

2008年9月21日 (日)

 平成20年9月21日(日) 壁
昨日からBRM920宇都宮1000kmがスタートしている。

これには先日千葉200kmでご一緒していただいたnanさんとMamoさんが参加されているようです。

コースを見てみましたが、正直言って全く地の利が無い所ですから、全く分かりません(笑

ただ栃木県宇都宮市を出発して2回太平洋を見た後、新潟で日本海を見て帰って来ます。

0921_1

昨日の午後に出発して制限時間は75時間ですから、ゴールは明後日頃になるでしょう。

しかし今日の午前中は雨の中の走行だったようで、さすがのnanさんもDNF(リタイヤ)を考えていたようですが、天気が持ち直したのか、17時15分の時点で448km地点の山形県高畠町を走り続けているとの事。

1000kmを自転車で、と言うと、何だか途方もないような距離のように思えますが、Mamoさん曰く、「誰でも走れますよ。走ろうとしないだけなんです」と。

そういえば7月16日に買った、米津一成さんの「自転車で遠くへ行きたい。」と言う本にもにたような事が書いてありました。



長距離には2つの壁があり、1つ目は体力的な壁。2つ目は心理的な壁。そしてこの2つには大きな隔たりがあり、ほとんどの場合は心理的な壁の方が遙か手前にあるらしい。

つまり「無理」と決めつけてしまっているから、長距離を走れないという。

しかし私の場合、その壁が逆になっていたため、3月8日の200km走行では見事に撃沈してしまいました(笑

200km位余裕だと思っていたのですが、150km以降は全く足が動かず、ほとんど惰性で走っていました。

そして金谷から坂がある事を知り、精も根も尽き果てて輪行で帰ってきました。

気合いも大事だけど、自分を知る事はもっと大事だと思い知らされました。

でも今は無性に長距離が走りたいです。しかし資金が無いんだよな^^;

2008年9月20日 (土)

ポタリング

 平成20年9月20日(土) ポタリング
今日は台風通過の影響で、1日天気が思わしくないという予報でしたが、台風は早い時間に過ぎ去り、台風一過とまでは行かないものの、時折日差しが届くような天気でした。

1日家にいる予定でしたが、折角の天気を無駄にするわけには行きませんので、自転車でふらっと出掛けました。

0920_1

先ずはいつもの境川自転車道に出ますが、今日はちょっと気分を変えて湘南台から市街地に入ります。

実は先日のブルベ以来、どうしても田舎道のような所をのんびりと走りたくて、と言っても神奈川県でそれを望むのは無理ですが、出来るだけ幹線道路や住宅街から離れた道を探しました。

0920_2

ほんの少しだけ田舎道気分を味わい多少満足していると、今度は綺麗な橋が現れます。

0920_3

相模川に架かる湘南銀河大橋と言うそうです。

道路も広くて綺麗でしたね。

相模川を越えて平塚にはいると、条件反射のように向かってしまうのが湘南平。

先ほどの湘南台とは全く違う所です。湘南台は藤沢市湘南台で、湘南平は平塚市と大磯町にまたがる高麗(こま)山にある公園の別名です。

0920_4

登り口は片手にカメラを構えるほどの余裕がありますが、途中の坂は12%勾配とか。それも直線なので精神的に辛いですね。

0920_5

で、本日の記録は8分52秒。あまり速くないな;;

自己記録からは40秒以上遅れていますが、そもそも今日はポタリングです。ポタリングで坂を上っているだけですから、別にアタックしているわけではありません。と言いつつタイムを計っているので、差詰め「ポタック」とでも言っておきましょうか。

それに私はヒルクライマーでは無くてランドヌールですから(笑)、タイムなんか別にどうでも良いのです。

いやぁ、これが言いたかった。

ブルベを走ったので、やっとランドヌールと言えるようになったんだ^^;

たった1回だけ200kmを走っただけだろ!とか言わないでください。

これからも走るので、初心者でもランドヌールの一分になっています。^^v

0920_6

坂を上ったらお約束のアイスキャンディーを食べます。

別に取り立てて美味しいと言うような物ではありません。

そこら辺のコンビニで買った方が安いし美味しいです。

でも坂を上った直後に食べるアイスキャンディーの味は、坂を上った者にしか分かりません。そう言うものです。いわゆる至福の一時です^^

0920_7

台風のお陰で空気が澄んでいるようで、今日は湘南平からの見晴らしがとても綺麗でした。

南側の海の方。

0920_8

そして平塚の町だと思います。

0920_9

こちらは丹沢かな。

0920_10

場所によっては富士山が見える事があるそうですが、多分この季節は無理ですね。

冬の早朝で晴れた日であれば、富士山を望む事も可能だと思います。

帰りは来た道を素直に戻りましたが、これで国道1号線以外でも湘南平へのアクセスが出来るようになりました。

2008年9月19日 (金)

健康診断結果

 平成20年9月19日(金) 健康診断結果
事故米だか汚染米だかと言って、農薬やカビに汚染された米が食用として意図的に流通し、全国民がそれを口にした可能性があるわけです。

本来この汚染米は、工業用として主に糊の原料となるような話でしたが、糊工場の人曰く、米の粉は糊としては使えないとか。

それじゃあ、いったい汚染米は何のためにあるのか?

農林水産省は捨てるしかない物を流通させていたのか。

何とも恐ろしい話です。

この事件から考えると、うなぎの産地偽装は可愛かったな(笑

だってさ、もともと国産のうなぎなんて買わ(え)ないもんな(笑

0919_1

さて、先日の健康診断の結果が出て来ました。

総合判定「B」とかなってますけど・・・

実はHDLコレステロール(善玉コレステロール)が82(基準値40~80)

中性脂肪が48(基準値50~149)

と言う事で、わずかに基準から外れているための「B」なんですが、そもそも中性脂肪って自転車海苔にしてみればエネルギー源なわけで、朝から何も食べていないわけですから、いわゆる軽いハンガーノック状態になっているわけですね。

また善玉コレステロールは、有酸素運動をすると増える事になっているので、自転車通勤をしていれば増えるでしょ。

まあ、それでもメタボ回避は良かった。

昨年の状態だと100%間違いなくメタボ宣告をされていたので、これは作戦成功ですね。

そもそも自転車に乗り始めたきっかけが健康ですから。

健康を気にしてあれこれ考えた結果、若かりし日にロードバイクに乗りながら見た夢をもう一度と言う事になり、再び自転車に乗り始めました。

ですから当初の目標はとりあえずクリアーですね。

2008年9月18日 (木)

台風接近

 平成20年9月18日(木) 台風接近
台風が接近しているようですね。

我々は台風と呼んでいますが、これは北西太平洋で発生する熱帯低気圧のうち、最大風速が17.2m/秒以上という定義があるみたいです。

また、北アメリカ大陸周辺で発生するものをハリケーンと呼び、インド洋や南半球で発生するものはサイクロンと呼びます。

そして北半球と南半球では渦巻きの方向が反対になります。

発生する場所によって呼び方が違うなんて、まるでズワイガニみたいですね^^

福井県で取れるズワイガニを越前ガニ。京都以西の日本海側で取れる物を松葉ガニと呼び、関西では松葉ガニと言う呼び方が一般的で、関東ではそのままズワイガニですよね。

ああ、カニが食べたい(笑

0918_1

さて、AJ千葉のHPで、先日のブルベのリザルト(結果)写真が公開されていました。

これ等を見ると、あの日の記憶が蘇って来ます。って、まだ何日も経っていませんが(笑

本当に楽しかったし、もっと走りたかった。

でも欲を言えば、もっと写真を撮りたかったし、アワビラーメンを食べたかった(笑

だから次回は一人で走って見ようと思っていますが、何しろ私は車でカーナビをセットして走っても、気が付いたらナビがガイド出来ない道を走っている事があります^^;

いつの事だったか、北陸からの帰り道に、随分寂しい道に迷い込んでしまったと思っていたら、回りには猟銃を持った人がいっぱいいるではないですか\(@O@;)/

それから通勤でも時々道を間違えます。曲がるべき所曲がらずに進んでしまい、気が付いたらここはどこ?(・・;) (;・・)みたいな(笑

何かを考えながら走ると、自転車か車という事は関係なく、真直ぐ走り続ける癖があるようです^^;

一人でブルベを走ったら、ミスコースの連続だろうな(笑

まあ、次の目標はコース通り走る事ですね。

2008年9月17日 (水)

目標

 平成20年9月17日(水) 目標
本年初頭に今年は1年で1万km走ると決め、毎月月末にその月の総括をしてきました。

しかし今月に関しては、既に月の目標達成です。

年間1万km÷366日(閏年)×30日(9月)=819.7km

今月は今日で821kmになりました。

また年間でも7600kmを超えていますので、残り3ヶ月少々で2400kmと、月当たり800kmですから、これは達成出来るでしょう。

まあ、それでも油断せずに毎日積み重ねていくつもりです。

何事もコツコツと積み重ねるタイプの人間ですから。

0917_1

しかし当初はこの目標もかなり厳しく感じていました。

何しろ昨年の実績から計算すると、1年間で走行可能な距離は5500kmだったのです。

だからと言って、それにあれこれ考えて複雑難解な数字を並べるよりは、一気に大きな目標を掲げてしまった方が本気になると思い、思い切って1万kmと言う数字を出しました。

またその気にさせた言葉が「走った距離は裏切らない」と言う、女子マラソンの野口みずき選手の言葉です。

本音を言うと、体力的にはロードバイク海苔としても最低レベルだった自分を、人並みでは無く、それを超えた「強い人」にするためには、どうしても思い切った目標が必要だったのです。

実際に自転車で強いと言われる人達は、年間最低でも1万kmを走っていますし、ほとんどの人が1万5千km程度走っている事を考えると、それでもまだ足りない数字だと思います。

ですからこの目標は必ず完遂し、来年に向けたいと思います。

目指せ!距離感の壊れた人(笑

2008年9月16日 (火)

雨のち晴れ

 平成20年9月16日(火) 雨のち晴れ
夕べから降り続いていた雨が、今朝になって少し小降りになりました。

何だか、カエルが蓮の葉の傘をさして、「出勤の時間ですよ」と迎えに来そうな、そんな感じの雨でしたので、買ったばかりのウインドブレーカーを着て、自転車で出勤したくなりました。

この辺りの気持ちって、童心と言うか、子供の頃から何も変わっていないような気がします。合羽を着て長靴を履いて、水溜りの中をバシャバシャと歩きたいような、そんな気持ちです。

0916_1

境川を越えて大和市に入ると雨は一旦上がり、綾瀬市に入ると再び雨が。

それにしてもモンベルのウインドブレーカーは優秀です。

耐水性能と携帯性能が優れていると言うのは謳い文句でしたが、一般のウインドブレーカーよりも遥かに蒸れ難いですね。

これは良い買い物でした。

ついでにオルトリーブのサドルバッグも耐水性抜群ですし、マッドガードの代わりにもなります。これは便利です。

帰り道は久しぶりに江ノ島へ。

0916_2

仕事帰りに寄るのは、約1ヶ月ぶりですね。

すっかり日が短くなり、帰り道はナイトランになってしまいました。

2008年9月15日 (月)

BRM914

 平成20年9月15日(月) BRM914
ブルベを知ったのは昨年の暮れ頃だったと思います。

その時に自分の中で何かのスイッチが入りました。

自分の目指す物は長距離なんだと。

しかし当時は100kmすらまともに走れず、坂を上る事すらままならない体力でしたので、兎に角「目指せブルベ」と言う目標を立て、日々努力を積み重ねて来ました。

そして遂に訪れたブルベデビューの日。今までずっとこの日のために頑張って来たんだ。

0915_1

早朝の千葉県袖ヶ浦海浜公園駐車場には、ブルベ参加者がぞくぞくと集まってきます。

この日の200kmには156名がエントリー。そして一足先に、68名がエントリーする300kmが昨夜10時にスタートしています。

0915_2

200kmは参加者が多いため、6:30から30分間隔で3組に分けて50名ずつのスタート。

TMRからは総勢10名がエントリーしていて、horiさん、2tomuさん、igaigaさんの3人の風除けトリオが先にスタート。

そして遅刻のosozakiさんを残した私を含む6名が7:00にスタート。

いよいよ待ちに待った瞬間です。これでやっと「趣味はブルベです」と言えるんだ。

ランドヌール(ブルベを走る人)の一分になれたわけだ。ここからランドヌールとして歩み始める、事実上の第一歩なんだ。

しかしスタートしてから重大な事に気が付きました。

6名の内、nanさんとMamoさんはSRです。

SRとは1年の間にブルベの200km、300km、400km、600kmの全てを完走した人の事です。

0915_3

そしてみゅうさん(左側の女性)は既に300km、400km、600kmは完走していて、今回200kmを完走すれば晴れてSRとなる人です。

上の写真右側の人は、前回富士宮に一緒に行ったのりさんで、あっという間に見えなくなってしまう人です。

そしてイーチョさん(下の写真)

0915_4

徐々に肌の露出部分が広くなる不思議な女性ですが、TMRきってのアスリートです。

そんな悪魔のような5人と走る事になるとは、これは何かの罰ゲームですか?

案の定、雨の中を時速30km~40kmのペースでぐいぐい進んで行きます><

0915_5

この後、先頭を走るグループの方が濡れた路面でスリップして転倒。そのままDNF(リタイヤ)となってしまったようです。

23.8km地点で小休止。ここからマザー牧場を抜けて白浜まではアップダウンの連続です。

0915_6

マザー牧場を通り過ぎると、反対方面から上って来るランドヌールを見かけるようになります。彼らは昨夜スタートした300km組なんですね。

300kmのコースの後半は、私の走る200kmを全くの逆回りなので、必然的にすれ違う事になり、お互いにエールを送り合います。

こういった演出は最高ですよね。なんかとっても一体感が生まれます。

それにしてもここですれ違う彼らは、昨夜10時出発で既に270kmを走り、ここで朝8時過ぎです。驚異的なスピードですね。

マザー牧場を下るとPC1セブンイレブン富津更和店です。

0915_7

PCとは(point de contrôle)の略で、コントロールポイントと言って、早い話通過チェックです。

基本的にはスタッフがいませんので、買い物をして時刻の入ったレシートをもらう必要があります。

それにしても意外なのは女性参加者が多い事。全体の1割は女性でしたね。

中には夫婦で参加されている方もいらっしゃいました。

0915_8

73km地点の道の駅では、300kmの方も大勢いらっしゃいました。

常連さんの中には顔見知り同士もいらっしゃるようで、情報交換が盛んに行われていました。

PC2を過ぎると千葉県南端の白浜で、鴨川までの約40kmが平坦な道です。

0915_9

みゅうさんが走りながら撮影しているのは海です。

0915_10

同じ海でも、湘南海岸とは全く雰囲気が違い、こちらは「のどか」と言う言葉が似合う海岸線です。

109km地点の道の駅ローズマリー公園にて。

0915_11

フラワーラインと呼ばれるその名にふさわしく、道路の左右は花でいっぱい。

そしてその中に花で埋め尽くされた公園です。

何とも、汗くさいヲジサンには似つかわしくない世界ですね(笑

鴨川有料に向けて最後の補給ポイントに立ち寄り、ここでTMR全員集合です。

0915_12

ここから残りの約70kmは延々とアップダウンの連続ですから、しっかりと補給しておきます。

三石山に登る途中で、シークレットPCがありました。

0915_13

一応有人コントロールポイントという立前ですが、ここではAJ千葉のスタッフの方が手作りのスープやゆで卵などを差し入れしてくれました。

0915_14

ここから先に進むに連れ、道は狭くなるし坂はきつくなるし、疲れた足を容赦なく痛めつけます。

0915_15

途中の激坂では蚊の襲撃を受け、顔の周りをあの嫌な「プーン」と言う羽音を立てながら飛び回っているのですが、振り払おうにも坂がきつくてスピードが上がりません;;

文字通り「ハエのとまるような速度」ならぬ「蚊の止まるような速度」でした。

やっと平地が現れると、いよいよゴール間近です。

0915_16

海岸線が見えた時には、200kmを走り切った達成感よりも、楽しかった時間が終わってしまう寂しさと、もっと走り続けたい気持ちでいっぱいでした。

走って初めて分かった事ですが、ブルベってさ、長距離を時間内に云々ではなくて、走り続ける事が好きな人が走り続ける遊びなんだと思いました。

これでやっとランドヌールとしてのスタートラインに立つ事が出来ましたので、来年からは自分自身のブルベの形を作っていこうと思います。

次の目標はSRですね。

走行距離: 206.03km
走行時間: 8時間30分26秒
平均速度: 24.2km/h

2008年9月14日 (日)

初ブルベ

 平成20年9月14日(日) 初ブルベ
乾燥しました。

あ、間違えた^^;

完走しました。

0914_1

詳細は明日。

走行距離: 206.03km
走行時間: 8時間30分26秒
平均速度: 24.2km/h

2008年9月13日 (土)

誕生日と寿司

 平成20年9月13日(土) 誕生日と寿司
我が家では誰かが誕生日の日には、家族で回転寿司に行くのが習慣になっています。

ですから子供達は次にお寿司屋さんに行く日を指折り数えていて、丁度今日がその日。

まあ、朝から寿司やだ寿司屋だと言って騒がしかったですよ(笑

そして長女が突然、「そうだ、今日はお父さんの誕生日だ」と思い出し、「お誕生日おめでとう」と言ってくれました。

ついでに思い出してくれてありがとう(;´д` )

さて、誕生日だからと言って誰かが何かをくれるわけでもなく、昨年に引き続き自分で自分に誕生日プレゼントを買って来ました。

0913_1

モンベルウルトラライトサイクルウインドジャケットです。

メーカーが公表している重量は90gです。

0913_2

手の平にすっぽりと収まる大きさで、これならばジャージのポケットに入れたまま携帯出来ます。

これで突然の雨にも動じないぞ。

2008年9月12日 (金)

反射タスキ

 平成20年9月12日(金) 反射タスキ
日曜日ブルベに出る事は、職場では1人にしか話していません。

しかしだ、何でみんな知ってるんだ?

今日は多くの人達から「日曜日頑張って」と言われた。

別に隠すつもりはないけど、一瞬にして流布してしまうのも考え物だな。

そもそもですね、みんなレースだと思っているわけで、ブルベはレースではないと説明するのが大変なんだ。

南房総一周200kmを13時間半以内でと説明すると、大概みんな固まってしまうわけだ(笑

その表情を見るのが楽しかった(笑

しかしブルベを前にして、ちょっと気になるのがこれだ。

0912_1_2

100均で買って来た反射タスキですが、これ本当に役に立つのかな?

規則で着用が義務付けられていても、それはあくまでも安全のためで、自分を守るものなんだから役に立たない物は意味がない。

何回かカメラのフラッシュを当てて撮影してみたけど、どうも光ってる気配がない。

しかし作業服屋で売っている反射ベストは暑苦しそうだし、ジャージの後ポケットが使えなくなってしまう。

いっそ作るか(笑

2008年9月11日 (木)

逝ったぁ

 平成20年9月11日(木) 逝ったぁ

逝ったぁ~(++)



0911_1

前輪で1000km走った後でローテーションして後ろに持って行き、後輪で3000km走行です。前輪ではほとんど減らない事を考えると、寿命は3000kmですね。

以前に履いていたIRCのレッドストームと、今回履いていたミシュランPRO3を比べると、両者共各メーカーのトップグレードのタイヤだけに、乗り心地は申し分ありませんでした。

値段はレッドストームが4千数百円で、PRO3が5千円程度。

耐久性はPRO3に軍配が上がります。

ただし耐パンク性能は、レッドストームは3千km走行で3回経験しましたが、PRO3は4千kmで1度もありません。

タイヤの脱着に関しては、レッドストームはタイヤレバー無しで容易に脱着出来るので、パンクの時は路上での修理がとても楽でしたが、PRO3はタイヤレバー無しでは少々辛いものの、そもそもパンクしなかったので、これは問題無しです。

以上の事から、今後レッドストームを選択する事は無さそうです。

と、タイヤのインプレッションはどうでも良いんだ(笑

ブルベ直前にタイヤが使えなくなった><

もっとも、ブルベ走行中にタイヤが逝ってしまう事を考えると、新しいタイヤに交換する時間的余裕があるので、とても良いタイミングだったかもしれません。

それからもう一つ。

0911_2

レーサーパンツの内モモのサドルと擦れる部分が擦り切れて来ました><

更に少し短くなったようで、太ももの日焼けをしている部分とパンツの間に、1~2cm程日焼けをしていない白い肌が露出するようになりました(*ノノ*)

ウェアーの寿命はワンシーズンと言われていますが、庶民にはとんでもない話で、せめて2~3年は持って欲しいところ。しかし無常にも本当にワンシーズン、わずか半年で終わってしまうとは、あまりにも悲しすぎます;;

二輪に乗っている時もそうでしたが、消耗品の買い替えに追われて、アップグレードは夢で終わりそうです。

2008年9月10日 (水)

メールが

 平成20年9月10日(水) メールが
BRM914千葉200km参加者各位

この度はBRM914千葉200kmへの申し込みありがとうございます。当日のスケ
ジュール等の参加案内を送付します。

■スタート&ゴール
千葉ブルベでいつも利用しております袖ケ浦海浜公園です。
集合場所:袖ヶ浦海浜公園 第一駐車場(カーブを曲がらずまっすぐ入る)
輪行の場合、内房線袖ヶ浦駅が最寄り駅です。
http://m.alpslab.jp/r/m/NTLd7sequK48aGqccNIzrw

■受付~ブリーフィング・スタート

受付開始:   5:30~
ブリーフィング:6:00~/6:30~/7:00~
車検:     6:15~/6:45~/7:15~
スタート: 6:30~/7:00~/7:30~
車検が終了次第、スタートの10分前よりスタート可能とします。
約50名ずつ3班に分かれてスタートしていただきます。受付時にご希望のスタート
時間を申告してください。定員になりました場合は、ご希望に添えない場合があり
ますので、ご了承ください。

■レギュレーション
ブルベは公道を使用して行われます。道交法に基づく保安部品の装備がレギュ
レーションで義務付けられています。
・ベル
・尾灯(常時点灯)
・ライト(終盤は夜間走行になる場合があります。明るいライトをご用意くださ
い)
・ヘルメット
・反射材(ベスト、タスキなど)
これらの装備は車検時に点検します。不備があった場合出走できませんのでよろ
しくお願いします。

■DNS、リタイア
当日出走できなくなった場合は必ず主催者にご連絡ください。
失格、リタイアの場合も必ず主催者にご連絡ください。連絡後自己責任でスター
ト地点に戻るか直接帰宅してください。
緊急連絡先はブルベカードに記載します。

■スポーツエントリー以外で申込された方に・・
スポーツエントリー以外で申込された方はAJ千葉のサイトから参加申込書をダウ
ンロードし、必要事項を記入し誓約書に捺印して当日忘れずにお持ちください。
忘れると出走できません。

■BRM914千葉200km連絡先
主催:AJ千葉
担当:□□ □(□□□□ □□□)
Mobile:***-****-****
Mobile:***********@*****.ne.jp
PC:brm914chiba200@aj-chiba.org

それではスタッフ一同、心よりお待ちしております。

AJ千葉:http://aj-chiba.org/
オダックスジャパン:http://audax-japan.org/
0910_1

いよいよ来たって感じですね。

だんだんとモチベーションが上がってきた。

2008年9月 9日 (火)

ブルベ5日前

 平成20年9月9日(火) ブルベ5日前
人生初ブルベまで後5日となりました。

一番気になっていた天気予報は、前日の13日が雨マーク、実は13日で年を取る事になっていますが、今年も年を取り忘れそうだな(笑)そして当日は曇りみたいです。

晴れだと日差しで体力を奪われるので、曇りの涼しい日が一番有り難いですね。

一応着々と準備は進んでいて、と言っても大した事は無くて、自転車はいつも通り。人間も服装も同じ。ただし反射ベスト又は反射タスキを用意して、普段と違うのは決められたコースを走る事。

これが意外とごちゃごちゃしていて面倒臭いのです。

キューシートコマ図を頼りに走るのですが、私の性格上、下調べはかなりマメにやっています。しかし、いざ本番になると、かなり大雑把になってしまうのです^^;

つまり、ミスコースをしかねないと・・・

そのためにもコース図は常に見える場所に置いておくため、100均で買って来たクリアーケースの固定方法を考えました。

0909_1

まあ、そんなに偉そうな物じゃないです。

0909_2

クリップでシフトケーブルに留め、クリップが動かないようにタイラップで固定します。

0909_3

手前側はクリップと輪ゴムで留めて、中身の出し入れを簡単に出来るようにします。

0909_4

ただこれだけの事です。

試走してみましたが、ぐらつく事も無く風にあおられる事も無く、充分使用に耐えそうです。

2008年9月 8日 (月)

体重計

 平成20年9月8日(月) 体重計
体重計が壊れた><

0908_1

健保組合からもらった物なので、そんなに上等な物じゃないです。

今時500g単位でしか計測出来ない体重計なんて、単なる過去の遺物です。

それでも昨年夏に自転車に乗り始めてから、自転車に乗る事以外に、少しずつ体重が減っていく事が楽しみでした。

それが壊れてしまったのですから、ちょっと悲しいですね。

またこの体重計を愛用していたのは、私の他に10歳の娘もその一人です。

もっもこちらは目的は分かりませんが(笑

10歳児には、体重が増える事があっても減る事は無いでしょう。

減ったら問題ですね。

しかし娘は最近少しずつ女性に近付いているようで、風呂上りにも胸にバスタオルを巻いて出て来ます。まあ、お尻は見えていますが(笑

その娘が先日、洗面場でこの体重計を向きになって踏みつけていました。

この体重計は軽く踏むとスイッチが入るようになっていますが、それが壊れてスイッチが入らなくなったので、家中に響き渡るくらいの勢いで踏んでいたのです^^;

ここら辺が「男らしい女の子」と言われる所以でしょうか(笑

2008年9月 7日 (日)

町内運動会

 平成20年9月7日(日) 町内運動会
一昔前までは運動会と言えば秋でした。

ところが学校の2学期制により、小中学校の運動会は春に行われる事が多いようです。

しかし町内会の運動会は、相変わらず古い体制のまま秋に行われます。

0907_1

うちの娘達、特にお姉ちゃんはエントリー可能な競技には全て参加し、山ほど景品をもらって来ました。

町内では親の顔を知らなくても、娘を知らない人はいないくらい活発な子で、近所のお母さん方に言わせると、「男らしい女の子」らしいです^^;

0907_2

一方末っ子は外では借りてきたネコのような大人しさ。

もちろん家では怪獣です(笑

2008年9月 6日 (土)

和田峠

 平成20年9月6日(土) 和田峠
先週TMRの皆さんと行く予定だった和田峠が、雨のため明日に延期になっていたのですが、明日の天気予報も思わしくないため、急遽今日という提案が言い出しっぺののりさんからありました。

しかしこれの連絡が上手くいかず、のりさんのGOが出たのが今朝の6時12分。

集合場所は多摩川サイクリングロードのせせらぎ館に7時半。

うちからせせらぎ館までは片道40kmで2時間半から3時間かかりますから^^;

とりあえずのりさんには先に行って頂いて、後から相模湖経由で裏から和田峠に向かいました。

0906_1

甲州街道の藤野駅前から北を目指し、沢井川沿いを上って行きます。

上河原で橋を渡って直ぐに右折。

ここで「和田峠5km」の標識を見ますが、大概こういった標識はあまり当てにならない物。一応目安程度に覚えておきます。

しばらくは田舎道という感じで、のんびりと上って行きます。

ヒルクライマーなら目の色を変えてペダルを踏み込んでいく所ですが、生憎私はヒルクライマーではないので、ここは景色を楽しませてもらいます。

それでもどういう訳か、景色を写真に納めるために立ち止まる事には何故か抵抗があります。ここら辺はロードバイク海苔の血でしょうかね。

全く役に立たないプライドなんですが、男なんて所詮くだらないプライドのために命をかけるような生き物なんです(笑)まあ、言い換えれば単なる見栄なんですが(笑

0906_2

3km程上ると傾斜がきつくなってきます。

でも傾斜を感じないほど気持ちいい道です。

0906_3

まあ、数字を見ると驚きますが(笑

そして標識から5kmを過ぎても、案の定と言うか、まだまだ峠が見えません。

実際には標識から6kmでした(笑

0906_4

しかし何だ、ここの峠は。

駐車場が1日600円だってさ。

後で知った事ですが、ここは登山客がいるみたいですね。それで駐車場の600円も納得出来ましたが、現地で見た時は、こんな車も通らないような道で600円は法外だと思いました。

さて、ここまではかなりゆっくりと上ってきましたので、下った先で折り返して上って来ようかとも思っていましたが、下り初めて直ぐに考えが変わりました(笑

兎に角下るのも大変な位の傾斜です。

いやいや、これが東京都ですか(笑

0906_5

人っ子一人いねぇ田舎だな(笑

約4km程度ですが、今まで見た事もないような傾斜でした。

多分箱根旧道よりも辛いかもしれませんね。これは人間が上る事が出来る坂で無い事は確かです。これを上る奴は猿だ。間違いない。

しかしですね、下り切ったものの、道が分かりません。

とりあえず陣馬街道と呼ばれるこの道を真っ直ぐ走り、八王子に入ってから甲州街道となりましたが、そもそも八王子の位置を今一つ理解していません^^;

そこで麦秋館仲間のFISH君にメールを入れ、道案内をお願いします。

FISH君曰く、16号を下ればいいと。

0906_6

適切な道案内に感謝。

それにしても知ってしまった以上、いつかは東京側から攻めなくてはなりませんね。

走行距離: 128.28km
走行時間: 5時間57分33秒
平均速度: 21.5km/h

2008年9月 5日 (金)

飲酒運転

 平成20年9月5日(金) 飲酒運転
知人の友人の話ですが、その方、某市に勤める職員で、お酒を飲みに行った帰り道に自転車でふらふら走っていて、事故を起こしたそうなんです。

それが職場にばれて、減給5ヶ月の処分になったとか。

一応自転車と言う事で、かなり多めに見てもらったらしいですが、車だったら即解雇になってたらしいです。

まあ今の時代、飲酒運転は事故を起こさなくても即解雇と言うのが当たり前になっていますので、それはそれでとても良い事だと思いますが、自転車は除外と言うのはどうかと思います。

実際に道路交通法では、飲酒運転の罰則に車と自転車の区別は無く、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金と言う事になっています。これは大型車、乗用車、自動二輪車、自転車、馬、リアカー全て同じです。

また、自転車は大目に見るという考え方は、そのまま自転車に乗る際に、自転車だから関係無いと言う考え方につながると思うのです。

今の時代の大人達、ほとんどの人が自動車運転免許証を持っていると思いますが、免許が必要な乗り物に乗る時は、一応交通法規を守っているように見えます。しかしこの人達がひとたび自転車に乗ると、右側通行や一時停止無視など、本当に免許を持っているのかと疑うくらい法令を無視した運転をします。

実はこういった人達が車に乗る時は、法令を守って運転しているのではなく、免許を守って運転しているのですね(笑

つまり、違反をしてお巡りさんに捕まり、免許に傷が付くのが嫌なだけなのです。

本当に法令を守ろうとする人は、自転車に乗る時でも、ちゃんと法律を守るはずですよね。

0905_1

実は基本的な道路交通法なんて、小学校の授業の一環で、管轄の警察署からお巡りさんが来て教わるのです。

そして授業終了後にお巡りさんから自転車安全運転証をもらうのです。子供達はこれを自転車の免許と言って大事にしています。

本物のお巡りさんから頂くのですから、本物ですよね(笑

それでは子供達が法規を守って自転車に乗っているかと言えば、残念ながら授業の後数日間だけなのです。

何故そうなるのか?

これは模範となるべき大人達が、まったく模範とならないばかりか、大人達があまりにもいい加減なので、子供達もそれで良しとしてしまうのです。

せめてスポーツサイクルに乗る人達だけでも、モラルとルールを守って欲しいと願うものです。

参考までに、免許制度が適用される車の場合、酒に酔って運転した人と、酒を飲んでいる人に車を貸した人には、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。(酒気帯びの場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

またこの車に同乗した人及び飲ませた人には、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。(酒気帯びの場合は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)

また、自転車でもついついやってしまいがちな、誰かと話しながら並んで走る並走2万円以下の罰金又は科料となります。

やっている人を見た事がないと言っても過言ではない方向指示不履行5万円以下の罰金となり、これは無灯火や傘さし運転も同じ罰則が適用されます。

そして自転車は関係ないと思われがちな一時停止不履行、右側通行3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります。

これらは免許制度の元の犯則制度とは異なり、立派な犯罪である事を忘れてはなりません。

2008年9月 4日 (木)

大変だ!

 平成20年9月4日(木) 大変だ!
稲穂がすっかり金色になって・・・

0904_1

と言うには、ちと早いかな?

しかし秋は確実に近付いているわけで、灼熱の夏から解放される日も近いのです。

めでたしめでたし。

いやいや、めでたくないぞ。

そんな事よりも、世の中大変だ!

福田総理の突然の辞任で大変な事になった!

って、今更何を言ってるのだと思われるでしょうが、福田総理はどうでもいいのです。

福田さんが辞める事によって再び組閣されるわけです。そうすると折角国交相になった谷垣さんが、国交相ではなくなってしまうわけだ。

谷垣さんは日経新聞のインタビューで、「都市交通の中に自転車を取り入れ、自転車の走れる空間を整備することが必要だ」と言う旨の答えをしているらしいです。

つまり我々自転車海苔にとって、またとない貴重な存在を政府から無くした事になる。

これは大変だ!

まあ、ぬか喜びとはこの事ですね(+_;)

2008年9月 3日 (水)

ギア比

 平成20年9月3日(水) ギア比
自転車のギアー比について考える。

と、如何にも考察するかの様に切り出して、実はただ単に「コンパクトクランクが欲しいなぁ~。でも今更コンパクトもなぁ」と言うだけの事なんです。

コンパクトクランク???と言う人のために少々説明を。

まずロードバイクのフロントクランク、専門的に言うとドライブスプロケット、平たく言うと前側のギアは3種類あります。

0903_3

左から順に、ノーマルクランク、コンパクトクランク、トリプルクランクと呼ばれ、左の二つが2枚ギアに対して、一番右のトリプルは3枚ギアです。このトリプルは一番ギアの選択肢があり、ベストチョイスに思われますが、シンプルな物を好むロードバイク海苔には敬遠されがちです。

一番左のノーマルクランクは、主に各自転車メーカーの上級モデルに装着されていて、プロレーサー達が使うのもこのタイプです。

対して真ん中のコンパクトは、上級車を除くほとんど全ての市販車に装備されていて、今の時代の標準になっています。

実は私が使っているのはノーマルクランクなんですが、これは購入する際に見栄を張って「ノーマルで組んでください」と言ってしまったからです^^;

さて、それではノーマルとコンパクトの違いは何かと言う事ですが、簡単に言ってしまうとコンパクトの方が上り坂が楽です。

まあ、前が小さい分だけ後ろも小さいギアを使えて、よりクロスレシオを使用し易いなどと言う利点もありますが、こちらは専門的になる割愛します。

自転車に限った事ではありませんが、ドライブギア(動かす方、自転車では前のギア)の歯数をドリブンギア(動かされる方、自転車では後のギア)の歯数で割った数字をギア比と言います。

0903_1

図のように前側を大きいギア、後側を小さいギアに入れると、ペダルを漕ぐためには力が必要になりますが、その代わりスピードが出ます。

一般的なロードバイクの場合、ノーマルクランクでは前52T、後が12Tと言う歯数のギアを使い、コンパクトクランクでは前に50T、後は同じ12Tなので、それぞれギア比は4.4と4.1になります。(小数点2位以下切り捨て)

しかし昔から言われている事ですが、日本人の足では52Tx12Tは漕げないと言われており、こういったハイギアは主に下り坂での加速用に使用します。

0903_2

反対に前を小さいギア、後を大きいギアに入れると、ペダルを漕ぐ力は小さくて済みますがスピードは出ません。しかし坂が急なほど、これが生きてきます。

一般的なロードバイクの場合、ノーマルクランクは前39T後25Tで、コンパクトクランクは前34T後は同じで25Tなので、それぞれギア比は1.5と1.3になります。

ちなみに私は後に27Tと言うギアを使っていますので、ギア比はノーマルとコンパクトの中間のギア比で1.4になります。

0903_4

で、ギア比の説明はこの程度にして、実際に坂の延々と続くような道を一番軽いギアで走っていると、もう一つ軽いギアが欲しくなります。

そこで常々コンパクトが欲しいなぁと思っていました。

過去形です。

実際にですね、今のギア比で上れない坂なんか無いのです。と言うと格好良いな(笑

いや、今のギア比で上れない坂に行った事が無いのです。(これが正解)

また、先日TMRの皆さんと走った時、一番軽いギアはあまり使いませんでした。

と言うと如何にも脚力があるかのように思われますが、実は一番軽いギアだと一人でのんびり走るのは丁度良いのですが、皆さんのペースに着いて行こうとすると、回転ばかり上がってしまい、かえって呼吸が辛くなるので、一つ重いギアで力をかけた方が楽でした。

それらを考えると、今の所コンパクトは必要無しという結論になるのです。

本当は将来的に後も27Tを25Tに替えたいのですが、これはもう少し脚力を鍛えなければなりません。

2008年9月 2日 (火)

筋肉痛

 平成20年9月2日(火) 筋肉痛
世間は福田総理の辞意表明問題で持ちきりです。

それがどうこうと言う事はマスコミや評論家の皆さんにお任せして、私個人が感じる事は日本の経済的不況もどうにもならない状況なのかなと。

おおよそ世界中どこの国でも、その国の景気が悪くなると内閣支持率が下がります。

そうすると頭の良い官僚の皆さんが、あの手この手で景気回復の努力をするのですが、政治的には敵国を作るという手段もあります。

例えばお隣韓国では、竹島問題を持ち出して日本に対して強い態度を見せる事で、国民を結束させます。

米英では対テロ戦争やイラク戦争がありました。

しかし政治的に開戦は諸刃の剣で、アメリカを利用して世界での覇権を維持させたいイギリスに対し、それを良く思わないアメリカが意図的に負け戦をし、イギリスのブレア政権を崩壊させました。

我が日本はと言うと、残念ながら政略的外交が最も苦手な国のようで、諸外国を利用して国内景気を回復させるような手腕は無いみたいで、もがき苦しみながら、自国の事は自国で対応しなければならないようです。

しかしドタバタ政治は、国民の目には決して良く映りませんよね。

だからと言って私には政治は関係ないなんて、絶対に言いませんよ。

もし国民が政治に対して自分には関係無いと言うのならば、政治が何をしても国民には関係ない事になりますよね。

そもそも役人達は我々の税金で雇った使用人です。その使用人の働きを監視するのは、我々雇用主の責任ですよね。

0902_1

ところで久しぶりに筋肉痛になりました(笑

先週は1週間ほとんど自転車に乗らなかったので、筋肉が充分に休養を取れたみたいで、日曜日の宮ヶ瀬、昨日の箱根共に、シッティングのままグイグイとペダルを踏み込めたのです。

いつもなら筋肉が辛くなってダンシングに替える所でも、意外と行けてしまったので、かえってそれが筋肉を酷使する結果になったのかと思います。

しかしですね、そこはツーキニストです。普段よりも少し遅めのペースで、なるべく筋肉に負担をかけず、それでいてペダルは普段の1割程度低い回転数でクルクルと回す。

これで通勤の往復30kmを走れば、あ~ら不思議。すっかり足が軽くなります。

これの原理は、筋肉に負荷をかけずに軽く動かす事によって、筋肉がポンプの役目を果たして、筋肉中に溜まってしまった疲労物質を血液中に送り込み、それを肝臓に運んで分解すると言う事らしいです。

原理は簡単ですが、筋肉の動かし方を間違えると、更に筋肉を痛める事になりますよね。

何とも、政治も筋肉も難しいですね(笑

2008年9月 1日 (月)

ソバの誘惑

 平成20年9月1日(月) ソバの誘惑
本日はレイバーデーのためお休みです。

そこで本日のミッション、「ソバの誘惑に勝つ」を実行する事に。

何の事や?と思われるでしょう。

0901_1

実は箱根旧道の途中に2軒のソバ屋さんがあります。坂を上っていると、何処かで休憩したいという弱い心が、ソバ屋さんの前を通り過ぎる度に強烈な食欲と共に私を襲います。

美味い物が食えるのならば誘惑に負けても良いのだけれども(笑

0901_2

で、幾分涼しかった事もあり、休みたいという誘惑に駆られる事無くおそば屋さんはパス。

しかし帰り道には寄ろうと思います。

そして登り切ってみると、観測史上最も遅いタイム><

0901_3

1時間1分でした;;

道理で楽だったはずだ。

1時間を超えてしまった事に多少意気消沈しながら、今日の目的地の大涌谷を目指します

大涌谷までは多分7~8%位の坂で、きつくも無く楽でも無くと言ったところ。

えっちらおっちら上っていると、観光バスが黒煙を吐きながら私の脇を上って行きます。

私の車もディーゼル車なので、ディーデルを悪く言うつもりはありませんが、それにしても大量の新鮮な酸素を必要としている自転車海苔の脇を、大量の黒煙をまき散らしていくとは^^;

0901_4

しかしですね、大涌谷ってさ、「谷」なのに何で延々と坂を上らなきゃぁならないんだ?

これじゃあ大涌峠だな(笑

大涌谷は一面にガスがかかっていて、雨まで降り出す始末。

こうなると長居は無用です。

0901_5

お目当ての物を購入してさっさと帰路に着きます。

大涌谷名物黒タマゴ。

0901_6

その昔は1つ食べると7年長生きし、2つ食べると14年長生きし、3つ食べると死ぬまで生きる。等と詐欺のような宣伝文句がありましたが・・・

売店のおばちゃんが、「チャリで来たんですか@@」と驚いていましたが、標高にしてもたかだか1000m程度の所、誰かの言葉を借りれば、漕ぎ続ければ着きますよ。

0901_7

ガスがかかっていてよく分かりませんが、写真中央の煙は地中から吹き出している火山ガス。いわゆる最近悪い方で有名になってしまった硫化水素ガスです。

もちろん人体に危険が及ぶような濃度ではありませんが、その独特のタマゴが腐ったような臭いは、この辺り一面に立ち込めています。

さて、帰路ですが、雨が降り始めた事もあり、旧道のソバは諦めてこのまま小涌谷を経てそのまま小田原まで下る事にしました。

まあ、実は小田原まですっと下り坂なんですね(笑

ところが、ソバを諦めた祟りか、小涌谷までが激しい雨になりました;;

0901_8

小涌谷でユネッサン(日帰り温泉)に入りたい誘惑に駆られた事は言うまでもありません。

しかし冷静に考えると、折角温泉で汗を流しても、ここから自宅まではまた大汗をかく事になりますので、それならば帰宅してからゆっくりと風呂に入り、風呂上がりにのんびりとビールでも飲んだ方が幸せだな。

走行距離: 138.65km
走行時間: 6時間27分28秒
平均速度: 21.5km/h

今日思った。

これ位の平均速度の方が疲れが出にくいですね。

それは単に年のせい?

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »