bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 痛たたた(>。☆) | トップページ | 通勤ルート »

2008年10月16日 (木)

諏訪湖行きの総括

 平成20年10月16日(木) 諏訪湖行きの総括
先週の諏訪湖行きの総括をします。

まず目的はブルベの300kmや400kmを見据えたものです。

特にブルベで400km以上を走る場合、当然のように夜間走行もあれば、雨も避けられません。

しかし現状では全て経験が乏しく、今ある経験だけでは分からない事が多いので、それならばいっそ走ってしまおうと言う計画でした。

実際に今回検証したかった点は以下に記してありますが、その上で特にこだわったのは「この走行が実際のブルベだった場合、制限時間内に走っているのか」と言う事です。

ブルベではグロスアベレージ15km/hでコースが設定されていますので、例えばスタート後2時間経過した時点では最低でも30km走っている必要があります。

つまり1km移動するためには、4分の時間しか与えられていません。

この時間内で食事や仮眠など、全てをこなさなければならないので、距離が伸びるほどそれは過酷なものになります。

ただし今回はこれに関してはクリアー出来ています。

諏訪湖畔の立石公園までの188.46kmを約10時間30分。ブルベで設定された場合は12時間34分になりますから、2時間程度貯金が出来ています。

また沼津駅までの355.7kmを約21時間30分で走り、同じくブルベでは23時間43分になりますので、これも2時間程度貯金があります。

1016_1

その他は以下の通り。

  • 体力的に300kmや400kmは走れるか?

    300kmは走れる。と言うか、走ったぞ(笑

    正直なところ、250kmを過ぎた辺りから一気に体力が落ちてきたのが分かったので、現状で400kmを走るためには、体力よりも走り続ける気力が大事になると思われる。


  • 街頭の無い道での夜間走行は可能か?

    これでまず考えていたのが、雨と同様で視界が悪い状態だと肩などに変な力が入ってしまい、日中の走行に比べて遥かに疲れるのではないかと言う事。

    しかしこれは先日購入したライトで解決。

    ただしちょっとランタイムが短かったな^^;

    まあ、この話題は後日。


  • 睡魔との格闘はどうするか?

    これは正直なところ、課題を残しました。

    ブルベでは地方の道が多いため、バス停のほとんどに屋根とベンチが付いていて、そこで休む方が多いようです。

    また道の駅やミニストップなどでも休む事は可能ですが、今回気付いた点は、寝ると体温が下がり、目覚めた時は異常に寒さを感じるという事。

    このためにブルベではサバイバルシートにくるまって寝る事が一般的なのかと思いました。

    それからもう一つ、これは全く個人的な事ですが、寝たら起こされるか、または朝が来るまで起きない@@;

    ブルベではタイムオーバー必死だ^^;


  • 疲労などによる体の痛み等はどうか?

    誰もが抱える問題だと思いますが、200kmを超えた辺りから徐々に股ズレが始まり、300kmを超えるとペダルを回す事が辛くなって来ました。

    パンツを取り替えると良いとか、すれる部分にオロナインを塗ると良いとか、色々対策法はあるようですが、荷物が増える問題もあるので、これは最大の課題になりそうです。


  • 補給(食事)はどうする?

    兎に角腹が減る前に食う。

    ただし、ラーメンは消化に時間がかかりました^^;

    実は甲府でラーメンの文字に釣られて、脂っこいラーメンを食べてしまったのです。

    食べた直後は満足ですが、これがエネルギーに変わるのに時間がかかり、食後2~3時間がお腹は一杯なのに力が出ない状態が続きました。

    やっぱり1時間毎におにぎりを一つ乃至二つ。

    また3~4時間毎に脂っこくない物をガッツリ食べる。

    これに尽きますね。


1016_2

その他、非日常的な距離を走る場合、予期せぬ体の痛みなどに見舞われる事があるらしいですが、これは特に現れませんでした。

まあでも、一番大事な事は走り続けるという気持ちの持続なんですね。

ただしこれは体力よりも自信があるんだ^^v

« 痛たたた(>。☆) | トップページ | 通勤ルート »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪湖行きの総括:

« 痛たたた(>。☆) | トップページ | 通勤ルート »