bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 歯が・・・ | トップページ | 諏訪湖へ 後半 »

2008年10月 9日 (木)

諏訪湖へ 前半

 平成20年10月9日(木) 諏訪湖へ 前半
今年初め頃から、自転車で諏訪湖に行ってみたかったのです。しかし途中にある国道20号線の笹子トンネルが鬼門になっていて、なかなか計画が進みませんでした。と言うともっともらしいですが、単に体力が・・・と言う問題だったりして^^;

1009_1
まだ夜も明けぬ5:15出発

で、体力的には問題なくなった今、少々色気を付けて実行する事に。

往復と行きたい所ですが、笹子トンネルを往復するのだけはいやなので、帰路は神奈川のブルベBRM426沼津-豊科400kmのコースで沼津まで走り、万葉の湯でゆっくりお風呂に入って休憩室で寝る。そして朝電車で帰ると言う計画。

1009_2
見慣れた国道20号の風景も、自転車だと違って見える

まあ、計画的には無理ではないと思われた。

しかしだ、何故か今日は足に力が入らないというか、家を出て40km程走った所から始まる坂、津久井湖からの坂でまるでペースが上がらない。

先が思いやられるというか、兎に角何処かで足が動き始める事を期待して進む。

1009_3

足が動かないと思いつつも、国道20号線の景色には癒される。

やっぱり信濃路へと続くこの道が好きなんだなと思う。

だってさ、私の血の半分は長野の血だからね。故郷へ帰るって言う安心感が沸いてくるのだと思う。

道の駅甲斐大和5kmが見えると直ぐにトンネルです。

1009_4

道の駅甲斐大和はトンネルを出た直ぐ右側で、長野方面に向かう時はこの甲斐大和か、もう少し先の蔦木宿で車中泊をする事が多いので、個人的にはとても馴染みのある道の駅です。

そしていよいよ鬼門の笹子トンネル。

1009_5

何しろ全長約3kmのトンネルで、路側帯や歩道が一切ありません。

しかも国道20号線は首都圏から陸上輸送の大動脈ですから、大型車の往来がとても多いのです。

しかし私には作戦がある。

このトンネルの中には2~3カ所の待避所みたいなものがあります。

つまり、その待避所までの約1kmのダッシュを3回すればいいのです。

で、実際にトンネル内に突入すると、何と「自転車有り」の表示が@@

1009_6

これってひょっとして私の事ですか?

思わず「ここにいますよ~」っと叫びたくなってしまいますが、写真なんか撮ってないで早く出て行けという意味でしょうね(笑

トンネルを抜けると丁度自宅から100km

1009_7

多分地図にも載らないような信号です。

でも100km地点という事で。

ここから甲府盆地まではずっと下り坂です。

1009_8

中央高速からだと夜景がとても綺麗な区間ですね。

富士五湖や忍野八海と言ったとても有名な観光地も山梨県ですが、私個人的にはこっちの方が山梨というイメージが大きいです。

だから「自転車で山梨まで来たぞ!」と言う気になれます。

1009_9

昨年の9月、キャンプに行く時にこの道を車で通り、数名のサイクリストを見かけました。

その時に私が思った事は、彼等は地元の人なんだろうかと言う事。もしそうでなければ、輪行で来てこの辺りの観光地まで走るのか、若しくは季節外れの長期休暇を取っているのかという事です。

だってさ、まさか東京や神奈川の人が、山梨まで自転車で来るなんて思わないだろ。

でもね、その考え方は間違えていると実感したよ。

これって人がよく陥る罠だな。やる前から無理だとと決め付けている事って多くないですか?

これが良い例だよ。自転車で100kmや200kmなんて無理。出来たとしても、それは特殊な自転車でスーパースポーツマンだけが可能な世界と思っていませんか?

それは絶対に違うな。事実、極普通の事務職の40過ぎたヲッサンがこうして普通に走っているんだ。だからこれは誰にでも出来る事なんだ。

出来ないと言ってる連中はやろうとしないだけなんだ。間違いない。

1009_10

こちらは道の駅白州。

ここも信州に行く時には必ず水を汲んでいく所です。

1009_11

この道の駅から8km走れば蔦木宿ですが、その間には山梨と長野の県境があります。

1009_12

これまた見慣れた景色。

でも自転車で来ると感動だな^^

蔦木宿を過ぎると、いよいと富士見峠へのアプローチが・・・と言いたい所ですが、ここを通った誰もが言う事は、「走ってたら着いた」です(笑

1009_13

でも標高は951mありますから、県境から標高差250メートルの坂を上った事になります。

そしてここから諏訪湖まではずっとダウンヒルかと思いきや、結構きついアップダウンが続き、やっと諏訪野町に到着。

直接諏訪湖には行かず、あらかじめ調べておいた立石公園に向かいます。

1009_14

ちょっと小高い丘にあり、諏訪湖の夜景がとても綺麗に見える事で有名らしいですが、夜景が見える時刻までいるわけにも行かないので、諏訪湖が一望出来るという事で満足します。

ここまでの往路の記録。

走行距離: 188.46km
走行時間: 8時間05分30秒
平均速度: 23.2km/h

後半 に続く

« 歯が・・・ | トップページ | 諏訪湖へ 後半 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪湖へ 前半:

« 歯が・・・ | トップページ | 諏訪湖へ 後半 »