bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 初出勤 | トップページ | ゲーム »

2009年1月 3日 (土)

硫黄島

 平成21年1月3日(土) 硫黄島
今年に入ってから初めて(と言ってもまだ3日目ですが)お正月らしい1日でした。

特に何もせず、テレビやDVDを見ていました。

で、借りてきたDVDは「相棒」と「父親たちの星条旗」ですが、後者の「父親たちの星条旗」は「硫黄島からの手紙」と同時に作られた映画で、「父親たちの星条旗」はアメリカ側から見た硫黄島の戦い。「硫黄島からの手紙」は日本側から見た硫黄島の戦いを描いています。

「硫黄島からの手紙」はかつて映画館で見ていますので、今回はやっとその片割れを見る事になったのです。

090103_1
すり鉢山からの硫黄島

硫黄島は太平洋戦争の末期、日米の死闘が続けられた島で、日本軍の死者数20129人、米軍の死者数6821人、米軍の負傷者数21865人にものぼった激戦地でした。

090103_2
沈没した艦船

この島は米軍が日本本土を空襲するために、どうしても占領したい島だったようで、ここに参戦した米軍の戦力は7万人でした。

090103_3
「硫黄島戦没者顕彰碑 岸信介書」とあります

対する日本軍は20933人ですから、日本軍の96%が戦死しています。

090103_4
こちらは内閣総理大臣小泉純一郎

当初米軍は5日で陥落させられると目論んでいたようですが、栗林中将の指揮の下、日本軍の必死の抵抗により、約1ヶ月間に渡って戦闘が続いたようです。

090103_5
米兵の慰霊碑

1968年6月26日に日本に返還されましたが、元島民たちは戻っておらず、現在でも自衛隊の基地、及び米軍基地として使用されています。

090103_6
米軍戦死者のドッグタック(認識票)

神奈川県の米軍厚木基地の夜間離着陸訓練の騒音問題を回避するため、その訓練の場所は硫黄島に移されています。

090103_7
米空母キティーホーク(当時)の艦載機

まあ、個人的には如何なる理由があろうとも、人命が失われる事には反対です。

« 初出勤 | トップページ | ゲーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島:

« 初出勤 | トップページ | ゲーム »