bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 境川迂回路 | トップページ | 自転車通勤再開 »

2009年1月19日 (月)

ヤビツ峠ポタ

 平成21年1月19日(月) ヤビツ峠ポタ
本日1月の第3月曜日に付き、マーチン・ルーサー・キングの誕生日で仕事はお休みでした。

折角の休み、昨夜の雨で濡れた路面が乾いたら、逗子のゆうき食堂にでも行って寒ブリの刺身を食べようと思っていました。

が、しかし、今朝きもけんさんのブログを読んで考えが変わりました。

ヤビツに行くべ^^

090119_1

我が家からは寒川神社で有名な寒川町を抜け、湘南銀河大橋を渡れば、あとはほぼ1本道でヤビツ峠まで行かれる事が判明。

090119_2

秦野の町を少しかすめて、直ぐに名古木(ながぬき)の交差点まで行かれました。

ここまで約2時間、40km弱です。

この時期の日中の暖かい時間だけのポタリングには丁度良い距離ですね。

3.5km程上ると道路の真ん中に鳥居が現れます。

邪魔だからって壊さないように^^

090119_3

その鳥居を過ぎると直上りの激坂?が現れます。

と言ってもどうなんでしょうか?

私の激坂の基準は箱根旧道なので、この傾斜が延々10km続く箱根旧道に比べれば、ここはせいぜい800m位なので、のんびり上れば難なくクリアー出来ます。

090119_4

蓑毛のバス停が見えたら、後は緩い坂がダラダラと続くだけ。

090119_5

しかし、ここからは景色を楽しみながら坂を上れるのです。

090119_6

何度も言いますが、私はヒルクライマーでは無いので、坂は決して強くないし速くも無いです。また辛い坂は嫌いです。

でも何と言うかな、哲学的に言ってしまえば、自転車に乗る事そのものが人生なんですよ。

理想は平坦な道を順風満帆に歩むのが良い。

でもね、そもそも順風満帆なんて有り得ないし、そんな温室で育った奴は使い物になりません。

より困難な人生を歩んできた人が「偉人」と呼ばれるように、より困難な道のりを走って来た自転車海苔が「変態」と呼ばれます。

また何れにしても困難な状況は避けて通れないわけですから、だったら困難に挑む自分を楽しみましょうよ^^

だから坂も楽しんでしまえと言うのが私の考え方です。

話を戻して、ここの坂には500m間隔で名古木の交差点からの距離表示があります。

090119_7

こちらは上り側ですから、「246号から」となっていますが、裏は

090119_8

「246まで」となっています。

3分の2程上った8km地点には、菜の花台という展望台があり、南は秦野市から小田原の辺り、更には海まで見渡せます。

090119_9

そして西には富士山が望めます。

090119_10

残りは4kmですが、道が細くなる事と若干傾斜がきつくなります。

090119_11

そして今日のタイムは

090119_12

1時間0分53秒

相変わらず遅いですね^^;

まあ、ポタリングだからこれで良いか(笑

090119_13

お約束の1枚を撮影後、防寒具を着込んでそそくさと下ります。

090119_14

何せ頂上付近には雪が残っていますし、下りながら写真を撮って3時までには行かなければならないところが・・・

↑の写真、名古木の交差点以降は帰り道に撮影した物です^^;

そして行かなければならない所とは

090119_15

秦野の白笹うどんです^^

昨年の10月19日にTMRの皆さんと一緒に行ったうどん屋さんです。

090119_16

今日は温かいうどんを頼みましたが、やはりざるの方が美味かったですね。

走行距離: 94.52km
走行時間: 4時間44分11秒
平均速度: 19.9km/h

« 境川迂回路 | トップページ | 自転車通勤再開 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤビツ峠ポタ:

« 境川迂回路 | トップページ | 自転車通勤再開 »