bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 雨が・・・ | トップページ | 新兵器導入 »

2009年10月 1日 (木)

ライトとサイコンの干渉

 平成21年10月1日(木) ライトとサイコンの干渉
高性能ライトを自転車のライトとし使った場合、無線式のサイクルコンピューター(以下サイコン)に干渉して、サイコンの表示がおかしくなると言う事例があります。

具体的に製品名まで出ていて、ライトはFenixL2DとサイコンはCATEYEのRD300Wと言う事ですが、実は私がブルベ用に使っているサイコンがこれなんですね。



更に私が愛用しているライト、EagleTacP10A2はFenixL2Dと同じLED(CREEQ5)を使っていて、L2Dよりも高出力な事から、少なからず干渉する物と思って色々と試していたのですが、どういうわけか全く影響が無いんです。



ただ、L2DとP10A2では、そのボディーの肉厚が全く違います(P10A2の方が厚い)ので、もしかしたら電波を通し難いアルミの肉厚が、サイコンに干渉する高周波をカットしているのか?と考えていました。

そんな矢先、Bam!boo!さんからこの問題についてのコメントが出ていました。

それによると、電子機器は多かれ少なかれ必ず高周波を発生し、メンテナンスによって発生ポイントを替える事が可能。と言う事ですが・・・

なんだか分かったような分からないような、でも手を加える価値はあると言う事ですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« 雨が・・・ | トップページ | 新兵器導入 »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライトとサイコンの干渉:

« 雨が・・・ | トップページ | 新兵器導入 »