bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 来年のブルベ | トップページ | 雨具の洗濯 »

2009年12月 2日 (水)

夜用アイウェア

 平成21年12月2日(水) 夜用アイウェア
この時期になると出勤時は日の出前で、帰宅時は日没後になります。

2009_12020001

「月明かりに照らされて」と言うと風情がありますが、ツーキニストが直面する現実は、月明かりだけでは路面が見えないという事(笑

同時にアイウェア(サングラス)の選択も大事になります。

今更言うまでもなく、アイウェアは紫外線や埃、あるいは風から目を守る物です。

夜には紫外線はありませんが、ライトを付けて走る影響で、昼よりも虫が飛び込んで来るようになるんです。

つまり昼夜問わずアイウェアは必要になりますが、実は夜用のアイウェアって売られてないんですね。

ほとんど全てのアイウェアには、紫外線をカットする性能が備わっていますが、同時に着色がされていますので、どうしても夜は裸眼よりも視界が悪くなりますので、何処のアイウェアメーカーも夜用とは言っていないのだと思われます。

言ってないだけです。

使える物はあります。



夜だとクリアーレンズ?と思うかもしれませんが、実はクリアーレンズは見え難くなるんです。

クリアーと言っても、実は薄いスモークで着色されている物がほとんどで、視光線透過率は85%前後になります。この目減り分の15%が見え難くなる原因なんですね。

しかしイエローなどのように、コントラストをはっきりさせる効果のある色の場合、薄暗い所では物の輪郭が分かりやすくなる効果がありますので、条件によっては裸眼よりもはっきり見える場合があります。



特に曇りの日の日の出直後や、日の入り直前などは、イエローレンズをかけていると裸眼よりも物がはっきりするように思えます。

昼夜天候を問わず走るツーキニストやランドヌールには、こういった小物も拘りがあったりします。

しかし一番よく見えるレンズは視力矯正用のメガネですかね(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« 来年のブルベ | トップページ | 雨具の洗濯 »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜用アイウェア:

« 来年のブルベ | トップページ | 雨具の洗濯 »