bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 鎌倉300前編 | トップページ | 雪?氷? »

2010年2月 1日 (月)

鎌倉300後編

 平成22年2月1日(月) 鎌倉300後編
前編から続く

ここで問題発生!

食欲が無い(;゜0゜)

長距離を走る上で、食欲は命綱。当たり前の話ですが、食べなければ力が出るわけ無いんです。

そう言えば多少寒気がするので、まさか風邪でも引いたかと疑います。と言うのも、一昨日から喉が痛く、この2日間ずっと市販の風邪薬を飲み続けていたのです。

ただし具合が悪いと言うほどでもないので、ここは無理矢理食べ物を詰め込むために、クリームとチョコがたっぷりの菓子パンを2つとプリン腹に入れ、PCを出発します。

2010_02010001

貯金(時間的余裕)はたっぷりあるので、ここから先は足を温存した走りを心がけます。

とりあえず最大の難所は稲取の坂。ここは焦らず急がずの牛歩です(笑

そして下りは漕がない。そのまま何処までも惰性で進む。

しかし徐々に吐き気をもようして来ます(XX

食べた物が胃から先に行っていない様な感覚で、何かの衝撃で喉まで上がって来そうです。

にわかに頭の中に「DNF」の文字が浮かびますが、兎に角折り返し地点のPC3までは頑張ろうと決めます。行けば帰るしか無いしね^^

それからですね、東伊豆は道路沿いに電車が走っているのは良い事ですが、伊東から南の伊豆急は高いんですよ^^;

ですから貧乏人としては、何が何でも伊東までは戻りたいんです(笑

2010_02010002

徐々に折り返しのPC3が近付くにつれ、まだ誰ともすれ違っていない事に気が付きます。

往復コースですから、速い人とはとっくにすれ違っていても不思議は無いんですが、最初の人とすれ違ったのはPC3の10km程手前。つまり先頭は20km先なんですね。

意外と離れていない事に驚きました。と言うか、その後すれ違ったのは、大先輩の境川のmasaさんを含めて数名。

つまり意外にも前の方を走っているみたいです。

2010_02010003
PC3 13:11 南伊豆 ここまで149.5km

半分走ってしまえばあとは帰るだけ。気分的にもかなり楽になりますが、相変わらず食欲は無し。

ここでPC1でお話をした千葉の方、普段はリカンベントで参加しているが、今回初めてロードバイクで参加したと言う方と、ゆっくり話をします。

2010_02010004

後は帰るだけと思うと、多少気分が楽になったのか、吐き気がなくなりました。と言うか、下田で観光をしながら冷静に考えていたのですが、PC2で食べた甘い物で胸焼けがしていたのかもしれません(笑

PC4 16:10 伊豆高原 ここまで198.2km

約200kmを10時間少々です。もし先週と先々週に行われた200kmに出ていたら、9時間台で走れたかもしれないと思うと、この後の力になります。

2010_02010005

うまく行けば、15時間を切れるのでは?と思うと、自然と足に力が入ります。

西側が山になっている東伊豆では、夕暮れも少し早いようで、早めにナイトランの装備にしました。

2010_02010006

途中で目に飛び込んで来る美しい景色も、何故か下り坂の最中。

止まるのがもったいないので、なかなか写真に収められません^^;

しかしこの日はブルームーン。

2010_02010007

これだけは立ち止まって撮りました。

月明かりに照らされて、すっかり気分のいいところにこの標識。

2010_02010008

「美人多し」

美人は大好きですが、いや、こよなく好きですが(笑)、この時間帯に出てきて欲しくないな^^;

夜、月明かりと頼りない自転車のライトだけで走る山道に、美人が出てきたら心臓が止まるぞ(笑

それはきっと生前の美人だな(爆

そしてPC5の真鶴駅前のセブンイレブンの看板が目に入った時に、何かを踏ん付けてしまいます@@;

大きな金属が後方に飛ばされて行くのがかすかに視界に入り、同時にフロントタイヤがペチャンコに(;゜0゜)

とりあえずPC5まで押して歩きます。

PC5 18:54 真鶴 ここまで245.3km

タイヤを点検すると、見事にサイドが裂けています(――!)!!

2010_02010009
PC毎でお会いするリカンベント氏の手助けがあったため、のんきに写真撮影は失礼かと思い、写真は帰宅後の撮影です。

ここまで裂けてしまうと、チューブを替えても、この穴からチューブが焼いた餅のように飛び出してくることは明らか。

PCの正面は真鶴駅。PCはコンビニエンスストアー。

「DNFするならばここしかないぞ!」と言うようなささやきが聞こえてきそうですが、あまりのもDNFの条件が良すぎて、かえって意固地を通したくなります。

一旦タイヤを外し、穴の裏に当て板をいれ、ガムテープで固定。

2010_02010010

帰宅後の写真ですから綺麗に張り付いていますが、実はタイヤが新品だったため、まだワックスが効いていて、ガムテープが貼り付かなかったのです。

そのため無理矢理空気を入れて、チューブとタイヤの間で当て板がずれない事を祈りながら走りました。

実は走行中のタイヤって、物凄く変形を繰り返しながら地面を転がるんです。ですからタイヤとチューブの間に入れた当て板なんて、直ぐにずれてしまう可能性が凄く高いんですね。

まあ、しかし、何度走ってもブルベは簡単に完走させてくれません。

予期せぬイベントに対応する力は付いて来たと思いますが、諸先輩方と比べるとまだまだ修行が足りません。

2010_02010011

最後の湘南海岸は眠気との勝負(笑

何故か134号線はアサヒの自動販売機が多くて、アサヒワンダモーニングショットを数本飲みました(笑

結果は16時間4分・・・だったかな?

わずかに16時間をオーバーしてしまいましたが、タイヤのバーストがなければ15時間台でした。

ゴール後は自宅まで自走。

実はこの距離が一番不安でしたよ。

なにしろ、タイヤは応急処置のままでしたからね。途中で何かあったら泣きますよ><

2010_02010012

でも当初の目標通り、日付が変わる前の帰宅です。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« 鎌倉300前編 | トップページ | 雪?氷? »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉300後編:

« 鎌倉300前編 | トップページ | 雪?氷? »