bijin-tokei

無料ブログはココログ

« BRM313代替え日程 | トップページ | 泥はね »

2010年5月26日 (水)

心拍計

心拍計が欲しいんですよ。

って、ロードバイクに乗っていて、心拍計を持っていない事自体珍しかったりしますが^^;

何故今まで買わなかったのか?、それはブラジャーを着けるのが嫌な事と、高くて買えない事だな(笑

しかしですね、もっと無駄な脂肪を落としたいとか、自転車で強くなりたいなどと思った場合、今のように我武者羅に走っていても、若い人ならそれでも多少は筋力も付いて心肺機能も向上するでしょうが、我々ヲジサンは現状維持が精一杯なんですね。

だから効率よく体力を向上させるためには、心拍計を使ってトレーニングをするのが一番手っ取り早いんです。

で、心拍計と言えばポラール。

2010_05260001

ケイデンス(自転車のペダルの回転数)を計れる物で、国内販売価格2万円少々。

もちろんイギリスから輸入すればその半額ですが(笑

が、しかし、このモデルは電波干渉などのトラブルもあるようですね。

特にブルベで使うような高性能ライトの電磁波にも干渉するようなので、ちょっと手を出すのが恐いんです。

しかしこの上のモデルは、そういった事も多少は改善されているようですね。

2010_05260002

国内販売価格は4~5万円。イギリスから買えば2万5千円位。

このモデルは結構人気があるみたいで、ネットを探すと色々な情報が出て来ます。

また走行中はログを取り続けてくれるので、帰宅後に赤外線でPCと通信して記録を管理できます。

まあ、今時赤外線なんて時代遅れですが(笑

ただしポラールには少々問題があって、本体の電池はメーカーで交換と言う事になっています。もっとも個人でも出来るようですが、その場合は防水等の保障が利かなくなるみたいですね。

またセンサー類は電池の交換が出来ません。内蔵電池が切れたらセンサーを交換するみたいです。その場合、国内で買えば5千円程度します。

ちなみにセンサーの寿命は2500時間とか。一般的にロードバイクは1万キロを500時間以内で走りますので、5万キロ以上走れる計算になりますね。

しかしこのセンサーですが、ちょっと大きすぎるんだよな^^;

格好悪いし、他のサイコンのセンサーをつけるスペースが無くなるんです。しかし最近ではガーミンの人気があるようで、上記のポラールのモデルにGPSを付けたような凄い物が、同じような値段で購入できます。

2010_05260003

これ、はっきり言って凄く欲しいです(笑

もちろんPCでデータ管理できますし、PCとの通信は赤外線ではなくてUSBです。

同じような機能で、値段も変わらなくて、しかもGPSまで付いているとなれば、誰もがガーミンを買うでしょう。

またGPSが付いているため、自転車から取り外した状態でも作動します。

例えばウォーキングや車で移動する時に稼動させておいて、家に帰ってから通った道を地図上に表示するなど、色々な事が出来ます。

しかし、唯一つ、重大な欠陥があるんです。

リチュウムイオン電池が内蔵されているのですが、GPS機能が付いているせいで電気の消費が激しく、稼働時間は最大18時間との事。

もちろんそれは新品の性能ですから、直ぐに15時間程度まで落ちるでしょうし、2~3年で10時間を切ってしまう事は誰にでも分かる事。しかも使用しながら電源の供給が出来ないとの事ですから、本当に短時間に限定した走りにしか対応していません。

たとえ新品の18時間ですら、いったい何処を走れと言うのか?

私のペースの目安は6時間で100キロですから、300キロしか走れない事になります。

物凄く優れた機能を持ちながら、肝心な私の好きな長距離の分野では全く役に立たない代物なんですね。

それさえ無ければ、数ヶ月前には私の自転車に装備されていたでしょう。

ただし何れも外国製の輸入品。品質の不安定さは否めないようですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« BRM313代替え日程 | トップページ | 泥はね »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心拍計:

« BRM313代替え日程 | トップページ | 泥はね »