bijin-tokei

無料ブログはココログ

« ロード修理中 | トップページ | 家族でブルベ »

2010年5月11日 (火)

ブルベで学ぶ事

沼津400の復路で、山梨県から静岡県に差し掛かった時、県境を示す標識を見て違和感を覚えたんです。



富士宮市だったか?

何か違うけど、県境はここだけだし・・・

で、帰って来てから以前の写真を見ると一目瞭然でした。



そうだ。芝川町だったんだ。

調べてみると、芝川町は今年の3月23日に、富士宮市と合併したみたいですね。

これでやっと納得。

それから諏訪湖の西岸を走る県道16号線の諏訪大社の前の道、上社宝物殿と言うのかな?、神宮寺交差点付近は、今までクネクネと一方通行を走らされていたんですけど、真直ぐな新しい道が出来たようで走り易かったですね。

それから何よりも驚いた事。

それはキューシートが親切だった(笑

実はですね、昨年までのキューシートは、「折り返した後は来た道を戻って下さい」と言わんばかりの、後半は思いっきり手抜きのキューシートでした(笑

ただし少し残念だったのは、今年変更されたアルプスグリーン道路ではなくて、従来の国道19号を想定していて、途中の信州健康ランドでお風呂と仮眠をとるためにクア・アンド・ホテルグループの会員証をゲットしていたんです。

2010_05110001

これで525円の割引になるんですが、コースからはかなり外れるので、今回は見送ったのです。

が、しかし、予定外に折り返しが速く、その時点で3時間の貯金(時間的余裕)が出来ていたので、風呂に入ってちょっと仮眠するには充分な時間があったんですね。

これは失敗だった><

PC4から健康ランドに向かった方が山の子さんだと知ったのは後になってからですが、帰路で着いていけば良かったと後悔した事は言うまでもありません。

さて、今回のブルベで学んだ事。

仮眠と言っても、何処でも出来るもんじゃぁ無いという事。

今回仮眠場所として選んだ道の駅蔦木宿。建物の中にトイレがあるのですが、その入り口にベンチがあって、大人が2~3人寝ころべるスペースがあるんです。

建物の中なので、夜露も凌げるし風も防げるので最高の場所だと思っていましたが、照明が明るすぎるのと、道の駅という性格上、人の出入りがあるんですね。

だから人が気になって寝付けなかった。

その後のPC6のローソンでサバイバルシートにくるまった時の方が良く眠れた(笑

つまり何の気兼ねもしない所の方が寝やすいという事ですね。

もっとも周りを気にしないという図太さがあれば話は別ですが(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« ロード修理中 | トップページ | 家族でブルベ »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルベで学ぶ事:

« ロード修理中 | トップページ | 家族でブルベ »