bijin-tokei

無料ブログはココログ

« ブルベ用のヘルメットライト | トップページ | 大阪にいます »

2010年10月17日 (日)

ブルベ用のヘルメットライト続編

土曜日の続き^^

何故同じような懐中電灯をいくつも、と言っても2つ目ですが(^^;)、買うのかという言い訳です。

2010_10160011
上SUNWAYMAN C10A 中AKOray K-106 下eneloop

どちらも大きさも性能にも大差ないように思えますが、C10Aは最近の機種だけにLEDに新しい物が使われています。

ご存じのようにLEDの性能は日進月歩で、1年経つとめざましく高性能化、省エネ化が進みます。

と、文章で違いを表すのは大変なので、まず視覚的に見てみましょう。

2010_10160012

実験場所は近所の川沿いの細道。

日が暮れるのを待って写真撮影しますが、条件を揃えるために撮影画像は全て三脚使用でマニュアル、フラッシュ無し、シャッター速度1.3秒、ISO400で撮っています。

先ずは自転車用ライトの定番、CATEYE EL520(単三電池4本使用)

2010_10160013
CATEYE HL-EL520

写真だと何が写っているのか分かりませんね(笑

そして自転車用として人気のあるホームセンターライトの定番、GENTOS閃 SG-305(単四電池3本使用)

2010_10160014
GENTOS閃SG-305

写真だとぼんやりとしか写りませんが、実際にはこの程度の明かりが有れば、老眼のヲジサンでも充分に夜道をロードバイクの速度で走れます。

そして今回購入のおもちゃ。

2010_10160015
SUNWAYMAN C10A

単三乾電池1本でこの明るさですから、最新のLEDの性能の高さが伺えます。

そして参考までに私が自転車の前照灯として使っているライト。

2010_10160016
EagleTac P20A2 MarkⅡ

こちらは単三乾電池2本で使うタイプですが、やはり明るさのレベルが違います。

2010_10160017

ちなみに新しく買ったおもちゃ(C10A)と、前照灯として使っているライト(P20A2)は同じLED(CREE XP-G R5)を使っています。

一応今まで使っていたライト、一番最初の写真の真ん中のモデルではこんな感じ。

2010_10160018

これも単三乾電池1本ですが、実はこのライト、14500リチュウムイオン充電池が使えるんですね。

2010_10160019

14500リチュウムイオン充電池とは充電式の電池ですが、大きさは単三乾電池と同じながら、エネループなどとは違い電圧が3.7Vあるんです。

2010_10160020 
上14500 中eneloop 下 普通の単三乾電池

またリチュウムイオン充電池は取り扱いが難しい事もあって、日本国内では携帯電話のバッテリー以外にはほとんど使われていませんね。

中国や韓国で携帯電話のバッテリーが爆発したという話を耳にした事がありますが、これらは取り扱いを間違えた(知らない)事が原因だと思われます。

で、その14500をAKOayに入れるとどうなるか?

2010_10160021

なかなか良い感じでしょ^^

もっともお題が「ブルベ用のヘルメットライト」なので、通常は光量を落として使用し、最大の光量使用はそれ程無いと思われます。

と言うかさ、ヘルメットライトで最大の光量を必要とするブルベって、どんなだ@@;

真夜中に、街灯もなくクネクネとして急な坂道を走れってか^^;

一応参考までに、車のヘッドライト、主走行灯、平たくいえばハイビームではこんな感じ。

2010_10160022

「比べる事の無意味さを教えてあげよう」と言わんばかりの光量だな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« ブルベ用のヘルメットライト | トップページ | 大阪にいます »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルベ用のヘルメットライト続編:

« ブルベ用のヘルメットライト | トップページ | 大阪にいます »