bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 東京と大阪で定義の違う木枯らし1号 | トップページ | トリックオアトリート »

2010年10月28日 (木)

この季節の自転車の服装

今日の冷え込みは12月並とか、70数年ぶりの寒さとか言われてましたが、そもそも70数年前の事なんて覚えてませんから(笑

しかしですね、肌寒い季節になって来ると、風を受けて走る自転車は服装が難しくなって来るんですよね。

走り始めは冷たい風が当って寒く感じ、うっすらと汗をかき始めると、今度は汗が体温を奪って更に寒く感じるんです。

ですから風が当らない服装、つまり袖と裾のある服装に移行して行くわけですが、これがまた真冬の服装とも行かず、なんとも中途半端な季節なんですよね。

そこでこれからの季節、私が自転車に乗る時の服装の目安を書き出しておきます。

だたし、基本はジャージの下に吸汗速乾系のシャツ1枚のみ。ブルベの時以外は重ね着はしません。

それからパッド付きタイツはあまり使わなくて、基本はレーパンとタイツ。寒くなるとユニクロのヒートテックタイツを重ねています。

★17~18℃以下★
  • 半袖ジャージ+アームウォーマー or 長袖ジャージ
  • レーパン+レッグウォーマー
  • 指ありグローブ


★12~13℃以下★
  • レーパン+パッド無しタイツ
  • イヤーウォーマー


★10℃以下★
  • 裏起毛ジャージ
  • ティッシュペーパー(鼻水が垂れ始めます^^;)


★5~6℃以下★
  • ウインドブレークジャージ
  • ウインターグローブ
  • ネックウォーマー
  • シューズカバー


★0℃以下★
  • レーパン+ヒートテックタイツ+パッド無しタイツ
  • ホッカイロ靴下用
  • 気合!(笑


服装以外にも常に携帯する物として、ウインドブレーカー・膝サポーター・伸びる手袋を持っています。

膝サポーターと言っても、そんな立派な物ではなくて、ダイソーで買って来た物ですが(笑)、膝を冷やすと痛みが出るので、ダウンヒルの時は必ず使っています。

そして伸びる手袋もダイソーで買った物ですが(笑)、これもダウンヒルなどで冷える時に、グローブの下に重ねて使っています。

以上が今まで通勤の時の気温と服装をメモしておいて、それで暑かったとか寒かったとか丁度良かったなど記録して作った目安です。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« 東京と大阪で定義の違う木枯らし1号 | トップページ | トリックオアトリート »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この季節の自転車の服装:

« 東京と大阪で定義の違う木枯らし1号 | トップページ | トリックオアトリート »