bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 息子18歳 | トップページ | 本当は怖い介護の話 »

2011年2月23日 (水)

2月が短い理由

今日は23日水曜日。普段の月ならば来週の水曜日は30日になりますが、2月は日数が少ないので、来週の水曜日は、もう3月なんですね。

それでは何故2月だけ日数が少ないのか?

紀元前8世紀頃のローマでは、ロムルス暦という暦が使われていて、March(現在の3月)から始まる10ヶ月の暦だったそうです。そして冬の間は活動しない事から、月の名前は無かったようです。

その証拠に、英名のSeptember(9月)、October(10月)、November(11月)、December(12月)は、それぞれラテン語の7(septem),8(octo),9(,novem),10(decem)から来ているそうですね。

その後に制定されたヌマ暦で、冬の期間にもJanuaryとFebruaryと言う名前がつけられますが、この頃はまだ月の満ち欠けを元にした暦だったため、度々の動乱で閏月の運用をいい加減にし、月がずれてしまったため、平年は365日、閏年を366日とするユリウス暦を紀元前46年から用いました。

この時に1年の始まりがJanuary(1月)に定められ、奇数番目の月を31日、偶数番目の月を30日と決めましたが、ヌマ暦の名残で2月は28日になってしまったようです。

そしてアウグストゥス皇帝の時代になって、やっと今の暦に変更され、それが今でも使われていると言う事です。

110223_001

調べてみれば、「なるほど」と思える答えを得る事が出来ますが、やっぱり私は「2月が他の月より短いのは、春を待ちわびる雪国の人達に配慮した」と言う考え方が好きだな。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« 息子18歳 | トップページ | 本当は怖い介護の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月が短い理由:

« 息子18歳 | トップページ | 本当は怖い介護の話 »