bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 復興へ第一歩 | トップページ | 計画停電 »

2011年3月23日 (水)

友達作戦その後

米軍第七艦隊は日本の救援活動“トモダチ”作戦のために12750人の人員、20隻の艦船と140機の航空機と共に日本に残っています。 今日までに第七艦隊は110トンに上る救援物資を東北地方の被災地に送りました。

3つのヘリコプター部隊は人道支援及び災害救援のため空母ロナルドレーガンから沿岸の被災地に29トンの援助物資を送り続けています。ヘリコプターが必要な物資を避難所にいる方々と八戸に送り届けました。八戸が物資の配送拠点になっているからです。

空母ロナルドレーガンキャリアストライクグループとヘリコプター部隊HS-4及び HSL-43、そして神奈川県厚木基地のHSL-51は28トンの食糧、水、衣類、薬品、洗面用品、乳児用品 その他沿岸の救援施設に避難している方々にとって大切な灯油などを送り届けました。二つの救援施設には18日に米海軍のヘリが到着しましたが、それは津波発生以来被災者が受けた始めての人道支援でした。

三沢の南130kmの山田駅のある救援所には揚陸艦トーチュガに配備されているHM-14からCH-53シースタリオンエアクラフトが2265リットルの水と5000個の携帯食料を運びました。

海軍の4つの人道支援調査チームは東北地方の災害地の調査を続け日本政府の災害救済計画への正確な情報提供の支援をしています。

それらのチームは緊急援助が必要な方々への物資及び必要最低限の医療を施すことができます。

救難艦セーフガードは福島原発で使われる高圧水揚げポンプを日本政府のために横田空軍基地へ供給しました。4つの佐世保の艦船修理部からのポンプも含まれて居ます。処理能力を増すために米海軍の消防車も派遣されました。

以上、米軍に感謝。

もちろんブログネタ提供に関して(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

« 復興へ第一歩 | トップページ | 計画停電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友達作戦その後:

« 復興へ第一歩 | トップページ | 計画停電 »