bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

HP更新


2年ぶりにホームページをリニューアルしました。

いや、3年ぶりだったかな?

と言っても上っ面を変えただけで、肝心な部分は変えてないんですけど、まあ、そのうちやりますよ(笑

変えるきっかけになったのは、FirefoxやGoogle chromeだと正しく表示されないページがあるからなんですけど、変えたから正しく表示されるかというと、それはわかりません^^;

一応過去ログや写真も整理するつもりではいるんですけど、Windows7に替えてからファイル転送がうまく行かない事が多くて、それも勉強しながらやってます。

多分誰も気が付いていないと思いますが、ブログの右上部分に「メインのページです」という部分から飛べるようになっています。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月30日 (月)

ラーメンポタ

メモリアルデーのため本日はお休み。

本来なら朝から自転車で走り回っているところですが、台風の影響で荒天の予報だったため計画は立てず。

丁度膝の調子も悪かったので、朝一番で整形外科に行って来ました。

110530_001

オーバーロードが原因で膝に水がたまっているとの事。

水と炎症が引くまでは痛む可能性があるが、筋力アップをする事によって再発を防止出来るとか。

丁寧に説明をしてくれるのは嬉しい。やっぱり原因と対策が分かるのは有難いですね。

さて、診察が終わると日が差していましたので、ひざに負担をかけない程度にゆっくりとペダルを漕いで来ました。

110530_002

茅ヶ崎に大岡越前通りと言う通りがあります。

110530_003

ガーミンの地図でも確認出来ますね(笑

テレビドラマ等で有名な大岡越前の大岡氏は、相模の国高座郡(現在の神奈川県茅ケ崎市を含み地域)を治めていたため、ここに菩提寺があるようです。

110530_004

菩提寺の名前は浄見寺。ちょっと外れた所にひっそりとあるお寺です。

お寺のお隣には茅葺き屋根の資料館が。

110530_005

月曜日はお休みとの事で、こちらはなんだかよくわからず^^;

で、こんな所を通っているのはラーメン屋に向かうため。

110530_006

茅ヶ崎の産業道路沿いにある一乃利です。

ここも度々通っていますが、その理由は2つ。味と接客です。

110530_007

多分ご夫婦で経営されているんだと思いますが、奥様の接客時の笑顔がとても素敵なんですよね。

惚れてしまうとか、そう言うのでは無くて、とっても爽やかなので「また来よう」って思うんです。

そんなお店ですよ。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月29日 (日)

洗濯機

我が家の家電品の中で一番買い替えサイクルの速いのが洗濯機。

110529_001

多分7~8年に一度買い替えているような気がします。

今度は乾燥機付きで、洗濯9㎏乾燥6㎏と言うものですが、これでも1回で洗濯が終わらないんですよね^^;

でもこれからの梅雨に乾燥機は強い味方です。

また我が家はオール電化なので、深夜の電気代が一般家庭の3分の1程度で使えるため、寝る前に洗濯機を回しておけば、安い電気代で乾燥まで出来てしまいます。

これでコインランドリーに走らなくても済むわけです^^

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月28日 (土)

青葉200km道志みち

VCR青葉としては今年最後のブルベ、本当は3月12日に開催される予定だったものが今日に延期になったブルベですが、他のブルベと重なったり生憎の天候だったりで、スタートした人は8人。

110528_001

まあ、この時期はほとんどの人がSRを狙って走るので、普通は400kmとか600kmに参加するわけで、200kmの参加者が少ないのも仕方のないところ。

110528_002

しかし個人的には生涯忘れえぬブルベの一つになると思います。

先にも述べましたが、このブルベが開催される予定だったのは3月12日。つまり大震災の翌日だったんですが、実は前日の3月11日、つまり震災当日にぴかさんと一緒に試走に行ってるんです。

地震直後にセブンイレブンに立ち寄り、そこで初めて大地震があった事を知りました。

ブルベの試走中に歴史的な大震災に遭うなんて、如何にもブル兵衛らしいですよね。

さて、梅雨入り最初の週末となった本日は、各地でブルベが開催されているわけですが、特に今夜スタートの西東京のコースを見て思いました。

110528_003

晴れていれば明け方にこんな景色が見られるコースなんですよね

110528_004

これは2年前の1月、右肩の靭帯を切った3日後に、がっちりテーピングをして走ったコースです。

右腕に力が入らなくて、ボトルをボトルケージから抜けなかったのが懐かしい思い出です。

そうやって思い出してみると、何一つ問題なくサイクリング気分で完走出来たブルベって、意外と少ないような気がします。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月27日 (金)

アラXX


関東甲信と東海地方が梅雨入りしたとか。

これで向こう4ヶ月、秋のお彼岸まで活動停止ですな^^;

雨が続く梅雨は鬱陶しくて嫌いですが、梅雨が明けたら明けたで暑い日が続くので、それは雨降りよりも嫌いです。

ところで「アラサー」とか「アラフォー」って言うじゃないですか。

それぞれ“Around30”と“Around40”の略で、年齢を四捨五入すると30歳になるのが「アラサー」で、40歳になるのが「アラフォー」ですよね。

これは2006年に生まれた言葉で、元々は30歳前後の女性を対象にしてファッション業界が作った言葉なんですが、今では男性にも使われています。

それではその上はなんと言うのだろうか?と思っていたのですが、いやいや、呼び方があるんですね。

同様にして“Around50”は「アラフィフ」、“Around60”は「アラカン」、“Around70”は「アラセブ」、また二十歳前後は「アラハタ」と呼ぶとか。

で、ですね、60歳前後の「アラカン」と言う呼び方、アラウンド還暦の略なんですけど、「阿羅漢(本来はアラハンと読む)」みたいで格好良くないですか?

そんなくだらない事を考えているのは私だけだろうか?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月26日 (木)

自転車は痩せるのか?

有酸素運動をすると痩せると思っていた。

現に、私は自転車に乗り始めてから約1年で11.5kgの体重が減った。

が、しかし、その後ブルベを始めてから、6kg太った^^;

毎日自転車通勤を続けているのに、何故太る?

まず、我々が知っている有酸素運動とは

有酸素運動を始める

血中の糖質が消費される

血中の遊離脂肪酸が消費される

体脂肪が分解される(ここまで約20分)


だから20分以上の有酸素運動を続けると、体脂肪の分解がされるので痩せると信じていた。

その説が間違っているわけではないが、その裏とその先が存在するらしい@@;

まずその裏とは、そもそも有酸素運動とは日常生活の範囲内なので、エネルギー消費が非常に少ない事。

しかも、運動中しかエネルギーが消費されないので、運動を終えると元に戻ります。

そして恐ろしいその先とは、有酸素運動で主に使われる遅筋は、同じ運動を続けているとそれに慣れてしまい、エネルギーを消費し難くなるようです。

110526_001

これ等を私を例にとって説明すると

今まで全く運動をしなかった奴が突然運動を始めたので、
筋肉量の不足から必要な筋肉が付き始める

当初はよく筋肉痛を起こしていたが、
その回復の時に体脂肪が消費される

これこそが痩せた原因だった

運動量に対して必要な筋肉が付くと、
少ないエネルギーで大きな仕事が出来る筋肉に変わった

エネルギーを必要としなくなったので太った(笑


ここで何度も出てきた言葉は「筋肉」ですね。

有酸素運動では、運動中にしか体脂肪は消費されません。

が、無酸素運動のように筋肉を破壊するような運動、または筋肉痛が伴うような運動で筋肉が破壊された場合、筋肉は速やかに回復するために、大量の体脂肪を消費するらしいです。

しかもそれは回復するまで続きますので、普通は36時間から72時間もの間体脂肪を燃やし続けるとか。更にそれは寝ている間に活発になるようですね。

つまりブル兵衛が有酸素運動だけで痩せるためには、毎週ブルベを走るくらいの努力をするか、あるいは筋トレをやりなさいって事らしいです^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月25日 (水)

飛んで火にいる夏の虫

多分自転車に乗るには今が一番良い季節なんじゃないかと思います。

暑くも無く、寒くも無くて。

110525_001

しかしこれから徐々に暑くなっていく事を考えると、いまから冬が懐かしく思えたりしています^^;

基本的に冬型の人間なんです。

今年も熱中症に悩まされるのかと思うと、今から憂鬱です。

まあ、外に出なければいい事なんですけどね。家の中でじっとしていられないので、ついつい外に出てしまって、熱中症になるんです^^;

そういうのを「飛んで火にいる夏の虫」って言うんですよね(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月24日 (火)

使える雨グッズ

この週末は、土・日・月と3連休なんですよ。

しかし天気予報は3日とも雨ですね(TT

折角の連休なので、ぷらっと走って来ようと楽しみにしていたんですが、とっても残念です。

もっとも雨の中を自転車で走って来れば良いだけの事ですが、ひとりで雨の中のサイクリングって面白いか?

で、雨と言えば防水グッズがいくつかあるんですけど、最近使って嬉しかったのはこれ。


トピーク トライ・ドライバッグ 防水トップチューブバッグ

以前の物より若干大きめで、走行中の開け閉めは多少煩わしくなったデメリットもありますが、防水性は信頼できます。

ブルベの400kmと600kmの試走で、両方とも雨の中の走行でしたが、この中にデジタルカメラ・携帯電話・ポケットティッシュと、どれも雨に濡れてはいけない物ばかり入れていましたが、一切濡れる事はありませんでした。

それから沼津400kmの時もそうでしたね。でもあの時は雨の中だけ走って、雨が止んだらDNFしたんですけど(^^;)、雨男ですから(笑

それからもう一つ。

110524_001
モンベルOutdryサイクルグローブ

モンベルが防水透湿を謳っているので、期待して購入しました。

確かに雨がグローブの中に染み込んでくる事はありませんでしたし、防風性能も併せ持っていると思われますので、もし自分の手のサイズよりも、一つ大きめのサイズを買っていたならば、インナーグローブなどと併用する事で防寒にもなると思います。

ただし多少蒸れますね^^;

夏の雨には向かないと思います。と言うか、夏は指先が雨で濡れても気になりませんので、必要は無いんですけどね。

あ、それから言うまでも無い事ですが、自転車の雨具と言えばこれ。


モンベルGORE-TEX サイクルレイン ジャケット

ベテランランドヌール達からも絶対的な支持を受けているだけの事はある。

あと必要な物はあれだ。雨でも平気な顔をして走れる、心の防水だな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月23日 (月)

越乃寒梅が・・・

大事な大事な越乃寒梅が・・・



どこかに落としてしまったようで、いつの間にかなくなってしまいました(TT

仕方がないので代わりの物を探したところ

110523_001

ペットボトルのキャップがぴったり^^

とりあえずしばらくの間はこれで代用して、また頑張って日本酒を飲まねば(笑

で、それは何だ?と言う話ですが、自転車のハンドルの先端です。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月22日 (日)

江の島おやじ出会い公園へ

朝少しだけ時間があったので海に向かいました。

110522_001

境川サイクリングロードの藤沢市今田付近で工事中だったところが、新しく道路が出来ていました。

110522_002_2

「今田越流堤橋」と書いてあったので、川が増水した時にはこの道の下から遊水地に水が流れて行くんですね。

さて、私が海と言うと、普段は片瀬漁港なんですが、震災以降中国人がめっきり減ったので、観光地は何処も空いているんです。

なので江の島の奥にある公園、正式名称南緑地広場、俗称おやじ出会い公園まで足を運びました。

110522_003

前回来た時は震災の翌週だったんですね。

ですから釣り人もほとんど見かけませんでしたが、今日はさすがに早朝から釣り人やヨットを楽しむ人で賑わっていました。

で、混んでいると江の島まで渡りたくない理由の一つがこれ。

110522_004

江の島大橋は自転車通行止めなんですよ。

ですから歩道を走らないといけないんですが、これが混むと自転車で走れるような状態じゃなくなるんですね。

ここの歩道は自転車で走ると危ないと思うんですけどね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月21日 (土)

趣味の物は高い?

車や二輪を趣味にもった経験がある者として、自転車は一つ一つの部品が安い事に事に感激するわけですが、でも冷静になって考えると高いよな^^;

例えば車を買うと、ホイールやマフラーを替えたりするんですけど、単位は十万円ですからね。

その点自転車のホイールはと言うと、いやいや、高級品は車に負けてないんです(笑

やっぱり趣味の物は高いのかな?

110521_001

で、リアディレイラーを替えたんですよ。

実は今年に入った辺りから、リアディレイラーの調子が良くなかったんですね。

調子が良くないと言うだけの物であって、悪いという程ではなかったんです。

だから一度オーバーホールでもしようかと思っていたところ、先日の青葉600km鳥坂峠の試走で自転車を勢い良く倒してしまい、リアディレイラーを激しく打ち付けてしまいました。

寄りにも寄ってそれが鳥坂トンネルを出た所なんですけど^^;

そしてリアエンドを曲げてしまったので、応急的に直して走ったものの、一部ギアーが使えないまま走って帰って来ました。

で、次のブルベに備えてメンテナンスをしておこうとリアディレイラーを見てみると、あっちもこっちもガタガタで、プーリーに至ってはよく走行中に分解しなかったもんだと感心するほどガタガタになっていました。

110521_002

シマノ105のリアディレイラーなんて、せいぜい5000円位なんですね。

それを高いと考えるか、あるいは安いと考えるかは価値観の問題ですけど、10個もあるギアーを毎日毎日、雨の日も風の日も、泥だらけになっても正確に変速し続ける性能が5000円とは、決して高いとは思えません。

そんなにお得だったら、また同じ物に買い替えればいいじゃないかという事になるんですけど、そこが趣味なんですよね^^;

デュラエースはシマノのフラッグシップモデル。値段だって105の3倍~4倍します。

私の如きヲッサンには、猫の小判だか豚の真珠に等しい機材ですよ。

110521_003

しかしですね、やっぱり世界のシマノが社運をかけて作っているだけあって、性能や耐久性は申し分ないんですね。

105のペダルは2年でガタガタになりましたが、デュラエースのペダルは2年使っても何ともありません。

110521_004

それは、デュラエースのベアリングの軸受けがステンレスなのに対して、下位モデルのアルテグラや105はスチールなんですね。

結局その差が値段の差や耐久性の差に現れて来るんだと思います。

安い機材をちょこちょこ取り替えて使うもよし。高い機材を大事に長く使うもよし。所詮趣味の世界ですからね。

でも私は長距離走行が好きなので、多少高くても壊れずに動き続けてくれる、信頼できる機材が好きです。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月20日 (金)

まったりと目久尻川CR

目久尻川なんて知らないだろうな^^;

110520_001

ましてや、そこにサイクリングロードがあるなんて、だれが考えるだろうか?

ここ、まったりしていて好きなんですよ。

ロードバイクでかっ飛ばすような道じゃないです。

どちらかと言うと、ママチャリかMTBでのんびり走るサイクリングロードです。

いつもは綾瀬市役所の脇から入って、用田付近まで走ります。

110520_002

一応水源地は座間市の相武台で、寒川の先、平塚市の四ノ宮のあたりで相模川に合流する川です。

でもこの川に並行する一般道は、中原街道などの裏道として利用する人も多いようですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月19日 (木)

LEDで電力不足を乗り切る

夏の電力不足が騒がれていますが、もし全ての照明がLEDになったら、電力不足が解消されるというような記事を読んだ事があります。

例えば東京電力館内の全世帯が、白熱電球1個をLED電球か電球形蛍光灯に交換するだけで、約100万キロワットを節電できるとか。

100万キロワットと言えば原子炉1つ分の電力ですよね。

実は我が家も震災後にシャンデリアを蛍光灯に替えたんですよ。

110519_001

今まで我が家のリビングにぶら下がっていてシャンデリアは、40Wの白熱球5個で200Wの電力を消費していました。

しかしですね、私は個人的に装飾品と言うのが大嫌いで、当然シャンデリアも大嫌いで、いつか取り替えようと訴えていたんですね。

ところが妻はお洒落だとか何だとか、わけのわからない事を言って抵抗していたんですけど、地震の時に相当揺れたのを目の当たりにして、交換に踏み切ってくれたんですよ。

私は空間がスッキリした事に大満足なんですけど、蛍光灯は85Wで、更に減光して使っていますので、消費電力は以前の3分の1位になったんですね。

家庭用のLEDはまだまだ高額なので、なかなか全てを取り替えるというわけには行きませんが、実は自転車のライトや懐中電灯などはほとんどがLEDになっているんですよね。

110519_002

その昔の自転車用の照明といえば、巨大な懐中電灯に単一乾電池を3本とか4本使っているような超重量物で、点灯時間もせいぜい5~6時間だったように思います。

110519_003

また100円ショップも無い時代ですから、自転車で夜走るというのは物凄くお金がかかった時代だったんですね。

時代の進歩と共にエコになっているはずなのに、電力需要が云々と言うのは、やはり無駄遣いが多いんでしょうね。

あ、節電は良い事だけど、夜中の自動販売機の照明を落とすのはどうなんでしょう?

何を売ってるのか老眼のヲジサンには見えないんですけど@@;

お金を入れたら照明がつくのかと思って小銭を入れてみたけど、照明はつかないみたいですね。諦めてお金を戻そうとしたら、返金レバーが何処にあるのか見えないんだ><

どうせ買えないんだったら、いっそ電源を落とした方が親切じゃないですか?

まあ、夜間電力で冷やしておいて、昼は保冷状態になってるらしいですが。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月18日 (水)

ロードバイクでチャリンコ通勤<5月18日(水)=91>

大先輩のブログのタイトルをパクって見る^^

110518_001

天気も良く風も穏やかなので、ついつい海まで走りたくなってしまったけど、整形外科に行く事を思い出した。

実はDNFした沼津400の前日に整形外科に行ったんですよ。

そんで「明日自転車で400km走るけど、膝が痛いから治してくれ」と言ったんです。

まあ、医者にしてみれば無茶苦茶な事を言う患者ですよね^^;

一応、電気針と何だかの当たり前の治療をした後で、膝のテーピングの仕方を教わったんですけど、その後でドラッグストアーに行って安いテーピングテープを買ったせいで、本番ではテーピングが剥がれて来るという有り得ない事態に><

まあ、それでも50km位走った所で痛み始めたわけですから、しっかりテーピングが出来ていたとしても完走は厳しかったでしょうね。

で、今日医者に行った目的はクレームだ。

「治ってねぇじゃねぇか! 足置いて行くから治しとけ!」@@;

…なんて言えないよな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月17日 (火)

1年間違えた><

あぁぁ、1年間違えてた><

今週末は金環食が見られると思ってワクワクしてたんですよ。

横浜では5月21日午前7時31分33秒から金環食が始まり、7時36分32秒まで見られると予定表に書いておいたんですけど、平成24年だったんですね^^;

どうりでこの世紀の大イベントを誰も騒がない訳だ(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月16日 (月)

ブルベを終えて

昨日BRM514青葉600km鳥坂峠を終了しました。

スタッフとして中間地点の清里の仮眠所で待機し、仮眠を取りに来る皆さんとかかわらせて頂きました。

仮眠所に訪れて来る参加者に声をかける度に、人それぞれのブルベがあるんだと、つくづく感じました。

先頭で仮眠所入りした人は、実に仮眠所で4時間半もの間、食事、風呂、布団に入って仮眠と、それはそれは非常に贅沢な休憩をされたにもかかわらず、32時間以内でゴールしてしまうと言う怪物です。かずいさんですけど^^

しかし彼と話をする中で、トップランナーは常に孤独だった事を知りました。

私達のブルベは、自分と同じような速さの人達とPC毎にお会いし、少しずつでも会話を交わす事がモチベーションになっていたりするんです。コース上でも前後に他の参加者がいる事で安心したりするんです。

しかしトップランナーは常に一人だったんですね。そこに自転車の強さよりも、精神的な強さを感じました。

110516_001

また仮眠所で力尽きる人達もいました(笑

200kmや300kmならばサイクリングの延長線上として捉えられますから、「楽しかった」とか「きつかった」で終わってしまいますが、400km以上になると一晩明かしますので、皆さんそれなりの覚悟を持って挑んでいます。当然女性も夜中中一人で走るわけですから、相当な覚悟が必要になります。400kmをサイクリングの延長にしてはいけません。そんな事したら、自転車仲間からは変態と飛ばれ、一般社会からは廃人と呼ばれます。

ましてや600kmは2日間走り続けるわけですから、参加者は覚悟を決めて「赤城の山も今宵限り。生まれ故郷の国定村や縄張りを捨て国を捨て、可愛い妻子のてめえ達とも別れ別れになるかどでだ」とばかりに家を出て行くのに対して、家族からしてみれば「お父さんは2日間も自転車で遊びに行った」と言うだけの解釈ですから、このギャップに苦しむ人も多いんです(笑

これが1000kmや1200kmになったならば3~4日にもなりますので、帰宅後には捺印済みの緑の紙が用意してある事が間違いありませんので、違う覚悟も必要になります^^;

PBPなんかに行って帰って来たら、家には別の人が住んでいるでしょうね。今年はそういう人達が増えそうです(笑

110516_002

まあ、どういうわけかこのコースは難コースとのレッテルを貼られてしまっていて、青葉スタッフの内3名は同日に開催されている神奈川のブルベに逃げてしまったほどなんです(笑

もっとも彼らはPBP出場権がかかっていますので、青葉のコースで万が一にもDNFしてしまうリスクを考えると、少しでも完走し易い神奈川のコースを選択したのは納得できます。

更に試走したスタッフの内2名がDNFしてしまいました。まあ、ここだけの話、このコースを作った人がDNFしたんですね(笑

コース作成者曰く、「来年は諏訪湖に行くのを止めて、沼津に下って伊豆の冷川峠(伊豆で一番低い峠)から湘南海岸を通って藤沢から帰ってこようか」と。

私が「それじゃあ鳥坂峠のタイトルは無くなりますね」と言ったら「2つやろうか」と言ってましたので、コースは残していただけると思います^^

個人的には来年も走りたいコースなんです。良いコースとか悪いコースとか言うのではなくて、全体的にちょと辛いコースだったので、次回は余裕で走ってみたいんです。それが40時間ぎりぎりでも良いんです。足と心に余裕を持ってコースを楽しむくらい強くなりたいんです。それが当面の目標になりそうですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月15日 (日)

逃走中

BRM514青葉600km鳥坂峠、そろそろほとんどの参加者がゴールに向かっている頃だと思われます。

私は昨夜から清里の仮眠所担当スタッフとして今朝まで仮眠所にいました。

110515_001

その後コースをたどって鳥坂峠を上り、一部の参加者に挨拶をした後、山中湖に先回りして先頭の参加者を見届け、ゴール受付に行きましたが、逃走してまいりました(笑

走ってはいませんが疲れたのでブルベ終了を確認せずに寝ます(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月14日 (土)

BRM514青葉600km鳥坂峠

晴天に恵まれたブルベとなりました。

110514_001

朝7時、等々力のせせらぎ館を46名の強者たちが600km先のゴールを目指して出発して行きました。

私は今回はスタッフのため、皆様のドロップバッグをお預かりして、仮眠所に運びます。

110514_002

ドロップバッグとは、ブルベ参加者が着替えなどの荷物をバッグに詰めてスタッフに預け、途中に設営された仮眠所などに運んでもらい、そこで一旦荷物を受け取りって着替えなどを済ませたら、再びスタッフに預けてゴールまで運んでもらうというシステム。

長距離や長時間では荷物を減らせるので、非常に重宝するシステムです。

それにしても今までブルベを走って来て、自らドロップバッグの恩恵を受けたことが無い。奇しくも皆さんのバッグを運ぶ仕事が初めてのドロップバッグとは^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月13日 (金)

五月は雨が多い

だいぶ膝の痛みも治まってきて、このまま完治に向かう事を願うばかりですが、ここで無理をすると先週の繰り返しになってしまいますので、治るまではブルベを封印^^

110513_001

まあ、恵まれた事に、自らブルベを走らなくても、明日明後日はスタッフとしてブルベに絡めるので、気分はブルベそのものですよ^^

それにしても今週は雨が続きました。

が、実はですね、5月はとても雨が多いんですね。

いままでの自転車通勤の記録を見てみると、毎年5月が一番少ないんです。

これが何を意味するかと言うのは考えるまでも無く、私は基本的に雨が約束された日は車で通勤し、それ以外は自転車通勤ですので、自転車通勤回数が減る月というのは雨がよく降る月という事になります。

つまり5月は雨が多いんです。

実際に昨年の横浜の雨の日数を数えてみると、5月は半分の15日間で雨が降り、6月はさすがに梅雨というだけあって3分の2の20日間。そして概ね月の3分の2が梅雨に当たる7月は、なんと12日間しか雨が降っていません。

それでは月の3分の2が雨の6月よりも、半分だけ雨の5月の方が、何故自転車通勤が少ないのかと言う事ですが、実は5月の雨はしっかりと降る事が多いのに対して、関東地方の梅雨はどちらかと言うと霧雨に近い感じなので、多少濡れても寒さを感じない季節と言う事もあり自転車通勤の回数が増えるんですね。

意外な関東の雨事情でした。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月12日 (木)

膝痛の原因

スポーツなどで膝を痛めた場合、リハビリには自転車が良いと言います。

それでは自転車で膝を痛めた場合はどうするんだ?

明確な答えは見つからなかったけど、どうやら痛みが激しい時を除いては「安静にしてはいけない」らしい。

安静にしていると靭帯などが硬くなり、血流も悪くなって疲労物質が停滞し、栄養障害を起こすので、余計に治りが遅くなるようです。

早い話、血流を良くすれば良いのかな?

それなら話は早い。得意分野ですからね。酒を飲もう(笑

110512_001

自転車で膝を痛める原因は、筋肉の疲労や靭帯の硬化によって起こる靭帯炎だそうです。

これを防ぐためには筋力の強化と、膝周りのストレッチが大事だそうな。

そして痛み出したら直ぐにアイシングをする事が大切で、湿布やインドメタシンは一時的な痛み止めにはなるものの、治療効果は無いどころか、血流を阻害する事があるので、限定的な使用に留めるべきだとか。

要するにストレッチと筋トレ、それからアイシングですね。

これは昨年左足首を痛めた時にも、同じような結論に至りました。

足首が痛むのは、ふくらはぎの筋肉疲労が原因で、ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ及びふくらはぎの筋トレをすれば良いと。

まあ、筋肉疲労も起こすわな。何しろいい歳こいたヲッサンが、夜もほとんど寝ないで24時間以上自転車を漕ぎ続けるわけだから、どこかおかしくならない方が間違えてる。

110512_002

ちなみにですね、4年前にも膝を痛めて四苦八苦した事がありました。

その時はですね、ブルベに参戦し始めた直後で、200kmとか400km走っても平気だったのに、何故箱根に往復しただけで膝が痛んでペダルを漕げなくなるのか、しばらく悩みました。

秋までは箱根往復でも膝は痛まず、ブルベで長距離を走っても膝はほとんど痛まず、何故今頃と思ったのが冬でした。

もしかしたら下り坂で膝を冷やしてはいないか?と思い、試しにダイソーで膝のサポーターを買って来たんです。左右で210円です。

それが大当たりで、坂を下る前に膝にサポーターを着けて下ったところ、全く膝は痛みませんでした。

散々悩んだ事が210円で解決したんですね(笑

その時はなんと安上がりな人間なんだと思いましたよ。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月11日 (水)

ブルベ開催準備

週末のブルベのブルベカードの印刷を終えた。

110511_001

天気予報によるとこの週末は晴天に恵まれるようで、風薫る五月を満喫出来るとか。

この週末は私がスタッフをする青葉を初めとして、神奈川、埼玉でも600kmが開催され、PBPを狙う人や関東周辺の人達はここでSRを取りに行くと思われます。

それにしても600kmが晴天の下で走れるなんて、羨ましい限りですね。

一度で良いから雨が降らない600kmを走ってみたいもんですね。

さて、今回の青葉600kmは、キューシートにいくつか罠が仕掛けられています(笑

そんなもん仕掛けるなと文句を言われそうですが、スタッフとしては参加者が罠にかかって迷っている姿を見るのが楽しいわけで(笑

と言うのは冗談(半分本気)で、単に修正されていないだけなんですけど、まずキューシート18番に「二つ目の信号」の表示があるんですけど、実は信号は一つしかないんですね(^^;)、しかも距離もキューシートが800mに対して、実際には700mです。

そして最後の最後、「馬駈」交差点から「藤の木」交差点まで5.4kmと書かれていますが、実際には7.2kmあります。

後はキューシートをよく見れば間違えないと思います。

全体的なことを言いますと、後半は貯金が稼げないコースなので、前半、特にPC1からPC2までに作った貯金が仮眠時間に大きく係わってきます。

で、このコースのタイトルにもなっている鳥坂峠は、見るだけで心が折れます(笑

最初に目にするのは、真直ぐな急勾配なんですねw(゚o゚)w



私が走ったときは土砂降りでしたので、道路が川・・・ではなくて、あまりの傾斜に滝のように流れていました(;゜0゜)



しかし上った後が精神的によろしくない。延々と下るんですよ^^;

何処までも何処までも下るんです。折角上ったのだから勘弁して下さいと言いたくなります。と言うか、私は言いました(笑

でも許してもらえませんでした><

そして精進ブルーラインに接続してから、またまた上らされます。

本当は途中で河口湖へのショートカットコースがあるんですけど、それをさせないために精進湖に通過チェックがあるんですね。

110511_002

通過チェックですから時間制限はありませんが、16時を回っているとかなり厳しいですが、ここを16時前に出発出来ればほほ完走間違いないですね。

まあ、スタッフとしては、参加者が疲労困憊で帰って来る姿を見るのが楽しいんですけどね(笑

皆様のご検討をお祈りいたします。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月10日 (火)

ブレーキシュー

先月替えたばかりのブレーキシューが磨耗して効かなくなったので取り替えた。

110510_001

先月の御坂みち400kmの試走前に新品のブレーキシューに替えたんです。

その後鳥坂峠600kmの試走にも行き、この1ヶ月間に走った距離は1500km程。

普通は4~5000km程でブレーキシューの交換をするんですけどね。さすがに雨ばかりだと減りが早いですね。

もっとも、普通でも2000kmを超えると効きが悪くなりますので、遠出をする前には替えたりする事があります。

何しろ前後で1500円程度ですから、その程度の投資で安全性が向上するならば安いもんですよね^^

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月 9日 (月)

創彩麺家 野の実

先日のブルベの帰り道、折角東名高速を通るのだからという事で、昨年11月25日にリニューアルされた足柄サービスエリアに寄って来たんです。

もちろんお目当てはフードコートに入っているラーメン界の重鎮、佐野実氏がプロデュースしたと言う店「創彩麺家 野の実」です。

110509_001

確かに名前が通っているだけに、ラーメンは高め。

醤油ラーメン¥780~
塩ラーメン¥850~

で、本店の支那そばやでは、通は塩ラーメンを好むようですが、私は醤油の口の中で広がる昆布の甘味?(だと思っている)が大好きなので、ここでもそれを期待して醤油を注文。

が、しかしですね、支那そばやの味を知らないで食べたならばこれは美味いと思う。そこら辺のラーメン屋の味のレベルではない。でもこれは支那そばやの味ではないですね。

まあ、支那そばやの支店ではなくて、あくまでも佐野実氏がプロデュースしたと言う店と言う位置付けなんでしょうね。

という事で、久しぶりに支那そばや本店に行きたくなってしまった。

実は家から数キロのところにあるんですよ。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月 8日 (日)

DNFだけどレポート

自身2度目のDNF(リタイヤ)をしてしまいました。

まあ、今回は当然の結果だと受け止めております。

何しろ、先週の鳥坂峠600kmの試走で痛めた膝が治らず、ブルベ前日まで階段を下りる時に痛みを感じていたくらいですから、その膝で400kmなんて普通の人は走りませんよね^^;

でもそこはそれ、これを完走すれば昨年取りこぼしたSRに返り咲けると言う欲目があったので、無理をしてでも挑戦したかったんですよね。

それに膝が痛いからと言ってDNS(出走取りやめ)をするのは簡単です。でもDNSした時の何とも言えない悔しさを知っているので、それならば「走れば良かった」と後悔するよりも、「走らなければ良かった」と言う後悔の方が、少なくとも行動を起こした分だけ次回に向けて前進出来ると思いませんか?

だから直前まで迷いながらもスタート地点の沼津に向かいました。

そもそもブル兵衛なんて走って何ぼのもんですよ。走らないブル兵衛はただのヲヤジですからね。

110507_001

出走サインを済ませると、もうDNSは無くなります。

後は走るだけ。駄目ならDNFしよう。

スタートはTMR仲間のまこたさんと共に走ります。というか、DNFするまでほとんど一緒だった。

途中で青葉副代表のT氏をお会いし、T氏は大声で「雨男!」と叫んで走り去って行きました(TT

そうです。スタートは雨でした^^;

そういえば受付に赤ちゃんとそのお母さんがいましたが、T氏の奥さんとお子さんだったんですね。どこかで見た人だと思っていましたが、気が付くのが遅すぎ^^;

110507_002

しかしですね、しっかり膝にテーピングしたつもりだったのに、途中で剥がれて来て、ドラッグストアーに駆け込み、そこでテーピングのやり直しです。

110507_003

PC1ではけーこさんにもお会い出来ました。

本栖みちの時には居眠りで転倒して、顔にあざを作って帰って来られたことを思い出します。今日はいったいどこにあざを作って来るのかと楽しみにしながらいやいや、野郎の傷は勲章にもなるけど、女性の傷は痛々しいだけなので、くれぐれも安全運転でお願いいたしますm(_ _)m

110507_004

PC1をスタートしてからは徐々に膝の痛みが出て来ます。

国道52号に出てからは、いつもは南から北に吹く風も、今日は反対方向で向かい風。その影響もあってか、膝の痛みも顕著になり、いよいよPSRを見極めなくてはなりません。

PSR:Point of Safe Return(航空機などが残りの燃料で安全に帰還できる限界点)

ブルベは商業イベントではないので、リタイヤの場合の回収はありません。たとえどんな状況でも、自力で帰らなくてはならないんです。

だからこの判断を誤ると大変な事になってしまうんですね。

110507_005

で、結局85km地点でDNF

スタッフに連絡を入れ、来た道を引き返します。

私がDNFを決めた途端に青空が出て来たのは気のせいだろうか?

110507_006

さて、ここで方向を変える瞬間が一番辛いんですよね。悔しさと言うか、何というか、でも自分で決めた事だから仕方がありません。

しかしこの後に、別の辛さが襲って来る事はこの時はわかりませんでした^^;

引き返すと決めた以上、のんびりと観光しながら帰る事にします。

110507_007

それにしてもこのコース、いろんな思い出が多すぎる道なんですよね。

麦秋館の皆とも走りました。

それから自分の限界に挑戦しようとして走った事もあります。



あの時はここで限界を感じて、電車で帰ろうとしたんです。が、終電が終わってた(笑

そしてまた思い出を作ってしまった。

110507_008

帰路は追い風+下り基調で、往路は4時間半かかった道を、復路は膝の痛みをかばいながらも4時間で帰られました。

戻ってから気が付いた事ですが、DNFとは言え、往復で170km走っているんですね。

ブルベには200km以下の数字がありませんが、ブルベをやらない一般の人のサイクリングならば、170kmはそれなりの距離なんですよね。

110507_009

さて、SRが一時的に遠ざかってしまいましたが、どこかで決着をつけなくてはなりません。

ちなみにSRとはその1年の中で、200km、300km、400km、600kmの4種類すべてを完走した人の事で、私は今年200km、400km、600kmを完走していますので、残りは300kmだけなんですよね。

もちろん多い距離で代替えが出来ますので、今回400kmに挑戦したわけですが、見事に散ってしまいました。

でもここまで走っていて、SRが取れないのはとても悔しいと思いませんか?

しかも今年はPBPの年ですから、SRメダルのデザインが変わるんです。

110507_010

だから意地でもSRを取りに行きたいのですが、さてさて、何処で取ろうか?

走行距離: 170.54km

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月 7日 (土)

BRM507沼津400kmDNFです

110507_001

昨日まで階段を降りるのも辛かった膝で、今日のブルベは無茶だった(^_^;)

でも走れるかどうかなんて走ってみないとわからない事だし、何もしないで諦めるよりも、無理だと言うことを納得したかったから出走しました。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月 6日 (金)

明日はブルベ・・・だけど

明日はSRがかかったブルベなんですけど、まだ迷っています。

110506_001

先日の青葉600km鳥坂峠の試走のダメージが大きくて、未だに左右の足首の腫れがひかず、さらに致命的なのは右の膝。

平地でペダルをくるくる回すと痛むんです。上りは短ければ何とかなるんですけど・・・

明日のコースは比較的楽なコースなんですけど、それでも400kmありますので、なめてかかると痛い目を見ます。

110506_002

ここは大人の判断で休養するべきか、それとも一気にSR返り咲きを図るか、悩むところです。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月 5日 (木)

磁器婚式

本日20回目の結婚記念日となりました。

世間では磁器婚式とか陶器婚式などとも呼ばれるようですが、20年とはちょっとした歴史ですよね。

ベテラン夫婦から見ればまだまだヒヨッコのレベルかもしれませんが、それでもこの20年で学んだ事はとても多いと思います。

まず家庭に一番大切なものは、「母の笑顔」だと言う事。

やっぱりね、家庭の中心は「お母さん」なんですね。お母さんが笑顔だと、子供達も伸び伸びしています。お母さんがピリピリしていると、子供達にも余裕がなくなるんです。

だからお母さんの笑顔を作るために、お父さんは努力をしなくてはいけないんですね。

110505_001

そして絶対に「誰のお陰で飯が食えるんだ」なんて態度は駄目ですね。

あくまでも夫婦二人で家庭を切り盛りするという考え方が基本。

また結婚して年月が浅い頃は、相手に求める物が多かったようにも思います。

たとえば性格や習慣など、自分と違う部分を「直して欲しい」などと思っていましたが、それは大きな間違いですね。相手が「直す」のではなくて、自分が変わるように努力する事が大切なんですね。

あきらめたり我慢するのでもありません。自分が成長するんです。

たったそれだけの事に気が付くのに、ずいぶん時間がかかりました^^;

まあ、とりあえず、今まで私を支えてくれた妻に感謝します。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月 4日 (水)

BRM514青葉600km鳥坂峠試走その2

軽井沢から韮崎までの約100kmは、3週間前に走った400kmの時と同じ道。真逆1ヶ月以内に同じ所を走る事になろうとは(^^;)。しかもどちらも夜中だ(笑

野辺山の頂上が近付くと、道端にモーモーさんを見かけるようになります。

110503_013

前回は霧が深くて、目の前に来るまでそれが何だか分からなかったんですね。

でも今回は良く見えました^^

しかしですね、頂上手前で突然気温が上がったんです。標高が上がって気温が上がるって変だと思いませんか?

直感的に思ったのは、峠の向こう側は坂を吹き上がるような強烈な南風が吹いているという事。それが峠近くなって、こちら側にも流れて来ている。

標高の高い所で夜中に気温が上がるのは歓迎出来ますが、坂を吹き上がるような風と言うのは、要するに上昇気流なわけで、つまり雨が降るという事なんですよね。

その予感、当りました(笑

清里のPCに着いて、前回400km御坂みちの本番の時はここからの夜空がとても綺麗だったと聞きました。今日はどうかな?と思い空を見上げると、・・・バラバラッと雨粒が落ちて来ました><

とりあえず雨具を着込んでスタート。

そしてこの先に4箇所ほどある横断地下道で仮眠をします。

が、ここで4時まで寝てしまったのが大失敗。

韮崎に下ったのは5時。ここから諏訪湖までの58kmを3時間ちょっとで走らなければなりません。平地ならまだしも、一応峠と呼ばれている富士見峠を越えなくてはなりませんので、かなり頑張らないと厳しい状態。

私がそのことを指摘すると、一同、突然無言になって、さっさと諏訪湖に向かいます。

が、しかしですね、私は普段規則正しい生活をする人間です。朝起きて朝ご飯を食べると、出る物が出るんですよ^^;

ここで青葉代表に「この先の道の駅に立ち寄るので先に行って下さい」と告げ、ダッシュで道の駅を目指します。

そして道の駅白州に飛び込み、軽量化ついでに湧き水を汲んでリスタート。

ここからは必死に青葉代表とBongoさんを追いかけます。

110503_014

しかし行けども行けども2人の背中が見えず、自分だけタイムアウトしてしまうのではないかと言う不安に襲われます。

ただしここは走り慣れた道。景色から大体の時間が読めますので、間に合いそうだと分かった途端に足から力が抜けました^^;

私がPC4のセブンイレブン下諏訪一ツ浜店に着いたのはクローズ30分前。

が、2人の姿がありません@@;

PCを間違えたかと思いつつ、とりあえずレシートをもらって店の名前を確認し、間違いでない事に一安心。

つまりどこかで2人を抜いてしまったようですね。

その後青葉代表はクローズ10分前に到着。Bongoさんは5分前に到着。

皆さんホントにギリギリでした^^;

でもこれがゴールまで続く事になるとは、この時は誰も感じていませんでした。

またBongoさんとはこれが最後になってしまいました。ホントは私と同じようなペースで走るような人じゃないんです。とっても速い人なんですが、どうもこの日は非常に体調が悪かったようで、とても辛そうでした。

彼はその後甲府でDNFしてしまったようです。残念。

110503_015

PC4からは諏訪湖を一周して、来た道を戻ります。

ここは下り基調なので時間的には余裕なんですが、その先の鳥坂峠を考えると少しでも時間を稼いでおきたいところですが、青葉代表は眠気に襲われてフラフラと。

止むを得ず道の駅蔦木宿の休憩室で、少々仮眠を取ります。

110503_016

仮眠で復活した後は、雨が降ったり止んだりする甲州街道を笛吹市目指して進み、甲府盆地に降りた頃には日差しが出て暑くなっていました。

110503_017

国道20号線蓬沢(よもぎさわ)交差点を右折し、2軒目のファミリーマートがPC5

ここは時間的に問題なく到着しましたが、次のPC7の山中湖までは強烈な上り坂を含む上り基調の60kmです。どんなに頑張っても5時間は欲しいところですが、既に時間が押して来ています。

暑いので半袖になってスタートし、いよいよ今回の御題でもある鳥坂峠に挑みます。

110503_018

が、鳥坂峠のアプローチに入って直ぐに雨が降り出します。

大粒の雨は直ぐに激しくなり、慌てて雨具を着込みます。

やがて坂が本格的になって来ると、見たくないものが見えます。真直ぐな上り坂ですが、ずっと先の方が反り上がっているように見えます@@;

と言うか、実際に反り上がっていました><

ここまで500km近く走ってきた足で、しかもノーマルクランクのチェーンホイールで、何が悲しくってこんな激坂を上らなくてはならないのか?

これは間違いなく罰ゲームだと確信します。

そして罰ゲームは更にエスカレートし、雨が一層激しく叩き付け、道路が川のように・・・じゃなくて、これくらいの傾斜になると滝のように激しく水が流れます^^;

と、ここでバッグにカバーをかけていない事に気が付き、それを理由に登坂車線手前で一旦停車。しかし一度足を着くと発進出来ない傾斜でした^^;

仕方が無いのでしばらく押し歩き。でもスピードは変わらず(笑

登坂車線が終わったところで再び漕ぎ始めますが、眼下には町が綺麗に広がります。

110503_019

町が見下ろせると言う事は、雨が降っているのはここだけなんですね^^;

やっと鳥坂トンネルまで辿り着きますが、実はここから無駄に遠回りをしなくてはなりません。

110503_020

鳥坂トンネルの先、若彦トンネルを抜けると直ぐに河口湖に着くんですけど、ここは一旦精進ブルーラインまで下り、もう一度坂道を精進湖まで上らされます。

そこでショートカットしないように、精進湖のヤマザキショップが通過チェックポイントになっているのですが、生憎そこは24時間営業ではなく朝6時の開店らしいので、それ以前にそこを通過する人のために、代替の通過チェッククイズを設ける事にしました。

そのクイズを考えるのが私の役目。

110503_021

しかし精進湖に着く頃には随分時間も押していて、山中湖までの30kmを2時間半で走らなければならない状態に。

ここまで約500km走り、しかも鳥坂峠のような激坂も上り、そこからダッシュさせられるなんてどういうコースだろうか?

でもここまで来てDNFは悲しすぎるので、雨の中、山中湖を目指して疾走しました。

110503_022

山中湖にはぎりぎりで到着。雨ではありますが、見慣れた景色に安堵します。やっと帰って来たという感じでしょうか。

またここでやっと完走が見えてきました。

が、ただでは完走させてくれないのがブルベ。

道志みちの下りで青葉代表がパンク。普通は直ぐに直してリスタート出来ますが、青葉代表はチューブラータイヤを使っていて、リムテープが雨に濡れて上手く貼りつかず、思わぬところで手間取ってしまい、結局ゴールしたのは制限時間の7分前。

兎に角余裕の無いコースでしたね。特に後半に余裕が持てなかったのは予想外でした。

その原因は余裕こいて清里で寝てしまった事ですか^^;

やはり清里は後1時間早く出るべきでしたね。

でも来年は走らない(笑

青葉代表も、来年はコースを見直そうと言っておりました^^

まあ、これで昨年取りこぼしたSR復帰にリーチがかかりました。

実は走っていないのは300kmだけなんですけどね(^^;)、今から参加出来る300kmが無いので、400kmか600kmで代替します(笑

さて、一応試走が出来ましたので、BRM514当日はスタッフとしてお手伝いいたします。皆さんのスタートを見送った後、清里の仮眠所で・・・寝てます(笑

走行距離: 607.47km

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月 3日 (火)

BRM514青葉600km鳥坂峠試走その1

4月30日、5月1日でBRM514青葉600km鳥坂峠の試走に行って来ました。

まあ、兎に角、今後何かとネタになるブルベの一つだった事は間違いないです。

ただこのブルベを通して一つだけ悟りを得た事があります。

ブルベを「修行」と言う人がいますが、それは間違っている。

ブルベは強制されない罰ゲームです(笑

110503_001

先ずは30日朝7時、スタート地点のせせらぎ館前に集合です。が、肝心の青葉代表が遅刻して来て、10分遅れでスタート^^;

110503_002

青葉代表、Bongoさん、私の順番でスタート。この時点では晴れていました。

前半しばらくは、3週間前に試走で走った青葉400km御坂みちと同じ。ただし今回は晴れています^^

110503_003

そして山伏峠を越えて少し下った所、前回400kmの時に数名がここで正丸峠方面に行ってしまい、延々と走った所で気が付いて引き返すも、タイムオーバーでDNFになった所ですね。

110503_004

左方向が正解です。

でも気持ちは分かるんですよ。

ブルベをやっていて、二股でどちらに行くか迷ってしまった場合、大概は上り坂方面に行くんです。だってさ、坂を下ってからミスコースに気が付くよりも、上り坂を上ってからミスコースに気が付く方が幸せでしょ。

だからとりあえず上っておけば間違えても下れば良いと考えるんですけど、ここは間違えると峠越えになって、とんでもない所に降りてしまうんですね。

110503_005

さて、秩父の酷道299号線は、羊山の芝桜の見頃とあって激しく渋滞していました。

この道、ホントに何回走っても嫌な道ですね。

で、羊山と言えば「ひつじや」(謎

110503_006

ここのコロッケが美味いと言うので、皆で立ち止まってコロッケを食べます。

確かにお肉屋さんの揚げ物の類は美味いですよね。衣もサクサクだし^^

秩父からしばらく走ると、400kmの時とは別ルートを進み、高崎に向かいます。

110503_007

町いっぱいに花があって、とてもきれいな町の印象ですね。

でも「花の手入れは大変だろうな」とか「税金でやってるのか?」などと現実を考えてしまうところがヲヤジなのかな^^;

でもそんな事を考えているのも束の間。本物の現実を見せられます。

雨が降って来た@@

110503_008

「今日は降らないはずじゃなかったのか?」と思うも、そこはそれ、天下の雨男がブルベを走っているわけだ(笑

高崎からは長野原まで緩い上り坂。実はこの区間である程度貯金を稼いでおく必要があるんですね。これ以降、貯金が稼げる区間がほとんど無くなるからなんです。

110503_009

でもこの辺りは建設か中止かで騒がれた八ッ場ダムの建設現場。ブロガーとしては何処がダムなのか気になるところですよね。

110503_010

実際に行ってみれば分かりますが、これは単にダムが云々という様な工事ではなくて、町そのものを移転するような凄い工事なんですね。そういう事は何となく知ってはいたものの、自分の目で見るとその規模の大きさに驚いてしまいます。

これは金がかかるわ。

某政党が反対した気持ちは分かる。だけどここまでやってから中止は理解出来ない。

110503_011

そんな事を考えつつも、日は徐々に傾き始め、やがて国道145号線から国道146号線に分かれて行きます。

146号に分かれてからは峠越え。約20kmの上り坂になります。

110503_012

浅間高原とか北軽井沢とか、数十年前には何度もデートに来た場所ですね。

懐かしい過去を思い出しつつ心は温まりますが、気温は徐々に下がって行き、途中で防寒具を着込みました^^;

ここまで来るとさすがに何処かのお店に入って夕食を食べたくなりますが、標高の高い所ですから、とりあえず佐久まで下ってから手頃な所に飛び込む事にします。

佐久で夕食、と言っても22時前でしたので、かなり遅い夕食になってしまいましたが、いよいよ眠気が襲って来ます。

しかしここでのんびりするわけにはいかないんです。ここから37kmの上り坂を上った先の清里のクローズ時間は午前2時40分。つまり、この時点で22時ですから、4時間40分で37kmの上り坂を上り、残った時間が仮眠可能な時間になるわけですね。

意外と余裕が無いと思いつつ、この時はそれ程真剣に考えていませんでしたが、それが後で大変な事になるとは、この時には気が付きませんでした。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2011年5月 2日 (月)

妻の誕生日

妻の誕生日なので、毎年のように花を贈っています。

110502_001

「釣った魚にエサはやらない」と言うけれど、「幸せにする」なんて大ウソついてしまった責任は取らないとな(笑

そもそも男が女性に対してホントの事は絶対に言わないもんですよ。

「君だけだよ」とか、「一生大事にする」とか、その場限りの言葉ですから(笑

でも男なら潔く腹を決めて、過去に言った「嘘」の責任を取りましょう。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

2011年5月 1日 (日)

とりあえず完走

全てがぎりぎりでBRM 514青葉600km鳥坂峠を完走しました。

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »