bijin-tokei

無料ブログはココログ

« ケイデンスセンサーのマグネット | トップページ | パナレーサーなんか嫌いだ>< »

2011年7月 9日 (土)

来年のブルベのコースを考える

ブルベの話。

実は今、スタッフの皆さんは来年のコース設計をしているんです。

でも私は今回はコースを作りません。

スタッフになる前、自分で作ったコースでブルベが開催されることは夢でした。

そして幾つかのコースはすでに設計済みで、キューシートもいくつか出来上がった物があります。

でも出しません。

と言うのは、スタッフとしてブルベに携わり、参加者とかかわるうちに、自分自身の考え方が変わってきたと思うんです。

110709_001

先ず日本でのブルベの歴史は浅いです。

日本のブルベは、オダックスジャパンが取りまとめていますが、オダックスジャパン自体も誕生してから約8年です。

それ以前はランドヌール・ジャポンとしてブルベが行われていました。

当時のコースの例としては、静岡県の掛川の辺りをスタートし、東へ向かって富士市から北へ向かい、韮崎辺りで折り返してくるようなルートだったらしいです。

今ブルベをやっている人達ならば、「そのコースなら絶対に完走できる」と思うようなコースですね。

ところが現在行われているブルベのコースはどれも厳しいものばかりで、初心者が挑戦するには少々厳しすぎるような気がするんです。

でも実際に自分でコースを設計すると、誰もが厳しいコースを作るんですよね^^;

かくいう私が作って持っているコースも、自分で走ると時間ぎりぎりのコースなんです。最後に箱根を上るとかね(笑

そんなコースばかりでは、初心者が楽しめないじゃないですか。

最初はどんな気持ちでブルベに参加するでしょうか?

いろんな人がいるのはわかっていますが、その多くはサイクリストとして200km走れたという認定が欲しくて挑戦するんじゃないでしょうか?

ブルベを知らない人からすれば、200kmなんてすごい距離ですよ。

それにはコースは優しいに越した事はないんです。

ですから、先ずは比較的難易度の低いコースを多く作り、それを数多く開催して、多くの人に楽しんでいただく。そしてその中でも我こそはと思う人たち向けに難易度の高いコースを少しだけ作り、「山岳コース」や「スーパー」などの如何にも難易度の高そうな名前を付けて開催した方が良いのでは?と思うようになったんです。

が、しかしですね、実際に神奈川発で考えると、平地が多いコースを作れば交通量と信号の多さに悩むコースになりますし、山の方へ逃げると自ずと厳しいコースになり、なかなか理想とするようなコースって出来ないんですよね^^:

まあ、じっくりと勉強させていただくつもりですから、そのうち私が設計したコースが出る事も期待してください。必ず箱根が入りますのでわかりやすいと思います(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

自転車に乗る全ての方にお願いです。
自転車は道路運送車両法第二条第四項で定める「軽車両」ですから、車と同じ左側通行の遵守をお願いいたします。
道路交通法及び道路運送車両法は「法律」ですから違反は犯罪です。もちろん「知らない」と言うのも通用しません。
また自転車といえども、必ず保険に入る事が、貴方とその家族を守る事になります。

« ケイデンスセンサーのマグネット | トップページ | パナレーサーなんか嫌いだ>< »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年のブルベのコースを考える:

« ケイデンスセンサーのマグネット | トップページ | パナレーサーなんか嫌いだ>< »