bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 関東のところてん | トップページ | シマノのユーザー登録 »

2011年7月31日 (日)

ボトルケージ

私は典型的な日本人体型なので、まあ、つまりあれだ、足が短いって事だけど(^^;)、自転車のフレームのサイズを選択する際に、一番小さいサイズを選んだんですね。

小さい分にはサドルを上げたり、ハンドルステムを長いものに替えたりすれば補えますから。

ところがこれには大きな落とし穴があった。

最近のフレームはスローピング(トップチューブのサドル側が下がってる)になっているので、3本の太いフレームに囲まれた三角の部分が狭くて、ボトルを取り付ける場所も狭くなってるんですね。

110731_001

上の写真、右のボトルは左のツール缶が邪魔になって、奥まで押し込めず、左のツール缶はボトルケージの取り付け位置が低すぎて、ダウンチューブに当たって、こちらも奥まで押し込めない状態。

ところがこの二つのボトルケージ、取り付け位置の調整が出来ないタイプなんですね。

110731_002

この二つ共気に入ってたんですけど、使えないのは残念。

左のはとっても素朴な無駄のない作りで軽量。右のは大きなボトルだとフレームに当たってボトルの抜き差しがし辛い時でも、横から抜き差しが出来る優れ物なんです。

110731_003

そこで止む無く前車で気に入って使っていた物を引っ張り出してきて使っていたんです。

110731_004

エリートのボトルケージ。よく見ると“ELETE”と肉抜きされています。

このボトルケージ、頑丈でシンプルで気に入っていたんですよ。

私はボトルケージにはちょっとしたこだわりを持っていて、必ず金属製の物を使っていたんです。

と言うのも、ずいぶん前のブルベで、カーボン製のボトルケージを付けていた人が、ボトルを入れる時にボトルケージを割ってしまったのを目撃してたですね。

カーボンやプラスチックは長時間紫外線に晒されると劣化するので、当然と言えば当然の事なんですけど、ブルベの途中でボトルケージが使えなくなるのは洒落にならないですからね。

110731_005

ところがまったく同じようなボトルケージでも、ちょっとした違いが決定的な違いになる事もあるんです。

110731_006

上の写真の矢印の部分、出っ張りの有る無の違いですが、ボトルケージと空気入れのステーを共締めしようとすると、この出っ張りが邪魔になってちゃんと締まらないんです。

たかがボトルケージと言えども、一つ一つ細かく見て行かないと、実際には使えない、あるいは使い勝手が悪いという事になるんですね。

で、今回ちょっとした冒険をしてみました。

「必ず金属製の物を使う」と、その理由を含めて書きましたが、あえてプラスチック製に挑戦。

110731_007

プラスチック製は劣化が目視確認出来る上、価格も手頃なので消耗品と割り切って購入。1~2年使えれば御の字かな。

110731_008

何よりこれの一番気に入った点は、樹脂のしなやかさに加えて先端がゴムで繋がれているため、ラフなボトルの出し入れにも柔軟に対応出来る点。

で、一応コラテックはドイツ製なので、ドイツの国旗の配色の物をチョイス。

110731_009

目立たない密かなお洒落です^^

それにしても、まさかボトルケージ如きであれこれ考えるものかと思いましたね。ボトルケージって単なる脇役と思っていましたが、考えてみると運動するうえで一番大事な「水分補給」のためのボトルを支える物なんですよね。

蛇足ですが、どうもボトルケージ台座のネジ穴って粗い物が多いですね。

110731_010

毎度タップを立てているような気がします。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 Wrong Ride

自転車に乗る全ての方にお願いです。
自転車は道路運送車両法第二条第四項で定める「軽車両」ですから、車と同じ左側通行の遵守をお願いいたします。
道路交通法及び道路運送車両法は「法律」ですから違反は犯罪です。もちろん「知らない」と言うのも通用しません。
また自転車といえども、必ず保険に入る事が、貴方とその家族を守る事になります。

« 関東のところてん | トップページ | シマノのユーザー登録 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボトルケージ:

« 関東のところてん | トップページ | シマノのユーザー登録 »