bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 夢の大地 | トップページ | 他愛のない話 »

2011年9月15日 (木)

ブルベのスタッフとして学んだ事

このブログを見てくれている方だけに、特別に来年のVCR青葉のブルベの予定を教えちゃいます^^

先ず来年は200km、300km、400km、600kmをそれぞれ数回ずつ行います。

日程は・・・結構ゴチャゴチャしていて自分でも収集がついておりませんので、後日と言う事で^^;

肝心のコースですが、色々あります。

何処を走るかについては、あまり良く覚えておりませんm(_ _)m

と言う事で、いくらかお役に立ったでしょうか?(笑

110915_001

さて、この1年、ブルベスタッフの世界に飛び込んでみて、一番良かったと思える点は多くのランドヌール(ズ)と知り合えた事ですね。

参加者としてブルベを走っていると、自分と足の合う人達とはPC毎に一言二言会話をしたりして知り合いになる事もありますが、自分よりもずっと速い人や、あるいは自分よりもゆっくり走る人達とは、なかなか会話を交わす機会がありません。

ところがスタッフとしてブルベを運営していると、全ての参加者と会話を交わす機会が与えられます。これはスタッフとしての財産ですね。

特に印象に残った方は、鳥坂峠600kmの時に清里でお会いした方です。

そのブルベでは最高齢の70歳の方で、残念ながら清里でリタイヤされてしまいましたが、でも普通に考えたら物凄い人なんですよね。

70歳と言えば一般的にはおじいちゃんです。そのおじいちゃんが、朝7時に神奈川県の川崎市を自転車で出発し、埼玉県の秩父や群馬県の高崎市を経て、建設中止で揺れた八ツ場ダムのある地域を通り、浅間高原から軽井沢を越えて佐久に下り、更に野辺山を上って清里に到着したのが日が変わった午前3時頃。

実に20時間かけて300kmを走って来られたわけですが、若者やスポーツマンならまだしも、御歳70歳の方が、いわゆるおじいちゃんが走ってるわけですよ。

110915_002

さらっとコースを書いてしまいましたが、秩父の手前には山伏峠(620m)があり、北軽井沢や野辺山は標高1400m前後ですから、その高さまで自転車を漕がなくては辿り着かれません。

ブルベのルール上ではリタイヤされてしまいましたが、その挑戦する心にリタイヤは無いと思いますし、何より格好良ささえ感じました。

そして私の目標も決まりました。

70歳を過ぎてもブルベを走る。

いやいや、目標は大きく80歳まで走る。

それ以上は・・・変態を通り越して妖怪になってしまいそうだな^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« 夢の大地 | トップページ | 他愛のない話 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルベのスタッフとして学んだ事:

« 夢の大地 | トップページ | 他愛のない話 »