bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 今週もドタバタ会議 | トップページ | 良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について »

2011年10月27日 (木)

導光チューブ型テールライト

今朝の気温は9度、この秋初めて一桁の気温になりました。

さすがに顔以外の部分は肌をさらせなくなりましたね。そろそろイヤーウォーマーとシューズカバーを用意しなくてはいけません。

また涼しくなると日も短くなり、既に日の入りは5時前になっていますので、ツーキニストには光物が手放せない季節になりました。

で、今まで愛用していたCATEYEのTL-LD610が防水性能に乏しく、度重なる雨天の走行で接触が悪くなっていたので、この後継モデルTL-LD650に防水性を期待し、買い替えを検討していたんですけど・・・

111027_001

人柱になってレポートしてくれたFISH氏によると、「防水性はそのまま、その他内容的に良くなっている気がしない」との事でしたので、選択肢から却下。

111027_002

自動点灯機能があるTL-LD570-Rも発売当時は興味がありましたが、今ひとつ光量が足りないとの噂もあり、選択肢から外れました。

そこでCATEYEの新製品は諦めて、IPFのX-TAILを試してみました。

111027_003

雨天時には泥除けと共存しなければいけませんので、ちょっと高めの位置に取り付けましたが、パッと見た目には何が付いているのか良くわかりませんね^^;

111027_004

肝心な光量は

111027_005

決して明るくはありません。

でもそこそこ存在感があるのかな?

やっぱり定番のファイバーフレアの方が目立つような気がするな^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 Wrong Ride

« 今週もドタバタ会議 | トップページ | 良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 導光チューブ型テールライト:

« 今週もドタバタ会議 | トップページ | 良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について »