bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 仲間のロードバイクデビュー | トップページ | ホームページを作り変えたけど・・・ »

2011年10月24日 (月)

ブレーキシュー交換の小技

ブレーキの効きが甘くなって来たので、ブレーキシューを替えました。

111024_001

シューの残量はまだまだあるんですよ。

111024_002

上が古い物、下が新品です。よく見ると片減りしていますね。減っているのはリムの回転方向後ろ側に当たる部分です。これの対策は後ほど。

片減り以外はまだ使えそうな気もしますが、それ程高くない物なので効きが悪くなったと感じたら替えるようにしています。

しかし面白い事に、以前の自転車の105のブレーキでは2000kmを超えた辺りで効きが悪くなったと感じていました。でもデュラエースでは3000kmを超えるまで効きの悪さを感じませんでした。

どちらも同じシューを使っているのに、不思議ですよね。

ブレーキ本体の剛性が係わっているんですかね?

さて、シューの交換は至って簡単。

111024_003

2ミリの六角レンチを使用して、ブレーキシューの固定ボルトを外します。

この固定ボルトにはネジの緩み止めが塗ってありますので、無理矢理回すとネジを舐めてしまいます。

コツは、例えば180度緩めたら90度締めるというような事を繰り返すとうまく行きます。絶対に一気に緩めようとしない事です。

ちなみに新品のブレーキシューには新品のボルトが付いていますが、わたしは使い古しを使っています。新品はネジの緩み止めが塗ってあるため、閉め込むのにも苦労するからです。

それからもう一手間。

111024_005

持ってる人なんかいないだろうけど、シックネスゲージですね。

昔の車は何かと隙間調整をする部分が多かったので、例えばバルブクリアランスやポイント隙間など、こういった小物が手放せなかったんですけど、最近は全て自動調整になってしまい、使わないうちに錆が出てきてしまいました^^;

111024_004

マニュアルによると、ブレーキシューのリムの回転方向前側よりも後ろ側の隙間を0.5mm広げる事によってトーイン状態にするように指定してあります。

ですからシックネスゲージで0.5mmを作って、ブレーキシューの回転方向後ろ側に挟み込み、アジャスターを締め込みます。

111024_006

これで片減り対策も大丈夫^^

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 Wrong Ride

« 仲間のロードバイクデビュー | トップページ | ホームページを作り変えたけど・・・ »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキシュー交換の小技:

« 仲間のロードバイクデビュー | トップページ | ホームページを作り変えたけど・・・ »