bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 今日も自転車通勤 | トップページ | 真冬の峠越えの工夫 »

2012年3月22日 (木)

パンクのリスク回避

パンク、怖いですよね(笑

特に朝の通勤の時のパンクは困ります。

ですから通勤の時はCO2ボンベを持っていたりするんですけど、そもそもパンクって防げるものもあるんですよね。

パンクは大きく分けて3種類。

一番多いのはタイヤに異物が刺さってのパンク。これは避けられない。

次はリム打ちパンク。これは空気圧管理の悪さによるもの。ロードバイクでは最低週に一回空気圧を見ていれば防ぐ事が可能です。

それからタイヤの組み付け方やリムなどに原因があるもの。

120322_001

意外とリムテープの劣化によるパンクもあるんですよ。

ロードバイクは乗用車などのタイヤと比べると、信じられない位の高圧で使用しています。一般的な乗用車の空気圧は2~2.4kgf/cm2ですが、ロードバイクは8bar前後で使います。

単位が違ってわからない?(笑

実は概ね同じなんです。

2kgf/cm2 = 1.96bar
8bar = 8.16kgf/cm2

ロードバイクは乗用車の3~4倍の高圧でタイヤを使っているわけですから、リムテープなんてあっという間に駄目になってしまうんですね。

私は毎年交換していますが、こんな事でもパンクのリスクを避けられるのならば、定期的に交換する事をお勧めします。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 Wrong Ride

« 今日も自転車通勤 | トップページ | 真冬の峠越えの工夫 »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

パンクのリスク軽減になるなら、リム交換はやった方が良いですよね。リムにも良し悪しがあるんでしょうか?Shimanoの青いのと、Panaの透明なもの。好みですかね^^;。

ではヽ(´▽`)/

あら・・・早速交換しなきゃ
買ってから2年位かな?
一度も変えて無い・・・

お初にコメントします。

いや~リムテープが消耗品とは知りませんでした・・参考になります。

以前米バルブ・チューブの自転車タイヤに、ガソリンスタンドのポンプを借りて空気を入れたのですが、車より随分高圧にするんだなあと感じた記憶があります。

今後もよろしくお願いします。

まっさん様>
リムテープは好みですよ。
ビットリアのは軽くて薄いけど、耐久性はそれほどなさそうです。
一方、パナは肉厚があって耐久性はありそうですが、重くなります。
シマノの物は固くて強そうですね。でも高いんです^^;
重いと言ってもチューブよりはるかに軽いですけどね。

おいちょさん>
2年ならまだ逝けそうですよ。
タイヤ交換やパンクの回数にも寄りますけど。
でも高い物ではないので、何かのついでに替えるのが良いと思います。

キナバルの星さん>
お初です^^
リムテープも隠れた消耗品なんですよ^^

自転車の空気圧って、意外に高いんですね。
車の類ではォフークリフトなどがかなりの高圧で使っていますが、それでも100psi
ロードバイクと同等かそれ以下なんですね。
車と比べるとタイヤが小さいだけに、圧を上げて形を保っているんでしょうね。

参考になります。
消耗品と聞くと、買いたくなる・・・・。

とりっくさん>
買いたくなりますか?
消耗品貧乏になりませんように(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンクのリスク回避:

« 今日も自転車通勤 | トップページ | 真冬の峠越えの工夫 »