bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 息子がバイトを始めた | トップページ | ロードバイクでちゃりんこ通勤 »

2012年3月 6日 (火)

ハブ軸交換

いきなり春が来ましたね。

日中、車で移動する都合があったので、車のドアを開けたら車内から熱気が出て来た。

しばらく忘れていた感覚ですね。

その後窓を開けっ放しで走ったのは言うに及びません。

しかし今朝は凄い雨でした。雷まで鳴る始末。お陰で車で出勤し、帰りは春の日差しの中を寂しく車で帰って来ました><

こんな時にはブログネタに困ってしまうので、とっておき・・・本当に取って置いた(^^;)ハブ軸交換のネタを引っ張り出してきましょう。

まずは分解手順。クイックレリーズレバーを外してからフリーハブを外します。

120306_001

スプロケットリムーバと言うのでしょうか、スプロケットを固定する工具は自作です。

アルミ板に穴を開けて、余ったチェーンを付けただけの物です。

120306_002

次に5ミリのヘックスレンチを左右に軸にかけて、左側のロックボルトを外します。

120306_003

カバーはそのまま簡単に外れます。

120306_004

そして玉押しはプライヤーなどで回せば大丈夫。

この時に締まっているトルクを手で覚えておけば楽なんですけど・・・

120306_005

玉押しを外したら、シャフトを右に抜きます。

120306_006

車の場合シールは外したら交換が鉄則ですが、自転車は再利用可能みたいですね。

まあ交換するに越した事は無いと思いますが。

120306_007

そしたら左右のベアリングを外します。

7900デュラエースは左がリテイナーベアリングになっていて、右は玉コロが入っているだけです。

120306_008

グリスを綺麗に掃除してたら、新しいグリスを詰めてベアリングを入れます。

組み付けは分解と逆の手順。

120306_009

シールを入れるのは手でも入りましたが、ボックスレンチの21ミリが丁度良いサイズだったので、シールを均一に押し込むために使いました。

120306_010

一番シビアになるのは玉押しの締め付け。

ただし車のテーパーローラーベアリングとやり方はまったく同じ。

120306_011

一度締め付けてから緩めて、と言っても力任せに締めなで、馴染ませるのが目的なので、グッと硬くなったところまで締まればそれで良いです。そして直ぐに緩める。

もう一度ガタが無いところまで締めればOKと言ってもそれが難しいんですよね(^^;

だから最初に「締め付けトルクを覚えておけば」って言ったでしょ^^

締めすぎるとベアリングを壊すし、緩いと軸にガタが出ます。

手で思いっきり閉め込んでから1/8~1/16回転程度締めれば大丈夫だと思いますよ。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村 Wrong Ride

« 息子がバイトを始めた | トップページ | ロードバイクでちゃりんこ通勤 »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

手で思いっきり閉め込んでから1/8~

そうなんですか。
なかなか自分で手を出せなくて・・・。
ハブスパナも買わないし。

 どうしようかな。(笑

とりっくさん>
こればかりは文字で説明するのは難しいですね^^;
きつ過ぎず緩すぎず、丁度ガタが無くなる所なんですけど・・・
手で思いっきり締めてからグッと増し締め的な感覚で、
ちなみに締め込んでから手で軸を回した時に、するする回ればOK
ゴリゴリしたらベアリングがNGです。

我が家のデュラハブもちょっとしたゴリ感で入院してます。
バラしたら玉押しに軽い傷が入ってました。

普通なら許容範囲だけど、ブルべな人には要交換とのコメントいただいちゃいました(笑)。

やんさん>
傷が入ってしまいましたか。
玉押しやベアリングの表面は鏡面加工してありますので、傷がついてしまうとブル兵衛には致命傷ですね><
安い物ではないだけに、お互い出費がつらいですね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハブ軸交換:

« 息子がバイトを始めた | トップページ | ロードバイクでちゃりんこ通勤 »