bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 試走完走 | トップページ | BRM512青葉400km御坂みち試走(後半) »

2012年5月 9日 (水)

BRM512青葉400km御坂みち試走(前半)

本当はこの週末に試走に行こうと思っていたんです。

2週間前に痛めた背中が徐々に良くなっていて、もう数日様子を見れば治りそうなのと、なぜか左太腿が固まっていて、これは無理をすると膝に来るというのがわかっていたので、本番ぎりぎりになってしまいますが週末が良かろうと思っていたんです。

しかし天気予報を見ると週末はあまり思わしくないですね。

雨男が走るから天気が悪くなるのでしょうか?

ならばここはフェイントをかけて、天気が良さそうな月曜日に行ってしまうというのは、どうだろうか?

というわけで、急遽出かけたんです。

120509_001

とりあえずスタート場所の京王多摩川付近の公園。

しばらくは市街地を走りますが、月曜日という事で通勤通学の影響で混雑していて、特に通学の学生の自転車が、突然目の前に出て来たり逆走したりで、恐ろしくてまともに走れない状況の中を我慢して走る。

で、お約束一つ目。

120509_002

ミスコース(笑

左折するべきを直進してしまった(^^;

スタートして間もない所ですが、何でも無いような坂が重くて上れない事が発覚@@;

久しぶりのフル装備なので、荷物が重いと自分に言い聞かせる。間違えても、先週は妻の誕生日やら結婚記念日で飲み食いし過ぎたとは考えない(^^;

兎に角最初の2時間は修行のようなコースで、交通量と信号の多さにウンザリする。

やっと走りやすくなったと思ったら、そこは埼玉県だった。

120509_003

さすが埼玉。なぜか埼玉?(笑

で、ここでもお約束二つ目。

120509_004

今度は曲がるのが早かった(^^;

ここら辺で確信したんですけど、今回のブルベの公式キューシートは、ことごとく距離が違う(笑

これは作成者の意図するところなのか、あるいは何か不思議な力が働いているのか?

120509_005

もっとも基本的な考え方としては、ブルベは事前の予習段階から始まっているて、しっかり予習していればその段階でわかっている事なので、細かい事は気にしない。

120509_006

それにしても何だ?、交差点名のカッコ書きは。

120509_007

東西南北を表しているようだけど、わざわざカッコ書きにする意味があるんだろうか?

やっぱり「なぜか埼玉」だ。♪なぜか知らねど~♪

120509_008

実はPC1手前で本気でダッシュをしてしまった。

時間を1時間読み間違えていて、クローズ時間に間に合わないと思ってしまったんです。

冷静に考えると、余程の事が無い限り間に合わないはずは無いんだけど、スタート直後のミスコースやら高校生の逆走自転車などで余計な時間を食ったと思い込んでいたみたい。

120509_009

PC1を出てからどれ位走っただろうか、サイクリスト御用達の赤城乳業ガリガリ君の工場がありました。

120509_010

妙義山が見える頃になると、天狗がさらし首にされています@@;

120509_011

妙義山には「天狗のひょうてい」と呼ばれる岩場があるんだとか。それと関係あるのか無いのか、次に通った時こそ確認してみようと思う。

120509_012

ここまで120km少々、全く坂の無いコースでしたが、ここからやっと坂が現れます。というか、これから先に平地はありませんと言った方が良いのかな?(笑

120509_013

上信越自動車道松井田妙義インターを過ぎると国道17号線。左折すれば間もなくPC2です。

120509_014

ここまで来れば「峠の釜飯本舗おぎのや」で釜飯を食べたいところですが、これまでは気温が高かったせいもあって軽い熱中症の症状を感じているので、塩分たっぷり(^^;)のカプラーメンをPC2で補給します。

120509_015

PC2を出ると、いよいよこのコースの本性が牙をむき始めます。

120509_016

古民家が立ち並ぶ綺麗な町並みではありますが、真っ直ぐ上る坂道。

それを越えると碓氷峠に繋がる坂が始まります。

120509_017

ただし親切な事に、それぞれのカーブに番号が付いていますので、何処まで上ったか大体の見当が付きます。えっ!全部でいくつあるのかって?、それは後ほど(笑

この碓氷峠に続く旧道はとても交通量が少ない道です。遠方から軽井沢方面に訪れる人達は上信越自動車道を使いますし、地元の方はバイパスを使うのでしょう。

しかし鉄道ファン達には愛されているようですね。

120509_018

現在は舗装されていますが、遊歩道のように見えるのは線路の跡だとか。

線路といえばこれ。

120509_019

めがね橋ですね。

明治時代に作られた電車用の橋梁で、現在もその形を残しているという事はそれだけの強度があるのでしょう。

現在は使われておりませんが、観光用として橋の上を歩けるようです。

120509_020

ところでこの道路、電車マニアではなくとも、ブロガーの目を引く物が多々存在しまして、その度に一々足止めをされます。

120509_021

これ、ブロガーランドヌールの罠だよな(笑

120509_022

ちなみにカーブは全部で184らしいですね。

何故か183までしか見つけられなかった。誰かが持って帰ったのか?

―――――後半に続く―――――

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« 試走完走 | トップページ | BRM512青葉400km御坂みち試走(後半) »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

信ちゃんさんがお天気のブルベを走ってらっしゃる風景がなんだかしっくりこないですねぇ(笑)。でもいいお天気ですね。しかもガリガリ君あたりからいろんな名所があって楽しそう。後半も頑張ってくださいね^^。
ではヽ(´▽`)/

嗚呼!(゜ロ゜;
あまりに400kmが苦行だったから?お疲れから?、「青葉200km御坂みち」に短縮されてしまいましたねw(→タイトル)

まっさん様>
脱雨男を目指しておりますので(笑
このコース、関東在住の私と同じような年齢ならば、必ず彼女(彼氏)と行った事のある場所を巡るコースなんです^^
それだけに多少無理をしても走りたいコースなんですよ。
後半はブルベらしくなります(謎)ので、少々お待ちくださいね。

markunさん>
さすが。
多分誰も気が付かなかったと思います。と言うか、素直に200㎞だと信じるでしょうね(笑
これはこのコースの経験者だからわかるミスでした。
ご指摘ありがとうございました。

試走って大変そうですね。
車を使って、複数でしたりするのかと思ってましたが、
ソロ のようですね。

 ご苦労様です。
 続きが楽しみです。

とりっくさん>
スタッフ認定試走の場合は、本番当日スタッフの仕事をするために走れない人が、本番2週間前から前日までにあらかじめ本番と全く同じ条件で走るもので、完走すれば認定されます。
一方コース設計のために事前のコースチェックなどは下見ですね。
それは時間短縮のために車で行く事もあります。
いずれも多くても2~3人ですが、ソロになってしまう事も多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRM512青葉400km御坂みち試走(前半):

« 試走完走 | トップページ | BRM512青葉400km御坂みち試走(後半) »