bijin-tokei

無料ブログはココログ

« プチゴールデンウィーク | トップページ | BRM602青葉600km冷川峠試走後半 »

2012年5月30日 (水)

BRM602青葉600km冷川峠試走前半

27日(日)と28日(月)の2日間でBRM602青葉600km冷川峠のスタッフ認定試走に行って来ました。

120530_001

今回はスタートが日曜日だった事もあり、東京都内の道路は空いていました。

前回の御坂みち400km試走の時は平日だったため、交通量も多く逆走自転車を避けながらの前進となってしまい、なかなか思うように進む事が出来ずに腹が立ったものですが、今回は信号の多さを除けば快適でした。

120530_002

天気にも恵まれ絶好のサイクリング日和。

120530_003

このままゴールまで晴天に恵まれる事を祈るのみですね。

最初の100kmは御坂みちと同じコースですから、ガリガリ君の前を通ります。

120530_004

どう見ても夏の絵ですね(笑

120530_005

そして丁度100km走った所から、御坂みちとコースが変わります。

残り500km(^^;

120530_006

まあ、600km走る時は距離を考えないようにしています。

後何キロなんて考えていたら、気が遠くなって途中で嫌気が差してしまいます。ですからそこは開き直って「明日の夜まで走る」と考えるのみ。

120530_007

まあ、それも気が遠くなる話ですけどね(^^;

高崎からは長野街道を経て日本ロマンチック街道へ。

120530_008

何となく怪しげな雲がモクモクと湧いて来てますけど、とりあえず気にしない。

120530_009

PC2を過ぎた辺りには罠が仕掛けられていて、最初に試走した我らがエースのみのいちさんが見事に罠にかかってしまいました。

120530_010

昨年は無かった交差点。

この先はバイパスになっているので、ここを左折しなければならないようです。

地図にも載っていない交差点に気が付く筈も無く、みのいちさんは延々と走ってしまったようです。

120530_011

先人達の失敗があってこそ、我々の成功がある事を忘れてはならない。

まあ、2番目で助かった(笑

120530_012

さて、写真では良くわからないのですが、晴れているのに雨がポツポツと落ちてきます。

雨雲っぽいのが無いので、大した事無かろうと思っていましたが、だんだん雨粒が大きくなって来るのでまさかと思って振り返ると、後方から真っ黒な雨雲が接近して来ています。

120530_013

どうやら雨に追われているようですね(^^;

120530_014

しかしここは建設か中止かで騒がれた八ツ場ダム周辺の地域。

120530_015

ブロガー的には足を止めざるを得ない場所が多々存在します。

120530_016

必死に雨雲から逃げつつ、時々足を止めて写真撮影。

120530_017

でもこの先の進行方向を考えると逃げ切れる方向じゃない事に、この時は気が付いていない(^^;

羽根沢を左折して南に向かうといよいよ本格的な山道の始まり。

今まではほぼ平地のような感じで緩やかに標高を上げてきましたが、ここからは待ったなしの山岳コース。

ただしこのコースの全体を見ると、ここから100kmが正念場で、それさえクリアーしてしまえば後はそれほど困難な事は無いでしょう。

120530_018

が、坂を上り始めると雷の鳴る音が@@;

遂に来るべきものが来てしまった(TT

120530_019

しかも雷雨だし><

この時に初めて泥除けを付けて来なかった事を後悔した。

ブルベを走る時はデフォルトの装備なのに、何故か今日に限って付けてないんですよね。

前回の御坂みちでは全く降らなかったので、思いっきり油断をしてしまいました。

120530_020

でも雷雨って言うのは大概30分程度なんです。

ですから雨宿りしてやり過ごしても良いんですけど、夜の仮眠のための時間を稼ぎたい事と、何より肝心な屋根が何処にも無かった(^^;

120530_021

雨が降っていたのは下の方だけで、上の方は道路が乾いていました。

120530_022

このまま降らないでいてくれると助かるのですが、正面に見える浅間山の周辺には真っ黒な雲があります。

私に記憶が確かならば、浅間山の向こう側まで走ることになっているはずです。

120530_023

さて、群馬県の北軽井沢を抜けると長野県の軽井沢町に入ります。

ここまで丁度200km走り、ここの標高は約1400m

今回は明るいうちに来ることが出来ました。

しかしここから夜の闇に突入して行きます。しかも佐久から野辺山までの37kmの上り坂が待っています。

とにかく明るいうちに距離を稼ぎたいので先を急ぎますが、軽井沢へ下り始めた所で再びポツポツと、そしてそれが次第に本格的に降り始めます。

佐久辺りで座って食事が出来る食堂などに入ろうと考えていましたが、泥除けなしで坂を下り、背中に泥を付けまくった格好で食堂には入り辛いですよね。

ちょっとがっかりしながら、佐久でイートインコーナー付のファミリーマートに吸収されました。

― 後半へ続く ―

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

« プチゴールデンウィーク | トップページ | BRM602青葉600km冷川峠試走後半 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり 降られるんですね。

しかし、天候不順で困りますね。
昔夕立、今 ゲリラ豪雨。 波 いや 並じゃない~。

やっぱり高い確率で雨のブルベはやってきますね(;o;)
いや、これが雨男でない自分にも(ココ強調(^o^;))、普通なのだ(と自らに言い聞かせながら、今週末を迎えようとしてます(>.<)y-~)

とりっくさん>
降ります。
複数県にまたがって、しかもいくつかの峠を越えて走るわけですから、降られない方が不思議ですよ。
しかも山間部の天気は不安定だし、平野部で晴れればその分山間部では雨が降りやすくなる。
そして雨男が雨雲を呼び寄せる。
全て自然の事です。
はい(笑

markunさん>
週末も降りますよ。(ここ大事)
え~っと、ご自分の事を謙遜されていらっしゃいますが、決してそんな事はございません。
立派な雨男ですから(笑

試走お疲れ様です。
ごくごく最近見たような風景だわ(笑)

けーこさん>
そうですか。
偶然ですね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRM602青葉600km冷川峠試走前半:

« プチゴールデンウィーク | トップページ | BRM602青葉600km冷川峠試走後半 »