bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

BRM602青葉600km冷川峠試走後半

ファミリーマートで長めの休憩を取っているうちに雨が上がったようです。

ここから野辺山まで37キロは何回目でしょうか?

しかし毎回夜なんですよね。

120531_001

小海の辺りまで来ると月が出ていました。

多分雨はもう降らないかな?

でも雨具には引き続き防寒具として頑張って頂きます。

これから再び1400m近くまで上るわけですからね。

120531_002

しかし野辺山まで上ってしまえば、その先に厳しい坂道は無いはずです。

距離こそ半分ですが、気分的には楽になりますよね。

120531_003

というかさ、今回は完走する気が無いんだよね(^^;

今年は、例年ならば個人のロングを走り込んでいるはずの週末にブルベを主催しているために、全く走り込めていません。

だから、そもそも600kmを完走出来る状態じゃないんです。

それでも走り出してしまったのはブル兵衛だからかな?

何か走らずにはいられなかった。走らずに本番を終えて、「走りたかった」と後悔するくらいならば、無理して走ってリタイヤして「走らなければ良かった」と思う方が納得出来るからね。

PC3のセブンイレブン清里店では、カロリーメイトだけを買ってバッグに詰めてタッチアンドゴーです。

そろそろ緩い眠気を感じているので、この先の横断地下道で補給してから仮眠をしようと考えています。

120531_004

セブンイレブンを出て直ぐに見慣れた看板を見つけます。

今試走しているコースで仮眠所として使っているロッジの入り口なんですけど、もしこの試走が1日前だったら、同じ青葉の別グループ主催の鳥坂峠600kmが行われていたので、仮眠所が使えたんですよね

今頃気が付いても遅いけど(^^;

さて、清里から韮崎までは20km以上の下り坂です。

しかし路面を濡らした雨が蒸発し始めていて、足元から霧のように蒸気が立ち込めていますので、路面が全く見えません@@;

折角の下りなのに、ペースが上げられないではないですか。

とりあえず予定通り横断地下道にて仮眠。そのまえにレーパンを履き替えます。

どうもパールイズミのレーパンとお尻の相性が良くないみたいで、決まって黄門の周辺が擦り切れてくるんです(^^;

この時点で痛みを感じてますので、このまま履き続けると後100km程で悲鳴を上げる事になるでしょう。

ですからナリーニと履き替えです。

ならば最初からナリーニにすればと思われるかもしれませんが、ナリーニは前の相性がよろしくないようで、同い年の息子が擦れて感覚が無くなってしまうんです(*ノノ)

横断地下道では1時間ほど寝たでしょうか?

貯金(時間的余裕)も少なくなってきたので再スタート。

が、いくつかの問題があります。

一つ目は右足首の前側が痛い。疲れてくるとアンクルダウン(ペダリングでかかとが落ちてしまう事)の癖があるんですけど、そのせいで靴のベロ(タン)が足首に当り、腫れてきたんです><

正しいペダリングで抑えられますが、この期に及んで正しいペダリングをしろと(^^;

二つ目は疲労が内臓に来ている。つまり胃がムカムカするんです。そもそも内臓は体で一番疲れに敏感らしいので、疲れていて当然なんですけど、ロングライドで内臓が疲労しているのは少々問題が大きすぎます。走り続けるためのエネルギー補給が出来なくなってしまいますからね。

120531_005

負の要因が出て来ると考える事はリタイヤ。

その昔、ソロでロングライドをしていて、ギブアップしたのが奇しくも身延駅。しかしその時は既に終電が終わっていたので、動かぬ足に鞭打って走り出した。

今回も同じ身延駅ですが、今回は始発がまだのようです(^^;

ここへ来て三つ目の問題発生。

眠い(-_\) (/_-)

眠くなると著しくパフォーマンスが低下するばかりか、居眠り運転になると危険です。

ここは始発前という事もあり、無人の駅のベンチで横になります。

120531_006

多少寝た事、日が出た事で眠気は何とかなったようですが、相変わらず胃の調子が悪いようで、食欲がわかない。普段は日が出ると覚醒していきなり調子良くなるんですけどね。走り込めていないのがこういった所に出てしまうんですね。

こうなると興津まで頑張って、そこで健康ランドで風呂に入って寝てから電車で帰ろうと言う気が強くなってきますが、なぜか奥底で別の自分が「その内覚醒するからもう少し待て」と言っている。

「600kmなんて年に何回も走るチャンスが無いわけだから、折角のチャンスを物にしろ」と言う自分がいる。

120531_007

そんな心の叫びを聞きながら、ダラダラと走っている。

52号線では新東名のインターがあったりして、新しいものが見られた喜びがあったものの、この道の選択は大失敗でしたね。

平日になったというのもありますが、あまりにも大型車が多く、しかも予想外に坂がきつい><

そんなで清水に着いた時にはボロボロで、残りの200kmが走れるのかと疑問に感じました。

「やっぱり電車で帰ろう」と思う自分と、「後200km、楽なブルベ1本分だ」と思う自分が戦っていますが、戦いは勢いのある方が強い。

しかし完全に胃が食べ物を受け付けなくなってしまった現状で、どうやって200kmが走れようか?

あとは奇跡(覚醒)を待つのみか。

こういう時、お金持ちは覚醒するための薬を使うのかな?

覚醒剤@@;

私は庶民なので、自然覚醒を待ちます。

120531_008

最後の砦のはずだった興津の健康ランドを通過。

120531_009

朝ごはんを予定していたスマル亭も、今一つ食欲がわかずにスルー。

冷川峠を目前にした修善寺で公園を見つけ、テーブルに伏せて目を閉じる。

あっという間に落ちてしまったようで、かなりすっきりして目が覚める。と同時に腹が減った(笑

これが待ちに待った覚醒開始です^^

腹が減ればこっちのもの。冷川トンネル手前のPC5で腹を満たす。

120531_010

冷川トンネルのルートなんて大した事無いと思っていましたが、意外にも峠を越えた方が楽だったかもしれない。

120531_011

冷え川を下る道すがら、見えた湖を一碧湖と思ってしまいましたが、松川湖というダム湖らしいです。

120531_012

しばし観光^^

冷川を下るとそこは伊東。

120531_013

♪伊東に行くならハトヤ♪と言うことで、ハトヤです(笑

120531_014

ゴールまではまだ120km程ありますが、自宅まで80km程度なので、「ただいま~」って感じがするんですよね^^

普段個人のサイクリングで走っている道路ですから、その辺の安心感は大きいですね。

120531_015

最後のPCは国道をそれて旧道へ。

真鶴からの海沿いの国道は、路肩が狭くて、と言うかほとんど無くて、しかも交通量が多いので自転車が走れるような場所じゃないんです。

ですから多少坂を上っても旧道の方が落ち着いて走れます。

小田原から藤沢までは何処を通ってもあまり好きな道じゃないので(^^;)割愛。

交通量が多いから好きじゃないんですよね。

で、ゴールまで40km程度に最後の罠が仕掛けられています。

120531_016

境川遊水池情報センターですね。

このブログを見てくださっている方なら、何となく聞いた事がある場所ではないですか?

我が家から目と鼻の先です(笑

自宅が近いと言う誘惑。帰ってシャワーを浴びたい。もう必要ない荷物を家に置いて来たい。ちょっと寝たい。何よりも、残りの距離は後日と言う事にしてくれまいか?(笑

そんな誘惑を経つべく、自宅の事は忘れて一気に駆け抜けます。

最後の最後で全行程中一番の激坂とも思われる坂が現れ、押して歩こうかと思いつつも、無事にゴール。

120531_017

37時間でした。

あと2時間位は寝ても問題なかったんですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月30日 (水)

BRM602青葉600km冷川峠試走前半

27日(日)と28日(月)の2日間でBRM602青葉600km冷川峠のスタッフ認定試走に行って来ました。

120530_001

今回はスタートが日曜日だった事もあり、東京都内の道路は空いていました。

前回の御坂みち400km試走の時は平日だったため、交通量も多く逆走自転車を避けながらの前進となってしまい、なかなか思うように進む事が出来ずに腹が立ったものですが、今回は信号の多さを除けば快適でした。

120530_002

天気にも恵まれ絶好のサイクリング日和。

120530_003

このままゴールまで晴天に恵まれる事を祈るのみですね。

最初の100kmは御坂みちと同じコースですから、ガリガリ君の前を通ります。

120530_004

どう見ても夏の絵ですね(笑

120530_005

そして丁度100km走った所から、御坂みちとコースが変わります。

残り500km(^^;

120530_006

まあ、600km走る時は距離を考えないようにしています。

後何キロなんて考えていたら、気が遠くなって途中で嫌気が差してしまいます。ですからそこは開き直って「明日の夜まで走る」と考えるのみ。

120530_007

まあ、それも気が遠くなる話ですけどね(^^;

高崎からは長野街道を経て日本ロマンチック街道へ。

120530_008

何となく怪しげな雲がモクモクと湧いて来てますけど、とりあえず気にしない。

120530_009

PC2を過ぎた辺りには罠が仕掛けられていて、最初に試走した我らがエースのみのいちさんが見事に罠にかかってしまいました。

120530_010

昨年は無かった交差点。

この先はバイパスになっているので、ここを左折しなければならないようです。

地図にも載っていない交差点に気が付く筈も無く、みのいちさんは延々と走ってしまったようです。

120530_011

先人達の失敗があってこそ、我々の成功がある事を忘れてはならない。

まあ、2番目で助かった(笑

120530_012

さて、写真では良くわからないのですが、晴れているのに雨がポツポツと落ちてきます。

雨雲っぽいのが無いので、大した事無かろうと思っていましたが、だんだん雨粒が大きくなって来るのでまさかと思って振り返ると、後方から真っ黒な雨雲が接近して来ています。

120530_013

どうやら雨に追われているようですね(^^;

120530_014

しかしここは建設か中止かで騒がれた八ツ場ダム周辺の地域。

120530_015

ブロガー的には足を止めざるを得ない場所が多々存在します。

120530_016

必死に雨雲から逃げつつ、時々足を止めて写真撮影。

120530_017

でもこの先の進行方向を考えると逃げ切れる方向じゃない事に、この時は気が付いていない(^^;

羽根沢を左折して南に向かうといよいよ本格的な山道の始まり。

今まではほぼ平地のような感じで緩やかに標高を上げてきましたが、ここからは待ったなしの山岳コース。

ただしこのコースの全体を見ると、ここから100kmが正念場で、それさえクリアーしてしまえば後はそれほど困難な事は無いでしょう。

120530_018

が、坂を上り始めると雷の鳴る音が@@;

遂に来るべきものが来てしまった(TT

120530_019

しかも雷雨だし><

この時に初めて泥除けを付けて来なかった事を後悔した。

ブルベを走る時はデフォルトの装備なのに、何故か今日に限って付けてないんですよね。

前回の御坂みちでは全く降らなかったので、思いっきり油断をしてしまいました。

120530_020

でも雷雨って言うのは大概30分程度なんです。

ですから雨宿りしてやり過ごしても良いんですけど、夜の仮眠のための時間を稼ぎたい事と、何より肝心な屋根が何処にも無かった(^^;

120530_021

雨が降っていたのは下の方だけで、上の方は道路が乾いていました。

120530_022

このまま降らないでいてくれると助かるのですが、正面に見える浅間山の周辺には真っ黒な雲があります。

私に記憶が確かならば、浅間山の向こう側まで走ることになっているはずです。

120530_023

さて、群馬県の北軽井沢を抜けると長野県の軽井沢町に入ります。

ここまで丁度200km走り、ここの標高は約1400m

今回は明るいうちに来ることが出来ました。

しかしここから夜の闇に突入して行きます。しかも佐久から野辺山までの37kmの上り坂が待っています。

とにかく明るいうちに距離を稼ぎたいので先を急ぎますが、軽井沢へ下り始めた所で再びポツポツと、そしてそれが次第に本格的に降り始めます。

佐久辺りで座って食事が出来る食堂などに入ろうと考えていましたが、泥除けなしで坂を下り、背中に泥を付けまくった格好で食堂には入り辛いですよね。

ちょっとがっかりしながら、佐久でイートインコーナー付のファミリーマートに吸収されました。

― 後半へ続く ―

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月29日 (火)

プチゴールデンウィーク

プチゴールデンウィークを満喫しています(謎

昨日はメモリアルデーのためお休みだったので、ブルベの試走に行って来ました。

そして今日は有給です。

私のような普通の人は、600kmを走った次の日なんて人として使い物になりませんからね、当然仕事でも使い物にならないので休暇を入れたわけです。

汚れた自転車や雨具の後片付けもありますし。

120529_001

でも夫としてはボロ雑巾のように使われて、妻の買い物に付き合わされて大船駅周辺を徘徊していました。

大船なんて言っても神奈川県民以外には馴染みが無いでしょうね。

一応鎌倉市内で、横浜市との境にあたる西の方です。

雨具は朝洗っておいたので、買い物から帰って来てからは汚れた自転車の洗車。

120529_002

を、していたら、いきなり降り出した@@;

120529_003

慌てて家の中に避難しましたが、何か雨に祟られてますか?

冷川峠600kmの試走初日は突然の雷雨、二日目も熱海で通り雨。

これって、デフォルトですか?(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月28日 (月)

冷川峠試走完走

冷川峠試走完走
途中で止めて帰る気満々だったのに、結局輪行袋を使わないまま帰って来ました。

所詮ブル兵衛なんて電車に乗るより走った方が楽だと思ってるんだな。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月27日 (日)

BRM602青葉600km冷川峠スタッフ認定試走中

表題の通り。

120527_001

どうも右ひざが痛くて出走を悩んでいたんですけど、既存のコースとは言え後半は自分で線を引いたコースなので、自分で走らないまま終えてしまうのも悔しいと思って走り始めました。

完走なんて全く考えてないです。

120527_002

輪行袋持参ですから(笑

適当に走って、疲れたら電車で帰って来ますよ^^

まあ、そんなお気楽ブルベです。

ブルベと言うよりは単なるサイクリングだな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月26日 (土)

キューシート加工してますか?

ブルベではかなり多くの人GPSナビを使って走り、キューシートを自分用に加工して持ち歩く人が少なくなってきたような気がします。

スタッフがキューシートを作る際には、それを見ながら走る事を考えて情報を入れていますので、なるべく短い言葉でわかりやすくと考えていますが、キューシート無しでGPSだけで走る人たちを見ていると、そもそもキューシートはいらない?と思ったりします。

しかし私はキューシート無しでは走れませんね。

もちろん完璧に知っているコースならばそれも可能ですが、やはりブルベ走行中のモチベーションって「次のポイントまであと何キロ」という事だったりしますからね。

120526_001

自分で見やすく、そして雨に強く←こことても大事(笑

かつて予定外の雨のブルベを経験し、徐々に濡れて字が霞んでいくキューシートを見て、徐々にモチベーションが下がり、結局DNFした経験があります。

120526_002

それ以来、キューシートのラミネート加工は必須だったりします^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月25日 (金)

ブルベ開催地を探すのは大変だ

ブルベを主催するようになってから、公園などを見かける度にブルベのスタートやゴールとして使えないかと言う目で見てしまいます。

120525_001

トイレがあって屋根があって住宅地から遠く、出来れば駐車場があってなどと考えると、そんな都合の良い所は無いんですよね。

120525_002

で、たまに見つけたりすると、それこそ宝くじでも当たったかのような気になりますが、よくよく見ると制限があったりして(^^;

120525_003

都市部スタートのブルベって、なかなか難しいですよね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月24日 (木)

米軍基地問題は沖縄だけの問題ではない

何か難しい問題を投げかけるようなタイトルですが、所詮ヲッサンです。

飛行機うるせーぞ!

と言いたいだけ^^;

120524_001

日本全国に米軍基地は数多く存在します。沖縄に一番多く集中している事は言うに及びませんが、その次に多いのは神奈川県なんですね。

米海軍の原子力空母ジョージワシントンは横須賀基地を母港としていて、その艦載機は厚木航空施設に駐機しています。

空母の出港が近くなると、パイロットたちは飛行機で空母の甲板に着艦する訓練をします。

空母って、間近で見ると信じられない位大きいです。が、飛行機から海に浮かぶ空母を見るととても小さいらしいです。

そんな小さい所へ飛行機で降りようと言うのですから、数週間間を空けると感覚が鈍るらしいです。

ですからパイロットには夜間離着陸訓練、通称NLP(Night Landing Practice)が義務付けられているようで、これを住宅密集地の大和市と綾瀬市にまたがる厚木飛行場で行うからたまりません。

兎に角会話が出来ないんですね。当然電話も出来ない。というか、電話が鳴っていても聞こえない。

こんなのを夜中までやってくれるから、住民から苦情が出るのも当たり前。

まあ、実は空母の出港は今週月曜日の予定だったんですね。ところが段取りが悪くて、全然出港出来るような状態じゃなかったらしく、土日で積み込んだ荷物と兵員を月曜日に降ろしたんです。

明日もう一度積み込んで土曜日頃出港するらしいですが、これで予定が狂ってしまったのがパイロットなんですね。

折角硫黄島まで行って訓練してたのに、日程が延びてしまったために急遽厚木飛行場で訓練のやり直しになったわけです。

結局一番嫌な思いをさせられているのは住民なんですけど、そもそも段取りの悪いのは誰のせいなんだ!

と、まあ、お前が言うなと言われそうですが^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月23日 (水)

やっぱり自然の方が美しい

スカイツリーだか何だか知りませんが、どうも興味がわかないんですよね。見に行こうとも見たいとも思わないんです。

作った人や周辺の人には申し訳ないけど、やっぱりこっちの景色の方が良いと思う。

120523_001

昨日の雨で空気が洗われたのか、この季節にしては珍しく丹沢の山肌まで見えました。

真冬の空気の澄んだ日でも、ここまで丹沢の山肌の緑が綺麗に見える事は少ないです。

120523_002

やっぱり人工の物よりも自然の物が美しいと思う。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月22日 (火)

箱根を上った後はプチ観光

日曜日の箱根ネタの続きなんですけど、折角箱根旧道のきつい坂を上っても、どさん子ラーメンが頂上では上った気になれないのが現実です。

せめて「県道732号線最高地点」の標識でも立っていれば、それなりに「上ったぞ!」という気になれるんですけどね。

で、箱根旧道を上ってどさん子ラーメンで折り返すのはあまりにも味気ないので、ブロガー的に納得出来るオプションを選択するんですけど、やっぱり箱根といえば万人受けするのは芦ノ湖ですかね。

でも個人的には国道1号線沿いの精進池(しょうじんがいけ)の方が好きだったりします。

120522_001

実にマイナーな場所です。

しかし精進池一体は石仏群として国の重要文化財に指定されていて、その名の通りに鎌倉時代頃に作られた石仏が数多く見られます。

120522_002

まあ、自転車ブロガーとしては、国道1号線最高地点の絵の方を求めていたりするわけですが(^^;

ただしここで面白いのが、県道732号線を箱根旧道と呼び、国道1号線があたかも新道のような印象を与えがちですが、実は鎌倉時代頃は現在の国道1号線が鎌倉‐京都の道として使われ、江戸時代になってから現在の県道732号線が整備されて、東海道として利用されるようになったようです。

ちなみに平安時代以前は箱根の北回り、足柄峠や矢倉沢と言う、神奈川サイクリストにはお馴染みの道が使われていたようですが、富士山の噴火で通れなくなったため、箱根周りの道が作られたとか。

120522_003

さて、歴史が苦手という方にも、歴史とは関係の無い見所があったりしますね。

もちろん花より団子という方にも(笑

120522_004

強羅の餃子センターは知る人ぞ知る有名店で、休日は待たされる事もあります。

120522_005

ただし自転車で強羅に乗り込む時は、少々注意が必要です。

120522_006

進行方向を間違えるとえらい目に合わされます><

強羅は高い所から下って行くルートを取れば何もしないでも進みますけどね^^

でも上ってみたくなって、アタックしたのは内緒(笑

120522_007

箱根の玄関口、箱根湯本まで下ると、駅前には歩行者横断用の「湯悠デッキ」と命名されたペデストリアンデッキが完成していました。

ここはただでさえ交通渋滞する場所。そこを歩行者が道路を横断するのでとても危険な所でしたが、これで歩行者の安全確保と多少の渋滞緩和になると良いですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月21日 (月)

世紀の天体ショーは雨(TT

世紀の天体ショーだというから、ちょっと期待していたんですよ。

120521_001

出勤する直前になってから雨が降り始めた><

天体ショー云々よりも、自転車通勤出来ない事の方が凹むんだよな(^^;

でも雨具を着て行くような事は滅多にしません。雨具の手入れって大変ですからね。

で、勤め先のある綾瀬市では路面も乾いていて、雨も降っていない様子。

まさかこれから降るのかと思っていたところ、案の定7時過ぎから降り始める。

これで天体ショーの観察も無くなったと思うも、そもそも日食サングラスを持っていない。

コーヒーを入れながら仕事の準備をしていると何となく外が薄暗くなったような気がして、空を見上げると太陽があるだろう方向の雲が薄くなっている。

120521_002

日食サングラス要らなかった(笑

というか、日食サングラスをかけると何も見えなかったらしい。

皆既日食じゃなければ真っ暗にならないんだね。

真っ暗を少々期待していたんだけど、まあ、うまい具合に雲が日食サングラスの役目を果たしてくれて、肉眼で見られたのはラッキーだった。

それにしても、太陽の大部分が隠れたにもかかわらず、それほど暗くならなかったのは、やはり太陽は偉大だという事なんだろうな。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月20日 (日)

箱根旧道案内

午前中の空き時間を利用して、急いで箱根旧道を上って来ました。

120520_001

何か写真に違和感があったんですけど、いつもと反対向きに自転車を置いてしまったんですね。

自転車を写真撮影する場合は右前が原則。じゃないとチェーンホイールなどのメカが見えませんからね。

で、箱根旧道とは言わずと知れた神奈川県道732号線箱根旧東海道の事を差し、国道1号線箱根湯本三枚橋から同国道1号線元箱根の畑宿入口までの約11キロの事を言います。

三枚橋を曲がってから約1km程は生活感のある街並み。

120520_002

郵便局や学校などがあります。

120520_003

そしてその後1km程度は温泉街が続き、如何にも箱根と言う雰囲気が感じられます。

120520_004

温泉街を抜けると山間部になりますが、ここにも休日は賑わう温泉があります。

120520_005

3km弱の所で豊栄荘が見えると、そこからは最初の激坂、葛原の坂が現れます。

120520_006

後半は14~15%の傾斜ですが、距離が短いのでほんの少しの我慢ですね。

120520_007

葛原坂をクリアーすれば、しばらくして旧道唯一の信号、箱根振動須雲川インターの入り口があります。

120520_008

信号を過ぎると無駄な下り坂が現れます(笑

こういったわずかな無駄が、平均斜度を下げているんですね。

ルートラボで見ると平均斜度は6.5%ですが、どう考えてもそんなに緩いとは思えませんからね。

120520_009

三枚橋から4.1km地点には綺麗な公衆トイレがあります。

ここは用が無くても寄る事をお勧めします。

「そんなにきれいなトイレなのか?」って?、そういうわけじゃ無いです。寄らなければその理由がわかります^^

120520_010

トイレの先で須雲川を渡ると待ったなし。

120520_011

箱根大天狗山神社の大鳥居前の激坂が現れ、これ以降約1kmは如何にも旧道らしい道が続きます^^

120520_012

勾配はほぼ10%ですね。

120520_013

そして橋を渡ったら傾斜が緩くなり、もうすぐ畑宿。

120520_014

畑宿バス停で大体半分位。この先は全く補給ポイントがありませんので、ここの自販機ではしっかりと補給をしておきましょう。

特に夏は要注意!

ここからが本気の旧道になります。

120520_015

先ずは七曲区間。

120520_016

実は12個のヘアピンカーブが続く区間でもありますが、本当にきついのは最初の4つ位で、あとは曲がり方次第では緩くもなります。

120520_017

右カーブはカーブの外周になるので勾配が緩いのですが、左カーブは内側に行くほど傾斜がきつくなります。ですから後方の車に気を付けて、出来るだけ大回りすると楽になります。

120520_018

12のヘアピンカーブをクリアーすると七曲区間は終わり。

120520_019

左手に見晴茶屋がありますので、ここで足を止めて景色を眺めるのも足休めになって良いかもしれません。

120520_020

しかし七曲区間が終わったからと言って、坂が緩くなるわけではありません。

あくまでも七曲区間が終わっただけという事でご理解下さい。

120520_021

ちゃんと次の坂が用意されていますので、ご安心ください(笑

120520_022

勾配も七曲区間よりきつくなっています^^

120520_023

僅かな距離で標高を稼ぐと言う、何とも経済的な坂ですね(笑

120520_024

猿滑坂の次はちょっと緩くなって追い込み坂。

120520_025

甘酒茶屋の前だけは緩い坂ですけどね^^;

120520_026

甘酒茶屋を過ぎると最後の踏ん張りです。

120520_027

お玉が池が見えると上りきったも同然。

120520_028

ほんの少しだけ緩い坂を上ると頂上の、どさん子ラーメンです(笑

これだけ上って頂上の標識とかはありません。ラーメン屋さんがあるだけです。

120520_029

ちなみに旧道の終点は、どさん子ラーメンから少し坂を下った所です。

いやいや、疲れましたね^^;

まだ続きがあるんですけど、とりあえず旧道が終わったので今日はこれでおしまい。

お疲れ様でした。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月19日 (土)

天気の良い日は主夫なんです><

今日もサイクリング日和でしたね。

120519_001

何故かこういう日に限って妻が仕事で私は留守番。

朝から洗濯物をやっつけて、庭の草刈りをしていました。

120519_002

庭付き一戸建てに憧れて頑張って買ったは良いけど、土の庭はちょっと手入れを怠ると直ぐにジャングルになるんですよね^^;

義母が庭に野菜などを植えてくれたりするので、マメに草苅をしないといけないんですけど、こういった作業をするようになって初めて気が付きました。

私に庭いじりは向かない。

アウトドア大好きなくせに、ガーデニングとか農家は絶対に出来ないと思った。

お金を貯めてコンクリート張りにしようと真剣に考えています。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月18日 (金)

最後のエネループ

昨年、三洋電機がパナソニックに買収され、エネループ愛用者の私としては、エネループ(旧三洋電機製品)は残るのか、あるいはエボルタ(パナソニック製品)に吸収されてしまうのかと心配していましたが、とりあえずエネループはエボルタと共存しているようで一安心していたんです。

が、ですね。よぉ~くパナソニックのホームページを見てみると、エネループモバイルブースターは既に生産終了になっていて、全く同じ形でパナソニックブランドからモバイル電池パックとして販売されているんですね。

しかもエネループモバイルブースターに無接点式充電機能をおまけに付けているんです。

そして今月28日には、さらに容量の大きいものまで発売されるとかで、この分野からエネループは姿を消して行くようですね。

120518_001

で、最後のエネループという事で、記念に購入。

まあ、記念に買うような物ではないですけど(^^;

ヤマダ電機のポイントがあったので、それを使いました。

実はエネループモバイルブースターは、GPS付きサイクルコンピューターを使うランドヌール達にとっては、ほぼマストアイテムとも言われるほどメジャーな物なんですね。

GARMIN EDGE等のGPS付きサイクルコンピューターは内部電源での連続稼働時間が15時間程度なんです。ところがブルベでは27時間や40時間と、途方も無い時間を走り続けるため、内部電源だけでは間に合わず、こういった外部電源を使って補っているんです。

でもこのサイズだと600kmでは少々役不足、しかも携帯電話を充電する余裕もありません、

120518_002

ただし携帯に関しては、予備電池が1400円程度で買える事や、AUでは毎年電池の無料サービスがあるので、これには困っていません。

600kmの役不足に関しては、そんなに長い距離を走らなければ解決します(笑

120518_003

一応もう一つのエネループ製品、スティックブースターが不足分を補ってくれます。

が、これにはちょっとした欠点もあるんですけど、長くなるのでそれはまた後日気が向いたら。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月17日 (木)

実は平成の人間なんです

今の若い人達の口からは、時々「昭和時代」という言葉が出て来るんです。

昭和の生まれの我々世代としては、「大正時代」や「明治時代」という事はあっても、「昭和」に「時代」を付けて呼ぶ事は無かったな。

この辺りに時代に違いを感じてしまいますが、それもそのはず、「平成」は既に24年も経っているんですよね。

120517_001

で、思った。

今年は平成24年。実質23年と5ヶ月ほど。倍にしたら47年弱。そういえば47年も生きてないな。

という事は、自分は昭和の人間だと思ってたけど、平成の方が長く生きてる?

平成の始まりは1989年1月8日で、今日までに8531日。

つまり昭和生まれ、あるいはそれ以前に生まれた人は、みな等しく8531日間平成時代を生きているわけですよ。

まあ、それはそれでいいや。

それじゃあ、昭和時代を8531日生きたかと問われれば、それが出来るのは1965年8月31日以前に生まれた人。

その日、生まれてないや(^^;

知らないうちに平成の人になってるな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月16日 (水)

暑いですね

夏だな(´_` i)

120516_001

たかが通勤程度でも、ボトルの水が足りなくなります。

そろそろ熱中症に気を付けなければ

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月15日 (火)

シクロツーリスト

今ランドヌール達の話題になっている雑誌、シクロツーリストを買ってみた。

120515_001

何人かのブログで話題に上っていて、そういえば私自身も原稿(ほんの少しだけど)を書いた事を思い出し、折角なので買っておこうと思った次第です。

正直言うと、ブログで取り上げる人がいなければ自分が原稿(ほんの少し^^;)を書いた事自体忘れていたんですけどね(^^;

で、開けてみると中には知った顔ばかり(笑

TMRも3人載ってましたね。その他、あの人やこの人も^^

妻曰く、「マニアックな雑誌だ」と(笑

昨今のブルベ人気は鰻上りではありますが、世間的にはまだまだマイナーなスポーツです。

あ、ブルベってスポーツなのか?

単なる自転車修行や罰ゲームという噂もありますが(笑

そんなマイナーなスポーツですから、競技人口もそれほど多くなく、全体の顔が見えるのがブルベの良い所なんですよね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月14日 (月)

通勤は平和だ

まだ早朝は肌寒いですね。

120514_001

行きと帰りで服装を替えなければならない季節、荷物が多くなりがちで嫌なんですけど、それより何より洗濯物が微妙に多くなるのに腹が立ったりして^^;

それにしても通勤って平和だよな。

自宅や会社の近くを走っている安心感って、ブルベには絶対に無い感覚だもんな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月13日 (日)

ブルベ終了

BRM512青葉400km終了しました。

天気に恵まれたとはいえ、ハードなコースには変わりなかったようで、低い完走率となってしまいました。

中には元気いっぱい帰って来た3人組もいましたが(笑

全て終了後に車で帰宅する道すがら、ラジオから「湘南海岸には水着ギャルが」との声が流れて来ます@@;

120513_001

行くしかないだろ(笑

ブルベのリザルトをまとめないといけないのに、そっちのけで湘南海岸に向かいます。

と言うか、ブルベのリザルトと水着ギャルとどっちが大事なんだと言う話ですよね。そう考えても水着(ry

いましたよ水着ギャルが^^

しかし湘南は水着ギャルの撮影が条例で禁止されていますので、写真は撮っていません。

お見せできないのが残念ですね。

まあ、こういう事になると、何で行動が速いんだろうか(笑

不思議な力が働くようですね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

Sample

2012年5月12日 (土)

BRM512御坂みち

BRM512青葉400km御坂みちの当日を迎えました。

120512_001

晴天に恵まれ、DNSは少な目。

参加者を送り出した後は、埼玉スタッフのお二人と共に昼過ぎまでお茶をしていました^^

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月11日 (金)

ロードバイクでチャリンコ通勤

昨日の雨で空気が洗われたようで、今朝は気持ちの良い晴天になりました。

120511_001

明日のブルベ本番も天気が良さそうですね。

これでいったん雨男の看板を下ろせるかな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月10日 (木)

BRM512青葉400km御坂みち試走(後半)

カーブナンバー1から碓氷峠までは丁度1時間位。

120510_001

重い足(体重)でも上り切れた事に安堵する。

とりあえず一番心配な大腿二頭筋がふくらはぎに繋がっている部分(名前は何て言うんだろう?)の痛みは出ていない。

この痛みが出るのはサドルのせいと決め付けてサドルを替えたんだけど、その答えも出ていない状態で走っているわけだから、綱渡りをしているようなもんですね。

120510_002

碓氷峠を越えると長野県軽井沢町。

ヲジサンたちの世代にとって、軽井沢は恋人達の聖地でしたからね。ここへ来ると過去の思い出が走馬灯のように頭の中を巡ります。

120510_003

しかし毎度思いますが、軽井沢駅には駅名の表示が無いんですかね?

写真だけだと何処の駅だかわかりませんよね。

120510_004

ここまでは夏の服装で走りましたが、ここからは袖と裾を付けて走ります。何しろ軽井沢は標高900m以上で、この先の佐久まではずっと下り坂ですからね。

120510_005

佐久まで下った所で夕食を何処で食べるか考えます。

出来ればイスに座ってのんびり食べたいので適当な店を探しますが、そこはそれ、いつも行き当たりばったりの性格ゆえ、何も事前学習しておりません(^^;

差し当たっての心当たりは、昨年の試走で立ち寄った鳥料理の店。

120510_006

しかし残念ながらその店は準備中との事。

仕方なくその先で目に入った喜多方ラーメンの看板を掲げる店に飛び込みます。

ブルベで夕方に脂っこい物を食べるのは毎度の事。おにぎりなどは消化が良くてエネルギーになりやすい反面、直ぐにお腹が空いてしまいますが、脂っこい物は消化が悪いけど消化が始まるとかなり長い時間お腹が持つんです。

その代わり、疲労した状態で脂物を消化するだけの内臓が必要ですけどね(^^;

佐久から国道141号線に出ると、いよいよ待った無しの37kmの上り坂。

120510_007

ただし今回はそのほぼ中間にPCが設定されていますので、気分的には多少楽ですね。

そのPC3にはすっかり暗くなった19時過ぎに到着。

この時点で貯金(時間的余裕)が2時間少々。この先のコースの厳しさや睡眠時間を考えると、決して多くない貯金ですね。

この時点でのモチベーションはPC4手前の健康ランドで風呂に入って仮眠を取る事。

120510_008

しかし何故か出だしから足が重くて思うように進まず、これ以上の貯金を作るのは難しそうです。

そうなると健康ランドをあきらめて完走を目指すか、完走をあきらめて健康ランドを取るかの二択になりますが、どちらかというと後者に傾いています(^^;

何と言っても今回は止める気満々。5年のブルベ人生で始めて輪行袋持参ですから(笑

120510_009

国道141号線野辺山付近の標高は約1380mですから、気温もそれなりに下がります。道端で見た電光掲示板では5℃でした。

120510_010

で、碓氷峠は電車ファンに人気がある云々と書きましたが、実は野辺山も電車ファンには「たまらない(^O^)」場所のようですね。

もっとも、どちらも自転車乗りにとっても「たまらない(x_x)」場所ではありますが(笑

120510_011

さて、重い足を引きずって野辺山を登りきり、清里のセブンイレブンで一息。

ここで一考。韮崎までは下り坂。甲府盆地は平地。御坂みちを上りきってしまえば残り100kmです。残り100kmというのは、ブル兵衛にとってはゴールしたも同じ。

という事はだ、御坂みちだけ上ればゴールだね^^

とりあえず健康ランドはあきらめて、完走を目指しましょう。

120510_012

というわけでスペシャルホテル(笑

清里から韮崎の間の国道沿いには、4箇所の横断地下道があります。

風を凌げるので仮眠にはもってこいですね^^

ちなみに夜中にこの地下道を利用する人はいません。あ、いた。私だ(笑

使い方が違うけど(笑

120510_013

1時間ほど仮眠を取ったでしょうか。時間は23時を回ったところ。

単調な甲州街道を走っていると眠気に襲われます。

さっき寝たばかりなのに、ちゃんと眠気が取れていなかったようです。

120510_014

眠気覚ましを服用(笑)しながら、長い夜との戦いに備えます。

120510_015

本当は寄る予定だった健康ランドも時間的に無理。

もし寄るとすればDNFになるわけです。

睡魔と闘いながら更にもう一つの峠、いや正確に言うと峠はこの先二つ越える事になります。あるいは暖かいお風呂で温まって、仮眠所で横になって朝を迎えるのか迷います。 というか、絶対後者なんですよ(^^;

120510_016

健康ランドに後ろ髪を引かれながら、って、私の後ろに髪は無いが(笑)、えっちらおっちらと御坂みちを上ります。

上りながらも、もしここでDNFするとしたら、河口湖まで行くのか、あるいは今上った御坂みちを下って健康ランドまで戻るか、そんなことばかり考えます。

120510_017

御坂道を上り切ると長いトンネルを越えて河口湖まで一気に下りますが、ここでも本当に河口湖まで下っても良いのか悩みます(^^;

いっそ来た道を引き返して、健康ランド(ry

そんなこんなことを考えるのも、どうにも足が重い事。それから何故か呼吸が辛いんですよね。

もしかしたら風邪でも引いていて、体調の悪さが走りに影響してたかもしれないと思う。

が、あれこれ考えても仕方が無いので、兎に角前進しようと腹を決める。

河口湖からは一旦ゴールとは反対方向に向かいますが、それは全体の距離が足りなかったので帳尻合わせです(^^;

しかしこの帳尻合わせは失敗でしたね。ずっと上り坂だった><

時々誰かが耳元で「ラリホー」と囁く声を聞きながら、その度に意識が飛んで行く(_ _)。。ooOZZZZ

鳴沢のセブンイレブンで折り返した後、たまらずにそこにあったバス停に飛び込みサバイバルシートに包まる。

120510_018

外が明るくなり始めた頃、目を覚ますと目の前には富士山が@@

物凄く得した気分ですね^^

120510_019

明るくなってしまえばこっちのもの。私は体質的に明るくなると目が覚めて、暗くなると眠くなる習性がありますので、夜が明けたという事はこれ以上眠くなる事は無いと思います。

120510_020

まだ完全な夜明けではありませんが、富士山頂には既に朝日が射していて、冠雪部分をオレンジ色に照らします。それが少しずつ下がって来る景色はこの上ない美しさ・・・だと思うんですけど、どんな絶景も疲労困憊で見てしまうと美しさ半減ですね(^^;

それにしてもこのコースの難易度を上げている原因の一つ、温度差があります。

120510_021

日中は見事に日焼けするほどの気温でした。が、夜から明け方にかけては、関東の平野部の真冬と変わらない気温。

かなりしっかりした防寒装備がないと、相当厳しいコースですね。

120510_022

山中湖から標高にして120m程上るとこのコース最後の峠、山伏峠に差し掛かります。

が、実は一番傾斜がきつい上り坂は、この先山梨県と神奈川県の県境の両国橋からの上りですね。コース全体で初めて10%以上の傾斜を記録したのがそこです。

120510_023

道志みちからは津久井湖を抜けてゴールを目指しますが、丁度通学時間に当たったようで、昨日に引き続き高校生の自転車とゴチャゴチャになりながらの走行を余儀なくされますが、さすがにこの時点では高校生のママチャリに坂で追い付けなくなってしまいました(TT

120510_024

誰が考えたのか、最後の最後でこの辺りのサイクリストの練習場所、連光寺坂を上らされます。

これでもかという坂三昧の400km、今回は本当に疲れました。

やっぱりここ最近の練習不足が効いてますね。

ただ今回の試走で、大腿二頭筋がふくらはぎに繋がっている部分の痛みはサドルが原因だったという事がわかっただけでも大きな収穫でした。

その代わりパールイズミのSMTパッドは400km走るとお尻が擦り切れるという事もわかったんですけど(笑

最後に一言言っておこう。次400km走る時は、涼しい顔をして完走するから^^

走行距離:409.98km

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月 9日 (水)

BRM512青葉400km御坂みち試走(前半)

本当はこの週末に試走に行こうと思っていたんです。

2週間前に痛めた背中が徐々に良くなっていて、もう数日様子を見れば治りそうなのと、なぜか左太腿が固まっていて、これは無理をすると膝に来るというのがわかっていたので、本番ぎりぎりになってしまいますが週末が良かろうと思っていたんです。

しかし天気予報を見ると週末はあまり思わしくないですね。

雨男が走るから天気が悪くなるのでしょうか?

ならばここはフェイントをかけて、天気が良さそうな月曜日に行ってしまうというのは、どうだろうか?

というわけで、急遽出かけたんです。

120509_001

とりあえずスタート場所の京王多摩川付近の公園。

しばらくは市街地を走りますが、月曜日という事で通勤通学の影響で混雑していて、特に通学の学生の自転車が、突然目の前に出て来たり逆走したりで、恐ろしくてまともに走れない状況の中を我慢して走る。

で、お約束一つ目。

120509_002

ミスコース(笑

左折するべきを直進してしまった(^^;

スタートして間もない所ですが、何でも無いような坂が重くて上れない事が発覚@@;

久しぶりのフル装備なので、荷物が重いと自分に言い聞かせる。間違えても、先週は妻の誕生日やら結婚記念日で飲み食いし過ぎたとは考えない(^^;

兎に角最初の2時間は修行のようなコースで、交通量と信号の多さにウンザリする。

やっと走りやすくなったと思ったら、そこは埼玉県だった。

120509_003

さすが埼玉。なぜか埼玉?(笑

で、ここでもお約束二つ目。

120509_004

今度は曲がるのが早かった(^^;

ここら辺で確信したんですけど、今回のブルベの公式キューシートは、ことごとく距離が違う(笑

これは作成者の意図するところなのか、あるいは何か不思議な力が働いているのか?

120509_005

もっとも基本的な考え方としては、ブルベは事前の予習段階から始まっているて、しっかり予習していればその段階でわかっている事なので、細かい事は気にしない。

120509_006

それにしても何だ?、交差点名のカッコ書きは。

120509_007

東西南北を表しているようだけど、わざわざカッコ書きにする意味があるんだろうか?

やっぱり「なぜか埼玉」だ。♪なぜか知らねど~♪

120509_008

実はPC1手前で本気でダッシュをしてしまった。

時間を1時間読み間違えていて、クローズ時間に間に合わないと思ってしまったんです。

冷静に考えると、余程の事が無い限り間に合わないはずは無いんだけど、スタート直後のミスコースやら高校生の逆走自転車などで余計な時間を食ったと思い込んでいたみたい。

120509_009

PC1を出てからどれ位走っただろうか、サイクリスト御用達の赤城乳業ガリガリ君の工場がありました。

120509_010

妙義山が見える頃になると、天狗がさらし首にされています@@;

120509_011

妙義山には「天狗のひょうてい」と呼ばれる岩場があるんだとか。それと関係あるのか無いのか、次に通った時こそ確認してみようと思う。

120509_012

ここまで120km少々、全く坂の無いコースでしたが、ここからやっと坂が現れます。というか、これから先に平地はありませんと言った方が良いのかな?(笑

120509_013

上信越自動車道松井田妙義インターを過ぎると国道17号線。左折すれば間もなくPC2です。

120509_014

ここまで来れば「峠の釜飯本舗おぎのや」で釜飯を食べたいところですが、これまでは気温が高かったせいもあって軽い熱中症の症状を感じているので、塩分たっぷり(^^;)のカプラーメンをPC2で補給します。

120509_015

PC2を出ると、いよいよこのコースの本性が牙をむき始めます。

120509_016

古民家が立ち並ぶ綺麗な町並みではありますが、真っ直ぐ上る坂道。

それを越えると碓氷峠に繋がる坂が始まります。

120509_017

ただし親切な事に、それぞれのカーブに番号が付いていますので、何処まで上ったか大体の見当が付きます。えっ!全部でいくつあるのかって?、それは後ほど(笑

この碓氷峠に続く旧道はとても交通量が少ない道です。遠方から軽井沢方面に訪れる人達は上信越自動車道を使いますし、地元の方はバイパスを使うのでしょう。

しかし鉄道ファン達には愛されているようですね。

120509_018

現在は舗装されていますが、遊歩道のように見えるのは線路の跡だとか。

線路といえばこれ。

120509_019

めがね橋ですね。

明治時代に作られた電車用の橋梁で、現在もその形を残しているという事はそれだけの強度があるのでしょう。

現在は使われておりませんが、観光用として橋の上を歩けるようです。

120509_020

ところでこの道路、電車マニアではなくとも、ブロガーの目を引く物が多々存在しまして、その度に一々足止めをされます。

120509_021

これ、ブロガーランドヌールの罠だよな(笑

120509_022

ちなみにカーブは全部で184らしいですね。

何故か183までしか見つけられなかった。誰かが持って帰ったのか?

―――――後半に続く―――――

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月 8日 (火)

試走完走

BRM512青葉400km御坂みちの試走をして来ました。

120508_001

いやぁ、400kmはちょっと走って来るって距離じゃないですね^^;

最後にブルベ距離を走ったのが3月中頃。その時に左足を痛めてしまって、原因がわからないまま悶々としていた所に2週間前から背中を痛めてしまい、走らない理由は山ほどあったんです。

でも走りたいコースだったんですよ。

何かね、軽井沢とか清里とか、「何が」ってわけじゃないんですけど、好きなんですよ。

だから今回はDNFする気満々で輪行袋持参で行ったんですよ^^;

でもね、走り出しちゃうとDNFする理由よりも、もう少し走りたいと言う気持ちが勝っちゃうんですよね。

まあ、それにしても、やっぱり走り込んでいないところへいきなりの400はきつかった。

人間ってここまで疲れる事が出来るんだって実感してますよ(笑

詳細は後日書きます。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月 7日 (月)

試走中

BRM 512御坂みち400km試走中。

120507_001

最近走ってないせいか、半分でお腹一杯です(^_^;)

電車で帰ろうかな(笑)

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月 6日 (日)

幻に終わった冷川峠600km

妻と娘たちが買い物に連れて行けと言うので、準備している間にBRM602冷川峠のキューシートを作っていたんです。

それがですね、待ってる間に出来てしまって(笑)、いったい何時間待たせるんだって話なんですけど、ホントに女の支度は長いよね。

で、支度が終わっていざ出かける時になって、PCの電源を落とそうとしたら、当たり前の話なんですけど「BRM602冷川峠.xlsxへの変更を保存しますか?」って出て来るじゃないですか。

それが何を考えていたのか、「保存しない(N)」を押してしまったんですよw(゚o゚)w

3時間かかって作ったキューシートが、全て水の泡に(TT

と言うか、3時間も待たせるなと言う意見もありますけど(^^;

すっかりモチベーションダウンしてしまいましたorz

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2012年5月 5日 (土)

結婚記念日

お題の通りです^^

妻の母に「21回目の結婚記念日だよ」と話したら「よくそんなに持ったね」と(^^;

そりゃあ、別れなければ続くよな(笑

あ、「別れなければ」に苦笑いさせちゃったかな?

そう、夫婦って、気持ちが離れてもなかなか別れられないみたいですね。別れるには相当のエネルギーを使うんだとか。まあ、聞いた話ですが(笑

111113_001

結婚といえば、つい半年ほど前に後輩の結婚式に行って来たんですけど、その時に「愛があれば」とか、「二人の愛で乗り切って」などと、ヲッサンには背中が痒くなるような言葉が連発されていました。でもはっきり言うとさ、「愛」なんて言葉が役に立つのは子供が生まれるまでだよね。

子供が出来たらさ、夫婦が命をかけて、その人格を育てて行かなければいけないんですよ。女の人なんて生む時から命かけてるからね。

そんな命がけの仕事を、もともと他人の二人がやろうって言うんだから、愛が云々なんておととい来やがれ!って感じですよ。愛情だけじゃ夫婦なんかやってられないから。

というかさ、「ヲッサン」と「愛」って相容れない物同士じゃないですか?(笑

もし本物の愛情があるんだったら、それは全て子供に捧げるのが正解だな。

本当に夫婦に必要なのは、お互いを信頼する事だよね。

まあ、とりあえず、結婚記念日という事で、私を21年間信頼し続けてくれた妻に感謝。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月 4日 (金)

雨男炸裂!

こういうのを「条件反射」って言うんでしょうか?

120504_001

3年間酷使した雨具がついに雨漏れを起こし始めたので、何の迷いも無く買い替えたんです。しかも超高価なモンベルのゴアテックスに@@

これ、現時点で私が知る限り、自転車用の雨具としては最高の性能を持つ物です。

雨をはじいてくれるのは当たり前として、熱気がこもらないので蒸れないんです。

つまり通気性がとても良く出来ているんですね。ですから防寒具として使おうとすると、あまり暖かくなかったりします。

要するのそれだけ中の熱気を逃がす性能に優れているという事なんですね。

が、しかし、買った後でとっても大事な事に気が付いた。

気が付いてから買った事を後悔した。

男子いくつになっても中身は子供のまま。

新しいおもちゃを買ったら使いたくなるじゃないですか(笑

走らねーからな、雨の中なんか。

一応言っときますと、ブルベの主催スタッフは事前に認定試走が認められています。基本的には本番と全く同じ条件ですが、日程だけ2週間前から自分の好きな日程を選ぶ事が出来るんです。

つまり晴れの日を選ぶ事が可能なんです。

120504_002

でもどういう訳か、昨年は400kmと600kmで見事に雨に遭ってます(^^;

これは持って生まれたものなんでしょうか?

恨むべきは親だな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月 3日 (木)

The Longest Week

ノルマンディー上陸作戦とかそんなのじゃないです・・・わからないか(^^;

いやぁ、今週はホントに長い。週初めが月の変わり目で忙しかったのと、世間が休んでいる時に月曜から金曜まで出勤という精神的ダメージ(笑)が重なって余計にそう感じるんだと思います。

120503_001

それにしても凄い雨でしたね。

こんな日は仕事をしている方が良いです。休みの日にこんな天気だと損をしたような気になりますからね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月 2日 (水)

釣った魚にエサはやらない

今日は妻の誕生日。

知り合ってから30年以上が経ちますが、未だに歳だけは追い越す事が出来ません(笑

これでまた、その差を2つに引き離されてしまったわけだ。

で、釣った魚にえさをやらない主義、というか、魚釣ったら直ぐに食べるだろ。

でも年に一度だけ餌付けをしましょう^^

120502_001

妻の誕生日には花束を贈ります。

歳の数だけの花びらと葉っぱ@@(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2012年5月 1日 (火)

雨漏れ><

5月ですね。

5月といえば、皐月、MAY、隣のトトロ(笑

さて、ブルベの試走に行かないといけないわけですが、ここへ来て大問題が発生!

120501_001

約3年間、散々雨の中を走ったレインパンツが、ついに雨漏れを始めたんです><

大体走り始めて5分位で足が濡れ始めるんですね(^^;

つまり全く役に立ってないわけですが(笑

雨男の雨具ですから、河童の皿と同じ位重要な物でして、これ無しにブルベは考えられません。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »