bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

マウスが逝った

原因が分かると納得する事は多々あるけれど、原因が分かるまでは「まさか」と思う所が原因だったりする。

経験や知識はとても必要な事だけど、それがあるゆえの固定観念が邪魔する事もある。

いやぁ、この1週間位PCの調子が悪かったんですよ。

スクロールが出来なくなったり、フラッシュが表示されなくなったりで、てっきりフラッシュが駄目になったのかな?と思っていたんです。

ところがフラッシュを入れ替えても駄目で、マウスのドライバーをアップデートしたら一時的に直ったんです。

あくまでも一時的で、直ぐに駄目になって、と言うよりも以前より酷くなって、いよいよ操作が出来なくなってしまったので、マウスを抜いてみたんです。

もちろんキーボードだけの操作になりますけど、今まで出ていた症状が消えたので、まさかと思ってマウスを買い替えてみました。

130531_001

考えてみたらマウスを8年くらい使ってたんですね。

PCケースを除いては一番古いパーツだったんです。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月30日 (木)

凄い奴は常識にとらわれない

1週間前にプロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂に成功し、最高齢登頂者となったと言うニュースが流れた。

三浦雄一郎さんとはどういう人なのか興味があったので調べてみたところ、なかなか面白い人生を送っている方なんですね。

先ず目に付いたのは1966年に富士山から直滑降を成功させ、この時にブレーキに使ったパラシュートがパラグライダーが作られるきっかけになったらしい。

54歳の時に世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させるが、目標を失い体重増加や血圧上昇などの不健康な状態に。

しかし父親である三浦敬三さんが99歳でモンブラン山系の氷河を滑降したり、次男の豪太さんがオリンピックに出るなどを見て、65歳にして70歳でのエベレスト登頂を目指す。

この時に行っていたトレーニングは。外出時には必ず両足に重りをつけ、20kg近いリュックを背負っていたらしいです。

130530_001

そして2003年5月22日、この時点でギネス記録となる最高齢の登頂と、日本人としては初の次男の豪太さんと共に親子登頂を成功させている。

また2003年5月26日には75歳で2度目の登頂。

今回は3度目の登頂で、長男の雄大さんと共に登頂したらしいですね。

まあ、親子3代に渡って凄い事をやってる人達なんですけど、こういうのを見ると「自分とは世界の違う人の偉業」とは思えず、「ならば自分にも出来る」と思ってしまうのが私の悪い癖なんですね^^;

もっとも、エベレストに登ろうなんて思いませんよ。そういう事ではなくて、三浦さんが示してくれたのは年齢は関係ないということなんですよ。事実お父様は99歳でモンブラン滑降ですからね。ただ残念な事に、そのお父様は102歳で亡くなられているようですが、亡くなる直前まで挑戦し続けたのは事実でしょう。

三浦さんが80歳でエベレストなら、私だって80歳になっても自転車に乗り続けて、日本中を駆け巡っていられるはずですよね。

99歳でブルベを走ることだって可能かもしれません。

何が難しいかって、そこまで生きることの方が難しいと思いますけど^^;

それでも三浦さんが示してくれたように、挑戦する気持ちを持ち続ける限り不可能はないし、むしろ大事なのは挑戦するモチベーションを保ち続ける事でしょうね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月29日 (水)

自転車名人だったんだよね

3代目自転車名人って覚えてますか?

初代が忌野清志郎さんで2代目が鶴見辰吾さん。現在の4代目は片山右京さん。

いずれの方も自転車的に濃い方ばかりだったんですけど、3代目は女性で勝間和代さんという方。

2009年5月に3代目自転車名人になったんですけど、それ以前には散々自転車で転倒していたようですね。

しかもトレックマドンにスタンドとママチャリよりも大きなかごを前に付けるという訳のわからない乗り方をしていたようです。

自転車名人になってからは、何故かモーターバイクに乗るようになって、自転車はどうしたの?と思っていた頃にモーターバイクで転倒事故を起こしていました。

そして昨日は車で追突事故を起こしたとか。

あえて何も言いませんが、何を言いたいか察しが付きますよね(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月28日 (火)

梅雨入りか?

遂に東海地方まで入梅したようなので、関東も明日にでも入梅する可能性がありますね。

5月末に入梅なんて随分早いような気がしますけど、だからといって早く入梅したのだからその分早く梅雨明けするはずも無いし、しろとも言いたくないです。

だってさ、梅雨明けしたら暑いでしょ(^^;

私は暑いのが極端に苦手なので、出来れば夏が来ないまま秋になって欲しいと毎年思っていますが、その望みをかなえられた事はありません。

130528_001

気が付けば我が家の庭にも紫陽花が咲いていました。

これが咲いている間は梅雨が明けない。

これが散り始めると気温が上がって、じめじめした蒸し暑い後半の梅雨になります。

まだ先は永いな(^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月27日 (月)

ブルベもメジャーになりつつある

最近は日本のメーカーさんもブルベに一目置いているようで、ブルベ用などと謳われる製品が出始めましたね。

130527_002

オーストリッチバックパックライトという製品で、ブルベライダーの意見をベースに開発したらしいです。

まあ、一目瞭然というか、大きなリフレクターが付いているのが特徴ですね。

ブルベでは反射ベストや反射たすきの使用が義務づけられていますが、バックパックを背負ってそれらが隠れてしまう場合、バックパックの上から反射ベストやたすきを使用するか、あるいはバックパック用に反射材を付ける必要があります。しかしこれならばそのまま使えますからね。

そしてPanaracerからはツアラープラスブルベエディションだそうです。

130527_001

実は欧州メーカーからはブルベ用が出ているんですよ。ブルベが盛んな地域ですから、当たり前といえば当たり前ですね。

そもそもブルベ用に作られた自転車こそが、日本で言うところのランドナーやスポルティーフですからね。

でも日本メーカーがブルベに目を向けてくると言うことは、それだけブルベもメジャーになりつつあるという事でしょうか?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月26日 (日)

下見に

この週末にBRM608青葉600km天城越えの試走に行く予定だった2人が、そろいもそろって足を痛めてしまった><

かといってコース確認をしておかないのは都合が悪いので、ヲッサン二人で車に乗って下見に行ってきました。

折角車で出ているので、ちょっと寄り道をして峠の釜めしで有名なおぎのや本店に寄ると、下見に来ているという参加者にお会いする。

130526_001

彼はこの後、土砂降りの雨の中を走る事になる(笑

実は下見に行ったのにはもう一つの理由があって、みのいちさんのお知り合いの方が、軽井沢で個展を開いているのでそれを見に行く目的もありました。

130526_002

レコードのジャケットを模写して、どこかを猫に替えてしまうという絵の展示です。

ビートルズが猫になっていたりして、なかなか面白かったですよ。

130526_003

再びコースに戻り野辺山を登り始めると雨が降り始め、やがてそれは激しさを増します。

試走に来ていれば確実にやられていたでしょう。

130526_004_2

八ヶ岳大橋まで来ると一端雨は止みます。

というか、ここはまだ降っていないというのが正解ですね。

130526_005

橋の手前から稲光を撮影しようとしていましたが、そもそもコンデジで一瞬の稲光など捉えられるわけもなく、無駄な時間を過ごしてしまいました。

その後まもなくして雨が降り始めたのは言うに及びません。

しかし梅雨を感じさせるような空模様でしたね。

本番は雨かな?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月25日 (土)

肉離れにつき・・・

今日明日でBRM608青葉600km天城越えの試走に行く予定で、昨日出発の準備を終えてから整骨院に行ったんです。

今週に入ってから左のアキレス腱が少し痛むので、出かける前に整骨院でほぐしてもらおうと思っていたんです。

130525_001

そこの整骨院は近所でも評判が良くて、一度見てもらうだけで軽い痛みは取れてしまうんですよ。

それを期待して行ったんですけど、足を見るなり「肉離れしてますね」だって@@;

超音波でも肉離れしている所を見せてもらった。何でもない所は綺麗に真っ直ぐな筋が何本も通っているんですけど、肉離れしている所はぐちゃぐちゃ(^^;

あれを見てから痛みが増してきて、200kmや300kmならテーピングして走ってしまいますけど、さすがに600kmは止めておこうかと。

今年は2度目の肉離れだな。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月24日 (金)

壊れてもガーミンより正確?

こんなもんが壊れるとは思わなかった。

130524_001

壊れたわけじゃなくて、音が出てるんです。

「キュッキュッキュッ」とか「チッチッチッ」とかいう音で、周囲の雑踏のある所では聞こえませんが、静かなところをのんびり走っていると耳に付くんです。

130524_002

で、とりあえずちっちゃい自転車にも同じ物が付いているので取り替えてみたんです。

そういえば先日伊豆半島を一周した折、いつもよりも走行距離が短いと思っていたんですけど、動いていない瞬間があったんだろうか?

まあ、ガーミンに比べると大した誤差ではないですけどね。

ガーミンは最高速度683.9km/hとか記録してましたが^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月23日 (木)

クチャクチャのカーブミラー

カーブミラーってさ、ミラーって言うからには鏡なので、ガラスの裏に金属の膜を貼った物だと思い込んでいたんですけど、ガラスは使われていないんですね。

130523_001

誰かがぶつかってクチャクチャになったカーブミラー(笑

既に役に立たない^^;

130523_002

よく見ると他にも凹んだ奴があるんです。

ガラスだったら砕け散っていますからね。

意外に知らない事実というか、気にもしてなかった^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月22日 (水)

ブルベは日本国憲法違反?(嘘

本日5月22日は「サイクリングの日」らしいですね。

昭和39年(1964年)5月22日に日本サイクリング協会が文部大臣から設立許可を受け、平成21年(2009年)4月に同協会が創立45周年を記念して制定したらしいです。

130522_001

ところで正しいサイクリングとはどのようなものか、考えた事がありますか?

それは多分、朝出かけて、日が落ちる頃には帰宅、若しくは輪行などで帰路に着くような工程で、途中で観光地を観光したり美味しいものを食べたりというのが正しいサイクリングではないでしょうか?

間違えても昼夜走り回るのは正しいサイクリングでは無いと思います。

ましてやブルベなんて、日本国憲法に違反している疑いがあります@@;

憲法25条に、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とありますが、ブルベ走行中及び走行後にはその権利を剥奪されている可能性があります。

どう考えても数百キロを一気に走ることが健康的とは思えませんし、食事はコンビニだけで済ませた上に、夜中に道端に倒れこむようにして仮眠を取っている行為が文化的とは考えられません(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月21日 (火)

野ウサギ

仕事帰りに茅ヶ崎里山公園経由で帰った。

130521_001

ここののどかな景色が大好きなんですけど、よく見たら動く物がいますね。

130521_002

野ウサギです。

さすがに野生と見えて、10メートルも近づけませんでした。

ウサギ一匹取れなかっただ><(違

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月20日 (月)

キューシートの雨対策

キューシートを作ると必ずラミネートする癖が付いてます。

130520_001

何故かって?

キューシートはブルベのコース図ですよ。雨で濡れたら見えなくなっちゃうじゃないですか^^;

130520_002

聞くところに寄ると、この週末に行われたブルベで、雨予報が一転して晴れに変わった所があるようですね。

何と羨ましい事か。それに出た連中は一生分の運を使い果たしたぞ(笑

私が今まで参加したブルベは、予報よりも早く雨が降り始めたり、底が抜けたような雨が降ったり、降らない予報だったのに何故か降ったり、挙げ句の果てには私の所だけ降ったり(><)、間違えても好転した事はありませんでした。

この差は何だろうか?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月19日 (日)

散歩

ぷらっと散歩して江の島まで行って来た。

12kmを2時間。帰りは電車(笑

130519_001

やっぱりね、健康維持だけが目的ならば、自転車通勤と適度のサイクリングは非常に効果的だと思うんですよ。

ところがですね、サイクリングを極めていこうとすると、自転車以外の運動が必要になるみたいですね。

で、一番良いのが歩く事や走る事。だと思う。

自転車も歩きも走りも、いずれも足の筋肉が鍛えられる事は確かなんですけど、どうも微妙に使う筋肉が違うみたいなんです。

ですからウォーキングやランニングで足を鍛えておくと、自転車で長距離を走った時の足の痛みがかなり軽減されます。

私の場合はアキレス腱の痛みが出なくなりましたね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月18日 (土)

ペダル軸交換

結局ペダル軸交換。

130518_001

何故いつも左ばかり悪くなるんだろうと考えていたんですけど、答えは簡単でした。

信号待ちなどで付く足は左足。その度に左側ペダルのクリートを外したりはめたりと、ペダルの回転方向以外の方向に力が加わるわけですよ。

回転方向にはかなり強く出来ていますけど、それ以外の方向にバシバシ力を加えられるとペダルもたまったものじゃないですね^^;

しかしですね、しばらく財政難が続くので、片側のペダル軸だけで6千円もするデュラのペダルを使い続けるより、いっそ左右で6千円ちょっとで買える105のペダルにして毎年買い替えた方が安いのでは?と思って悩んでいたんです。

ちなみにアルテグラと105のペダルは中身が全く同じなので、耐久性も同じです。

アルテグラカーボンは部品番号こそ違えど、これも中身は全く同じ物。

しかし105やアルテグラは私が使うと1年少々で駄目になってしまいます。

デュラは2年毎にペダル軸を交換していて、これで4年使っています。軸を替えたのであと2年使えるわけですね(笑

130518_002

で、デュラのその他の違いは多分これですよ。

105やアルテグラのペダル軸は2点で支えられていますけど、デュラは3点で支えられています。つまりそれだけ強度があるって事。

その他の部分も全然違うんですよね。

130518_003

組み付けて早速の試運転は江の島へ。

なんだかペダルの回転が良くなったような気がする^^

この程度の違いって人間の感覚でわかるはずがないんですけどね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月17日 (金)

ちっちゃい自転車でチャリンコ通勤

うちの従業員には、私がロードバイクに乗っているイメージが強いようで、たまにちっちゃい自転車で通勤すると一様に「どうしちゃたんですか?」などと驚かれます。

130517_001

これ、通勤用に買ってから4年目になるんですけど、まだ印象が薄いんですかね?

そこそこ乗ってるんだけどな。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月16日 (木)

名医の一言は凄い

一昨日の事、義母が膝が痛くて歩けないというので、整形外科に連れて行った。

診察の結果は年寄りに良くある症状で、膝の軟骨が少なくなっているところへ、何かの拍子でお皿がずれて痛みを出しているとか。

もともと膝の弱い人で、大船にある名医の所に半年毎に通っていて、今日がその診察日に当たっていましたが、本人は歩くのが大変な状況なので休暇を取って連れて行ったんです。

130516_001

病院に行くまではヨタヨタの老人でしたが、名医の診察で「これくらいは大丈夫です」と言われ、突然元気になった(^^;

痛みが取れたわけではないので杖をつきながらですが、スーパーで買い物をしたりホームセンターに行ったりと、さっきまで死にそうな顔をしていたのは誰だ?と(^^;

名医の一言の力は凄いな(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月15日 (水)

ロードバイクでチャリンコ通勤

風が強かったですね><

130515_001

帰りはずっと向かい風。

帰りの境川サイクリングロードで反対から来る自転車はみんな追い風なんだよな。

ヘルメットを被って走っているようなロードバイクは問題ないとして、ヘルメットを被らずに走っているクロスバイクとかは、自転車は左側通行という意識が薄い人が多くて、イヤホンで音楽を聴いて、挙げ句には携帯操作をしながら追い風に追われて来ると、物凄い勢いでこっちに突っ込んで来るんですよね@@;

ああいった連中がいる限り、自転車の立場って良くならないよね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月14日 (火)

得体の知れない機械

得体の知れない機械を積んだトラックが来た。

130514_001

この機械は中央部分に油圧用のエンジンが付いていて、リモコンで操作するようです。

130514_002

サイドに付いた角が立ち上がり

130514_003

続けて後方の角も立ち上がります。

130514_004

今度はそれが横方向に移動して、トラックの幅よりも広がりました。

130514_005

足が伸びたと思ったら、そのままトラックから降りた(笑

まるでトランスフォーマー@@

そしてこのまま歩き始め・・・ない(^^;

130514_006

そこに100トンクレーンを入れて

130514_007

クレーンのブームを固定し始めます。

130514_008

そして上昇すると

130514_009

クレーンのブームを外してしまった@@;

130514_010

今度はそこにトレーラーが入って来て

130514_011

トレーラーに積み込むと

130514_012

そのまま行ってしまった。

100トンクレーン位の大きさになると道路交通法で定められた軸重を超えてしまうようで、軽量化しないと公道を走れないために、こうした作業が必要になります。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月13日 (月)

リムテープを替えた

リムテープ。

130513_001

年に1回は交換するようにしています。

チューブレスを使っていれば必要無い物なんですけどね。

リムテープの役目は、チューブがリムのスポーク穴に干渉しないようにする事です。

ところがですね、ロードバイクのチューブには、車のタイヤより遥かに高い、フォークリフトなどと同等の高圧の空気が入っていますので、リムテープはかなり疲労が激しいんです。

ですから1年もするとそこそこ劣化して硬くなってしまいますし、そのまま使い続けると切れたりひび割れしたりします。

130513_002

そうなると大変。チューブに入っている高圧空気が、チューブをリムテープのひび割れに押し付け、あるいはリムテープを裂いてスポークと干渉したりするとパンクします。

ところが空気を抜いてしまうとリムテープが元に戻ってしまうので、パッと見た目ではリムテープの劣化に気付かず、原因不明のパンクになってしまう事があります。

そうならないために定期的に交換します。

安い物ですからね。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月12日 (日)

BRM511青葉400km富士終了

BRM511青葉400km富士終了しました。

130512_001

エントリーの3分の2がDNSで、出走した人の内3分の2がDNFという過酷なブルベになりました。

私もブルベを走ると雨が降るので、「雨男」と揶揄される事が多いのですが、あえて雨男の立場としていわせて頂ければ、「走れる雨」と「走れない雨」がある。

今回の雨は後者ですよ。

それだけに今回完走した人達は凄いと思うし、私には絶対真似が出来ないと思うし、お友達にはなりたくないな(笑

とにかく無事に終わって何よりでした。

皆様お疲れ様でした。明日からはまた良き一般社会人として、それぞれの立場で頑張りましょう!

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月11日 (土)

BRM511青葉400km富士 雨でも開催!

当たり前のタイトルをつけてしまった。

と言うより、そもそも雨はデフォルトなのか?(笑

130511_001

雨が降りしきる中、箱根、富士山、御坂みちと、よくも走る気になったもんだ。私なら最初から走らないけど(笑

あ、走り出したら降るのか(^^;

私の試走DNFのブログを読んで下さった参加者の方が、雨の中を走りながら「濡れ鼠での富士山は寒くて危険かもしれない」と正しい判断をされたようで、身を危険にさらす前に正しい判断をして下さいました。

私のブログも役に立つ事があるもんだと思った一瞬でした(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月10日 (金)

痛風と闘う

実は伊豆半島一周の翌日に痛風の発作が始まりまして(^^;痛風とはその名の通り、向かい風の中を自転車で走ると痛み出す病気(違

えっと、痛風というのはですね、主に足の親指の付け根とか踵、膝などの関節に激痛が走る病気で、その原因は体の代謝の廃棄物である尿酸が結晶化して間接などに溜まってしまう事にあるようです。

ちなみにですね、もし痛風の発作が出たら、タマネギを生で食べると痛みが和らぎます。

タマネギは水にさらさず火を通さず、そのままドレッシングをたっぷりかけるなどして、あるいは他の野菜を混ぜたりして、1玉か半玉を食べるんです。

凄い味ですけど、通風の辛さと生のタマネギとどっちを取るかって話ですよね(笑

たぶんほとんどの人は迷わずタマネギじゃないでしょうか?そのくらい痛いんですよね(笑

さて、痛風の主な原因は、昔から贅沢な食生活やアルコールにあると言われていましたが、肥満による内臓脂肪の増加やストレス、過度の運動にもあるようですね。

130510_001
痛風患者御用達のコルヒチン

さて、この悪者の尿酸ですが、これは全ての細胞に含まれるプリン体という物質が分解された時に出来る廃棄物で、人体には常に1200mg程度存在しているようです。

そして通常、人は1日に食事から100mgを摂取し、新陳代謝によって600mgが体内で作られ、排尿によって500mg、発汗などによって200mgが体外に排出されているようです。

この数字、とっても大事です。

普通の場合、痛風患者は食事療法が用いられ、プリン体を多く含む食事を制限されますが、どれだけ多くプリン体を含む食事を取ったところで、新陳代謝による尿酸生成の方が遥かに多いわけです。

むしろ食べたいものを食べられないストレスを溜めるくらいなら、美味しいものを適度に食べる方が尿酸値の上昇は少ないらしいです。

と言うのも、面白い実験をした痛風の専門医がいらっしゃいまして、自らが痛風の発作が起きたのをきっかけに、アルコールとストレスと尿酸値の関係を、自らの採血によって何ヶ月にも渡って調べていました。

130510_002

その結果、禁酒を開始するとグングン尿酸値が上がり始め、少しずつ(あくまでも適量)酒を飲むと少しずつ尿酸値が下がり、過度の飲酒や激務の後にも尿酸値は上がったようです。

要するに、尿酸値上昇の原因は過度のアルコール摂取は当然として、ストレスも大きくかかわっている。またストレスを軽減させる適度のアルコールは尿酸値を下げる。と言う事らしいですね。

また世間一般論として、痛風にビールは絶対に良く無くて、ワインなら良いと言う話も聞きますが、あれは間違いのようです。そもそもアルコールが分解されて尿酸が出来るので、飲みすぎると何でも良くないです。

さて、今回の私の発作ですが、伊豆半島一周でかなりたくさんの乳酸が溜まってしまったようで、過度の運動による発作のようです。

まあ、後半には前兆があったんですよね。実は気がついてた(^^;

もし600kmとか走っていたら、最後は通風で走れなくなってたと思う。通風でDNFなんて前代未聞だな(笑

でももし通風DNF第1号だったら、伝説になりますね(笑

それにしても伊豆半島一周は過度の運動だったとは。

最後の箱根が無ければ適度な運動の範囲だったんだろうか?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 9日 (木)

ブルベの準備

週末のブルベの準備作業。

130509_001

天気があまり良くないようなので、参加を悩んでいる人が多いんだろうなと思う。

私だったら迷わずDNSだけどな(笑

だってさ、雨に濡れた体で夜中に標高の高い所に行くんですよ。しかも気温は一桁の前半。よほどの装備がないと凍えてしまいますよ。

ブルベは趣味で楽しむために走っているわけだから、修行みたいなことはしたくないですよね。

と言いつつ、いつも途中で修行になってる(^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

2013年5月 8日 (水)

伊豆半島一周(後半)

伊豆半島一周(前半)から続く

子浦から松崎の雲見まではマーガレットラインと呼ばれます。

130508_021

マーガレットで何を想像するでしょうか?

130508_022

鉄の女と呼ばれたマーガレット・サッチャーですかね。まあ、マーガレットって、そういう意味だったんだと、今更気が付きましたよ(笑

130508_023

実際に下田から松崎までの50キロ弱で1100m分の坂を上るわけですからね。

130508_024

松崎まで来るとホッと一息。

130508_025

有名店「さくら」は今日も満員。一度ここで食べてみたいんですけど、並ぶのが嫌なんですね(^^;

松崎から土肥(とい)まではそれほどたいした事はありません。距離も短いし。

130508_026

途中、恋人岬などというヲッサンには似つかわしくない所に立ち寄り、と言うか、本当にカップルばっかりだったので、汗臭いヲッサンが長居すると逮捕されるんじゃないかと言う罪悪感さえ感じたので、そそくさと退散ですε=┌( ・_・)┘

130508_027

土肥ではいつも寄っていたファミリーマートが無くなっていました@@;

仕方ないのでちょっと手前にある土肥金山のファミリーマートに寄ります。

ここではしっかり補給しておかないと、戸田(へだ)までは水もトイレもありませんからね。

ついでに筋肉が固まっている部分をほぐします。まだペダリングは出来ているんですけど、ひとたび自転車を離れると足元が覚束ないんです(^^;

普通に考えると疲労の限界なんだろうな。

さて、土肥から三津までの区間の県道17号線沼津土肥線は、途中に小さな戸田漁港があるだけで、本当に何も無いところです。

水もトイレも電気も何もありません。道路から1m離れると、そこは前人未踏の地があるだけです(謎

130508_028

ただ何故か訳の分からない石が置いてある(笑

130508_029

石には字が書いてある。

字の書いた石とベンチだけです。

130508_030

道路は・・・下りの景色は好きなんですけどね。

130508_031

そういえば西伊豆は日本一の夕日で観光をアピールしていましたね。

夕日もいいけど、もう少し沈むの待ってくれないかな。せめてこの街頭も何も無い所は明るいうちに抜けたい。

130508_032

と言いつつ、字の書いた石を見つけては立ち止まっている。これこそ時間の無駄だな(笑

130508_033

で、出逢い岬に来て驚いた。

トイレが作られていましたね。確か前回来た時は無かったと思います。

130508_034

たった一箇所でもトイレが出来たのは大きな進歩ですね。

130508_035

日の入り時刻は過ぎてしまいましたけど、まだ明かりがある内に山を下って来られたのは良かったですね。

真っ暗の山道を自転車の頼りないライトだけで下るのはちょっと心許無いですから。

130508_036

沼津まで来ると残りは箱根だけ。

このコース最大の難関かもしれません。が、私自身、箱根は庭みたいなものなので、気分的には楽なんですよ。知り尽くしている道ですからね。

あくまでも楽なのは気分だけですけど(^^;

130508_037

さすがに標高の高い所での夜です。冷えてきたので、途中で防寒装備に着替えます。

箱根峠手前では霧が出始めました。

130508_038

箱根峠でSNSやFBに投稿したかったんですけど、結構気温が下がっていたので、体を冷やす前に写真だけ撮って、とっとと下ります。

130508_039

下りは旧道。

真っ暗で急な下りですけど、さすがにここは知った道、先がどうなっているのか分かっているので安心です。

130508_040

途中自転車を押して上って来る人達とすれ違いました。

時間は午前0時ちょっと前です。こんな時間にどこへ行くのかと考えてしまいましたが、向こうも同じ事を考えているんだろうな(笑

小田原から茅ヶ崎までは毎度の事。眠くてフラフラになりながら走りましたよ(^^;

眠気に襲われるたびにコンビニで買ったアタリメを噛みながら走りますけど、お腹がすいてきたのですぐに飲み込んでしまい、そうするとまた眠くなると言う悪循環。

やっと茅ヶ崎に戻って来たのは午前1時過ぎでした。

コンビニの前でちょっと座っていると、いつの間にか15分程度寝てしまったようで、結構スッキリして目覚めました。

目が覚めて直ぐに反対車線に反射ベストを着た自転車を2台発見@@

こんな時間にあんな格好で走っているのはAJ西東京のIさんとNさんだな。きっとブルベの試走でしょう。

午前1時過ぎの湘南海岸。

こちらは帰って来た人。あちらはこれから出かける人。

どちらも自転車の乗り方、間違ってないか?(笑

走行距離:355.91km
累積標高:4,397m(自宅-茅ヶ崎間を除く)

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 7日 (火)

伊豆半島一周(前半)

伊豆半島を一周してきました。

130507_0001

今回は「伊豆半島一周倶楽部」のレギュレーションで走りましたので、一応スタート地点の茅ヶ崎サザンビーチで記念撮影。

130507_002

のはずが、肝心のCマークには寝てる奴がいたので(^^;)、烏帽子岩をバックにしました。

130507_003

相模川を渡る橋では富士山がお出迎え。

今日は富士山に上らなくて良いので、いつもの富士山ですね(^^;

先週は「あれに上るのか」と思いながら見てましたから(笑

130507_004

今回で4回目になる伊豆半島一周ですが、TMRの仲間と走った1回を除いて全て早朝の出発です。理由は簡単。太陽と一緒に伊豆半島を回り、最後の箱根は夜景を見ながら上る。

素敵な周り方でしょ^^

130507_005

熱海の手前では一般のサイクリスト?を発見。

普段の伊豆で見かける自転車はロードバイクばかりなので、こういった大きな荷物を持ったサイクリストは珍しいですね。

でもこの後、この手のサイクリストを多く見かけます。連休なので泊りがけのサイクリングを楽しんでいるのでしょう。

1日で伊豆を駆け巡ろうとする馬鹿者とは基本的に違う、正しいサイクリングをしているのだと感じました(笑

130507_006

で、熱海では寛一お宮の像の前で立ち止まります。いまさら見ても何ですけど、何故かここで撮影しないといけないような感覚にとらわれてしまいます(^^;

130507_007

伊豆は全国的にも有名な観光地ですから、写真撮影したいスポットはいくらでもありますけど、その度に立ち止まっていると前に進まなくなるんですよね。

130507_008

車だと駐車場でもない限り道端で立ち止まれませんが、自転車はそれが出来てしまいます。これは罠だな(笑

130507_009

実際に今回撮影した写真はコンデジで80枚。携帯でも少々。1枚1分として1時間20分ですか・・・進まないわけだな(笑

130507_010

まあ、24時間で一周すれば良いわけだし、今までの自分の結果を見ると20時間で茅ヶ崎に戻れるはずなので、1割から2割くらいのんびりしても大丈夫でしょう(^^

130507_011

ただし、過去に伊豆半島一周した時よりも1割から2割程度弱っている(^^;

130507_012

でも所詮は遊びなわけだし、面倒な事は考えずに走る事と景色を楽しみましょう。

130507_013

下田では黒船が動いているところを見た@@

あれ、動くんだ。ただのオブジェだと思ってた(笑

家から下田までは約150km。ここで引き返しても結構な距離になりますけど、実は伊豆半島一周は下田から始まると言っても過言ではありません。

東伊豆の緩やかなアップダウンに比べると、南伊豆や西伊豆のアップダウンは「凶暴」という言葉が似合います。

130507_014

レギュレーションでは「石廊(いろう)崎灯台の写メ」とあるので、灯台まで行かなければなりませんが、最後に石廊崎灯台に行ったのはかれこれ30年ほど前。どうやっていったも覚えていません。

普段なら漁港から遊歩道を自転車で行くのも黙認してくれるようですけど、今日は混んでいるので自転車は置いて行って下さいとの事。

「どの位かかりますか」と聞くと、「15分くらいだね」と。

130507_015

SPD-SLで往復30分歩きました(TT

ここが一番大変だったかも(^^;

130507_016

もっとも前半の500mは、自転車でも押して行くような傾斜でしたね。

130507_017

石廊崎の次は愛逢(あいあい)岬。

ここの景色は最高です。この景色を見るためだけでも来る価値はある・・・と言いたいところですが、伊豆半島はどこも景色がとっても良いので、美しさが際立たないんですよね。

130507_018

愛逢岬を過ぎるとしばらく山間部に入ります。

地図で見ると海沿いに見えますけど、そもそも伊豆半島の海岸線は断崖絶壁ばかりなので、地図上の海沿いであっても実際は山間部なんですね。

130507_019

次に海が見えてくるのは妻良港。

その北側に子浦という小さな町があるんですけど、丘の上には横浜市の臨海学園があります。

130507_020

その名の通り臨海学校や林間学校と呼ばれる行事に使われる施設ですね。

うちの子供たちも上の2人はここに来ていますが、末っ子は校長が変わった人だったので、標高70mにあるこの施設は津波が心配だからと止めて、標高10m以下の横浜みなとみらいに変更してました。あの校長、わけわからん(^^;

後半に続く

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 6日 (月)

昨日は結婚記念日・・・妻と顔を合わさなかったが

昨日5月5日は結婚記念日。22年になりました。

あと3年で銀婚式なんですね。驚いたもんだ(笑

さて、夫婦と言えば「阿吽の呼吸」とか、「ツーと言えばカー」とか、最も息の合う仲のように言われますけど、実はそれは間違いです。大きな勘違いです。

実はですね、女性は相手を観察する能力に長けていますので、自分の夫の事は良く知っています。癖とか仕草とか、何から何まで良く知ってます。

一方、男はですね、相手を観察する事なんか絶対に無いです(笑

自分の妻が美容院に行ってきたとしても、気が付かない事がほとんどですね(^^;

その証拠に、今朝自分の奥さんが着ていた服装を覚えていますか?

多分100人の内120人までが答えられないでしょう(笑

そもそも自分の女房の顔さえ覚えていなかったり(@@;)、名前を間違えたりw(゚o゚)w、挙句の果てにはどっちが女房(ry

つまりですね、夫婦の仲が永く続くと言うのは、ひとえに奥さんの忍耐力によるものなんです(笑

まあ、20年以上経ってみて言える事は、結婚当初は「愛があれば」なんてドラマみたいな事を言う人がいるようですけど、あれは嘘です@@;

無いよりは有るに越した事は無いと思いますが、本当に必要なのは「信頼」ですね。

信頼する事は当然として、信頼される事が大変なんだ。

でもヲジサンも一つ学習したよ。

それはね、家庭円満のコツは、母親の笑顔だね。

妻の笑顔を絶やさないようにするのが夫の勤め。

そしてお母さんを大事にするお父さんは子供たちから尊敬されるのだ。

これだけは間違いない。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 5日 (日)

伊豆半島一周報告のみ

伊豆半島を一周してきました。

130505_001

5月5日は結婚記念日なので、記念に伊豆半島を一周してくると言ったら、「意味わからない」と言われた。

そのままの意味なんだけどな。

詳細は後日。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 4日 (土)

普段着

久しぶりに普段着を買ってもらえた。

130504_001

考えてみると普段着るような服は2~3着しか持ってなくて、そのくせレーパンなんか1週間分あったりして^^;

自転車用のジャージ1着で普段着が3~4着、あるいはもっと買えるのに、何故か自転車用だけが増えていくのは何故だろう?(^^;

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 3日 (金)

通勤DNF

月曜日から昨日までの4日間は車で通勤してしまったので、今日が今週初めての自転車通勤になりました。

火・水・木の3日間は出かける時に雨が降っていたので仕方ないですが、月曜日が馬鹿みたいでした。

実はヘルメットを被らずに出かけてしまったんですね。

もちろん自転車にヘルメット着用義務はありませんので、普通はそれでも全く問題ありませんが、私の勤め先は、構内を自転車で走る時にはヘルメットの着用が義務付けられているんです。

130503_001

もっとも事務所に一番近い門から入って押して歩けば問題ありませんが、その場合SPD-SLで1km歩く事になります(^^;

面白いルールで、二輪車で入門する際には反射ベストが必要なんですね。

もし自転車も反射ベスト着用になったら、どこかで見たような格好で通勤する事になりますね(笑

で、我々のようなスポーツバイク愛好家の間ではヘルメットの着用は当たり前の事ですから、自転車でヘルメットを被って走る事には何ら抵抗がありませんし、一般的に見ても違和感を覚える事はありません。

しかしですね、ほとんどの自転車通勤者はママチャリを利用しているわけで、これらの人がヘルメットを被っているのは少々異様な風景ですよね。

ですからママチャリ通勤者はヘルメットを持って来て、門の前でヘルメットを被ってから入門しています。

まあ、構内では安全が守られますけど、折角ヘルメットを持ってるんだったら外でも被ればいいのにね。

さて、話を戻して、月曜日はヘルメットを忘れてしまったので、途中で引き返して慌てて車で出勤しました。

それだけなら笑い話ですけど、その前の週末にブルベの試走に出かけて、忘れ物だらけで結局DNFになった直後ですから、少々落ち込みました(TT

だんだん物忘れが激しくなってきたのは年齢のせいでしょうか?

何しろ尋常小学校の出身ですから(嘘

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 2日 (木)

月曜日にはバラを

今日5月2日は妻の誕生日。

130502_001

誕生日には花束を贈ります。

♪心の彩を形にかえて貴女へ♪
♪月曜日にはバラを♪
月曜日にはバラを:稲垣潤一

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

2013年5月 1日 (水)

富士山ですね

富士山が世界遺産に登録されるような話になりましたね。

詳しい話は私よりも皆さんの方が詳しいでしょうから、ここでは触れないとして、富士山と言えばしばしば「静岡と山梨でどちらの富士が素晴らしいか?」などという話題を耳にします。

130501_001
神奈川県箱根町大観山からの富士山

私にすれば、「神奈川からに決まってるだろ!」と言いたいところですが、残念ながら神奈川からは近くに見えるだけで富士山があるのは山梨と静岡の県境ですね。

ただね、静岡山梨のどちらかと言う事に結論は出せませんが、個人的に思うのはどちらも違う富士山が見られると言う事ですね。

先ず静岡から見る富士山は兎に角でかいです。

130501_002
静岡県富士宮市からの富士山

ただ今回除外される事になった三保の松原まで行ってしまうと、富士山は少々小さくなってしまいますね。

130501_003
静岡県日本平からの富士山

写真は日本平からですが、三保の松原に程近い場所なので雰囲気は分かると思います。

そして山梨から見る富士山は綺麗ですよ。

130501_004
山梨県山中湖村からの富士山

実際に山梨県で富士山がバッチリ見える場所と言うのは富士五湖周辺になると思いますけど、その一帯は標高1000m近い場所なので、静岡で海から見上げるような大きさは感じません。

しかし周りの景色との調和が最高なのが山梨側ですね。

まあ、いずれにしてもどこから見ても「日本一」と言う言葉が一番当てはまるが富士山だと言う事に異論を唱える人は稀でしょう。

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »