bijin-tokei

無料ブログはココログ

« ブルベの準備 | トップページ | BRM511青葉400km富士 雨でも開催! »

2013年5月10日 (金)

痛風と闘う

実は伊豆半島一周の翌日に痛風の発作が始まりまして(^^;痛風とはその名の通り、向かい風の中を自転車で走ると痛み出す病気(違

えっと、痛風というのはですね、主に足の親指の付け根とか踵、膝などの関節に激痛が走る病気で、その原因は体の代謝の廃棄物である尿酸が結晶化して間接などに溜まってしまう事にあるようです。

ちなみにですね、もし痛風の発作が出たら、タマネギを生で食べると痛みが和らぎます。

タマネギは水にさらさず火を通さず、そのままドレッシングをたっぷりかけるなどして、あるいは他の野菜を混ぜたりして、1玉か半玉を食べるんです。

凄い味ですけど、通風の辛さと生のタマネギとどっちを取るかって話ですよね(笑

たぶんほとんどの人は迷わずタマネギじゃないでしょうか?そのくらい痛いんですよね(笑

さて、痛風の主な原因は、昔から贅沢な食生活やアルコールにあると言われていましたが、肥満による内臓脂肪の増加やストレス、過度の運動にもあるようですね。

130510_001
痛風患者御用達のコルヒチン

さて、この悪者の尿酸ですが、これは全ての細胞に含まれるプリン体という物質が分解された時に出来る廃棄物で、人体には常に1200mg程度存在しているようです。

そして通常、人は1日に食事から100mgを摂取し、新陳代謝によって600mgが体内で作られ、排尿によって500mg、発汗などによって200mgが体外に排出されているようです。

この数字、とっても大事です。

普通の場合、痛風患者は食事療法が用いられ、プリン体を多く含む食事を制限されますが、どれだけ多くプリン体を含む食事を取ったところで、新陳代謝による尿酸生成の方が遥かに多いわけです。

むしろ食べたいものを食べられないストレスを溜めるくらいなら、美味しいものを適度に食べる方が尿酸値の上昇は少ないらしいです。

と言うのも、面白い実験をした痛風の専門医がいらっしゃいまして、自らが痛風の発作が起きたのをきっかけに、アルコールとストレスと尿酸値の関係を、自らの採血によって何ヶ月にも渡って調べていました。

130510_002

その結果、禁酒を開始するとグングン尿酸値が上がり始め、少しずつ(あくまでも適量)酒を飲むと少しずつ尿酸値が下がり、過度の飲酒や激務の後にも尿酸値は上がったようです。

要するに、尿酸値上昇の原因は過度のアルコール摂取は当然として、ストレスも大きくかかわっている。またストレスを軽減させる適度のアルコールは尿酸値を下げる。と言う事らしいですね。

また世間一般論として、痛風にビールは絶対に良く無くて、ワインなら良いと言う話も聞きますが、あれは間違いのようです。そもそもアルコールが分解されて尿酸が出来るので、飲みすぎると何でも良くないです。

さて、今回の私の発作ですが、伊豆半島一周でかなりたくさんの乳酸が溜まってしまったようで、過度の運動による発作のようです。

まあ、後半には前兆があったんですよね。実は気がついてた(^^;

もし600kmとか走っていたら、最後は通風で走れなくなってたと思う。通風でDNFなんて前代未聞だな(笑

でももし通風DNF第1号だったら、伝説になりますね(笑

それにしても伊豆半島一周は過度の運動だったとは。

最後の箱根が無ければ適度な運動の範囲だったんだろうか?

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

« ブルベの準備 | トップページ | BRM511青葉400km富士 雨でも開催! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハイ!ハイ!尿酸値8あります。完全に予備軍です。医者には体質だからしょうがないと言われてます。

伝説の痛風ブル兵衛 誕生!には なりませんようにw!

なんだ、なんだ、大変ですね、、、
一過性だと良いのですが。

Akabonさん>
仲間だ(笑
でも私は7.5ですけど・・・

BABUさん>
伝説は出来るかもしれません@@;(笑

FISHさん>
突発性だからそれ程大げさな事はないんです。
ただ元々痛風持ちなので・・・^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛風と闘う:

« ブルベの準備 | トップページ | BRM511青葉400km富士 雨でも開催! »