bijin-tokei

無料ブログはココログ

« 雨男返上か? | トップページ | 娘の合唱発表 »

2013年8月23日 (金)

犯人はSTIだった

今までずっとアルミのレバーを握っていたのに、カーボンの幅広のレバーになって、更にはコーティングされたワイヤーでレバー操作が軽くなった事もあって、とっても握りやすいですよ。

130823_001

乗っている間はずっと握っている物ですからね。使い心地ってとっても大事な事だと思います。

もっとも、ロードバイクって走るために必要な部品以外何も付いていないので、どの部品も全て必要な物ですけどね。

強いて必要ない部品を挙げるとしたら、12Tのトップギアーかな?(笑

で、そんな話題でお茶を濁すつもりではなくて、このレバーで重大な事に気が付いたんですよ。

先月初めにDuraAce9000を組んだ時、クランクを短くしました。

クランクを短くするという事は、高回転が楽になる反面、坂が辛くなると言われています。

実際に坂ではいつもより軽いギア、若しくは力を入れてペダリングしているように感じていましたが、箱根旧道に行ってみると特に違いは感じられず、それでもやっぱり普段は違和感があります。

で、最近、随分サドルの前の方に座ってペダリングしている事に気が付いて、後ろの方に座るように心がけるものの、気が付くと前に座ってるんです。つまり、ハンドルが遠いんだ。

原因はそれだ。

130823_002

ブラケットが前のモデルよりも小さくなっているので、握っている部分が小さくなった分だけ下に下がって、ハンドルを下げたような格好になっています。それに加えて最近走り込んでいないので、余計にポジションが狭くなってるんです。

わずかに数ミリの事なんですけどね、ハンドルが遠くなった事によって前の方に座るようになり、そのせいで押し出すペダリングが踏み込むペダリングに変わって、それが違和感になっていたんですね。

まあ、ペダルを踏み込むようになった時点で気が付けよって話ですけど、そこはそれ、ヲッサンクオリティーという事で(笑

↓ポチッとして下さいましm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
Wrong Ride

« 雨男返上か? | トップページ | 娘の合唱発表 »

自転車部品・用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯人はSTIだった:

« 雨男返上か? | トップページ | 娘の合唱発表 »